« 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その1) | トップページ | 草津白根山(17.07.06 その1) »

2017年6月25日 (日)

平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その2)

その1)から続く…

 登山口から3時間半ほどで平標山に到着しました。

170624031

 山頂北側の平標新道には大きな雪田が残っていました。

170624032

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 わずかの間に周辺にガスが流れており、仙ノ倉山が見えなくなっていました。(天気予報でガスが湧くだろうと思っていましたが、予想以上に湧き出すのが早かったようです…)

170624033

 山頂から少し下ると登山道周辺は高山植物のお花畑になっています。

170624034

 白いハクサンイチゲの群落の中で一際目立っていたのがチングルマの群落です。

170624035

 天候悪化の場合は仙ノ倉山は断念する予定でしたが、雨は降りそうにないので綺麗な花を探しながら進みます。

170624036

 時々ガスが薄くなると前方が見えてきますが、仙ノ倉山は最後まで見えませんでした。 

170624037

 鞍部から少し登り返すと塗り直された東芝ランプの標識が立っています。(谷川岳の肩の小屋まで10500mとありました…)

170624038

 さらに進むとガスが切れて2021pが見えてきました。

170624039

 ガスは切れたり流れたりで2021Pを通過する時はガスに包まれていました。

170624040

 2021Pを通過して鞍部に下るとガスが薄れてすぐ先が仙ノ倉山となりました。

170624041

 平標山から1時間ほどで仙ノ倉山に到着しました。

170624042

 仙ノ倉山周辺はガスに包まれており少し先のエビス大黒ノ頭が見えません。(送電鉄塔で別れたOhMyさんが休んでおり、天気が悪くて景色が見えず体調も今一つのため、主脈縦走を断念したとのことでした…)

1706240421

 当初は仙ノ倉山で昼食休憩の予定でしたが天気が今一つのため、平標山ノ家に下って昼食タイムを取ることにしました。

170624043

 帰りもお花畑の綺麗な花を探しながら戻ります。

170624044

 稜線に流れているガスが時々薄くなりますが展望が開けることはありませんでした。

170624045

 ハクサンイチゲの群生地の中でハクサンコザクラが沢山咲いていました。

170624046

 チングルマとハクサンコザクラが一緒に咲いています。(ハクサンコザクラは盛りを過ぎた感じでした…)

170624047

 高所で咲いてるのがコイワカガミのようですがイワカガミとの見分けがつきません。

170624048

 仙ノ倉山から1時間ほどで平標山に戻ってきましたが、松手山方面から次々と登山者が登ってきて賑やかでした。

170624049

 山頂で一休みすると途中で一緒になったOhMyさんと平標山ノ家に向かいます。

170624050_6

 ここまでで見かけた花々で左上から①ハクサンコザクラ、②ミツバオウレン、③ミヤマキンバイ、④チングルマ、⑤ミヤマキンポウゲ、⑥イワイチョウです。(順不同…)

170624051

 好天の時なら大源太山や三国山が見えますが、今回は辛うじて山ノ家が見える程度の展望でした。

170624052

 平標山から35分ほどで山の家に下ると、OhMyさんとしばらく情報交換してからお別れし、遅くなった昼食を摂って休憩しました。

170624053

 山ノ家では1時間近く休憩しましたが、稜線を覆ったガスは最後まで切れません。

170624054

 昼食休憩を終えると岩魚沢林道に向かって急傾斜の登山道を下ります。

170624055

 平標山ノ家から40分ほどで平元新道登山口に下りました。

170624056

 登山口からは砂利道の林道を歩いて元橋駐車場に向かいます。

170624057

 緩やかな林道を登山口から1時間弱歩いて駐車場に戻ると、総行程8時間55分で今回の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って車に道具を片付けると、帰る途中で猿ヶ京温泉・まんてん星の湯(入湯料670円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 稜線のお花畑が見頃の時期だったこともあり、今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で百数十人…、前日の天気予報が良ければさらに多くの入山者があったと思いました。

 今回は天候に恵まれず花を楽しみの山歩きとなりましたが、出来れば前回のように景色と花を一緒に楽しめるのが一番で、次にお花畑の平標山に登る時は何とか都合をつけて挑戦したいと思っています。

 平標山・仙ノ倉山は今回が3回目ですが、紅葉の見頃の時期に歩いていないため、次回は紅葉期の稜線歩きに挑戦したいと思っています。

 健脚ハイカーのOhMyさんと行き会うのは今回が3回目で、最初は谷川連峰の七ッ小屋山近くでスライドした
ことが下山後に分かり、2回目は草津白根山のコマクサ見物ですぐに分かり、次はどこで行き会うのか?…山歩きの楽しみが一つ増えた感じがしています。

« 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その1) | トップページ | 草津白根山(17.07.06 その1) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

私、この前日行ってきました。
遠かったけれど、素晴らしいお花畑に感動しましたよ。
行ってきたところなので、自分のとおってきた道をたどりながら。。。。
私たちは反対回り。。。。小屋側から、鉄塔を回って帰ってきました。

わ~い。。。。お花の写真が。。。私の撮ったものとおなじものばかり。。。
って一日違いなので当たり前ですよね~

お花は一杯だし、稜線はきれいだし。。。。
いいお山ですよね。

私もレポートアップしたいと思いますが、今までのもたまってるので、いつになるかわかりませんが。。。。
期待しないで、また覗いてみてくださいね~

ようこそ、平標山へ

イチゲや花の一番いい時に来られたようですね。
平標山はガスが出やすい山、何回登ってもガスってる
人もいるんですよ(>_<)
あの稜線が見えたら堪りませんね~happy01
またいらして下さいませ~shine

野花 さん>こんにちは…
一日違いの山行でしたか~confident
前日は庭の植木の手入れなどがあり、一日遅れの山行と
なってしまいました。
ヤマレコなどを見ると23日の方が天気が良かったので、
展望の良い稜線歩きも楽しめたんでしょうね~♪
お花畑をもっと良く探せば、もう少し花の種類も増えると
思いますが、これだけ綺麗な花が見られればまぁいいか~
と言う感じですかね。
野花さんの写真は綺麗ですしレコのアップが楽しみです…shine

マイン さん>こんにちは…
稜線のお花畑ではハクサンコザクラが少し盛りを過ぎた
感じで、花びらがしおれ始めた株があちこちにありました。
一番良かったのは第3週の土・日だったかも知れませんね…
今回は天気予報が晴れ後曇りだったので、登山口を早めに
出発しましたが、湿度が高かった関係なのか、8時半過ぎに
ガスが湧いてしまいました。
前2回は展望に恵まれましたし、今回は天気予報からして
花見でいいか~と思っていました。
次回は好天を狙ってチャレンジしますよ…confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65455537

この記事へのトラックバック一覧です: 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その2):

« 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その1) | トップページ | 草津白根山(17.07.06 その1) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック