« 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その2) | トップページ | 草津白根山(17.07.06 その2) »

2017年7月 7日 (金)

草津白根山(17.07.06 その1)



① 2017年7月6日(木)天候:晴れ後曇り
② 本白根山:2150m
③ コースタイム(総行動時間:6時間55分)
 白根火山RW山麓駅(06:40)===富貴原の池(07:45)===本白根分岐(08:50)===鏡池入口(09:15)===本白根山展望所(09:45)===遊歩道最高地点(10:15)===万座温泉展望箇所(10:20)===遊歩道最高地点(10:30~11:00)===カラ釜入口(11:40)===本白根ゲレンデ(12:00)===白根レストハウス駐車場(12:15)===湯釜展望台(12:35~12:40)===レストハウス駐車場(12:55)===RW山頂駅(13:15)===RW山麓駅(13:35)
※標準的なコースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:12.702km、累積標高差:+973m、-507m)
170706001

 梅雨の晴れ間に庭木の手入れや菜園のジャガイモ掘りなどがあったため、7月初めての山歩きはコマクサが咲き始めた草津白根山に行ってくることにしました。

 草津温泉観光協会のHPでは本白根山のコマクサは咲き始めと言うことですが、6月半ばに草津白根山の入山規制が緩和されたこともあり、久しぶりにエメラルドグリーンの湯釜を眺めてくることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなるRW山麓駅の駐車場(マップコード:341 443 872)までは約80kmで1時間半ほど、現地スタート時間から逆算して自宅を5時少し前に出発すると、榛名山越えのルートを走って草津方面に向かいます。

 国道145号線~国道292号線と走って草津温泉に向かい、さらに温泉街を迂回するように走って草津白根山に向かうと、ほぼ予定した時間でRW山麓駅の駐車場に到着しました。(トイレが使えませんので手前の道の駅に寄ってきました…)

170706002

 準備を終えると国道脇の道標に従って登山道に入ります。(この頃は青空が見えており山頂からの展望を期待していました…)

1707060021

 すぐに有毒ガスが噴出する殺生ヶ原の横を通過します。(立ち止まり禁止です…)

170706003

 少し進むと温泉街からの遊歩道と合わさりました。

170706004

 殺生ヶ原のシャクナゲは今が見頃のようですが近くで見えたのはここだけでした。

170706005

 15分ほど登って振り返ってみましたが白砂山方面はガスに覆われていました。

170706006

 さらに良く踏まれた登山道を登って富貴原の池に向かいます。

170706007

 40分ほど登って樹林帯を抜けると草津の温泉街が見えました。(風も弱く予想した以上に蒸し暑くなりました…)

1707060081

 登山道の周辺では沢山の花が咲いており綺麗な花を探しながら進みます。

170706009

 駐車場から1時間ほど歩いて富貴原の池を通過しました。

170706010

 ほぼ予定通りに富貴原の池を通過すると本白根分岐に向かいます。

170706011

 少し登ると富貴の原の池が見えました。(湿度が高く写真では少し靄った感じです…)

170706012

 さらに登っていくと前方に鏡池のピークが見えました。

170706013

 登山道の周辺はネマガリダケのヤブとなり、展望のない樹林帯の中を登っていきます。

170706014

 富貴原の池から50分ほどで古い林道跡の登山道になりました。

170706015

 山腹を巻くように進んでいくとRW山頂駅からの登山道と合わさりました。

170706016

 分岐道標に従って左折すると鏡池に向かって進みます。

170706017

 20分ほど登ると見覚えのある木道となりました。

170706018

 さらに進んで鏡池の入口に着きましたが、今回は遠くから眺めるだけで通過します。

170706019

 鏡池を通過すると先に進んで本白根山展望所に向かいます。

170706020

 少し登って展望の良い稜線に出ると鏡池の底に亀甲模様が見えました。(上からの方が亀甲模様が良く見えます…)

170706021

 さらに周辺の綺麗な花を探しながら展望台に向かいます。

170706022

 鏡池から20分ほど進むと前方に本白根山展望所が見えてきました。 

170706023

 さらに進んで樹林帯を抜けると周辺にザレ場にコマクサが群生しています。

170706024

 右側のカラ釜(中央火口)の先が本白根山で中腹に残雪が残っていました。

170706025

 ネット情報の通り群生地のコマクサは咲き始めで、見頃になるのは来週末の3連休辺りになりそうでした。

170706026

 それでも周辺を探すと咲き始めたコマクサが見つかります。

170706027

 今シーズンは雪融けが遅かったそうでコマクサ自体が育ち切っていない感じでした。

170706028

 ほぼ予定通りで駐車場から3時間ほどで展望所に着きました。

170706029

 周辺にはガスが湧いており南側の浅間山もガスに覆われていました。

170706030

 カラ釜の先のガスの間から横手山が見えていました。

170706031

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その2) | トップページ | 草津白根山(17.07.06 その2) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、こんにちは

入山規制の緩和を知り、私も行ってみたいと思っていました。
子供の頃、学校の登山で見た火口のエメラルドグリーンは今も脳裏に焼き付いています。
しっかり歩くといい距離なんですね!

岳 さん>こんにちは…
4年ぶりの規制緩和だったので、コマクサ見物を兼ねて久しぶりに
湯釜を眺めてきました。
帰りに歩いて下ると総距離が15kmほどなので、トレーニングにも良い
コースになりますが、文明の利器をみると使っちゃいますよね…coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65503627

この記事へのトラックバック一覧です: 草津白根山(17.07.06 その1):

« 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その2) | トップページ | 草津白根山(17.07.06 その2) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック