« 赤城 黒檜山(17.06.17 その2) | トップページ | 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その2) »

2017年6月25日 (日)

平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その1)



① 2017年6月24日(土)天候:晴れ後曇り(ガス)
② 平標山:1983.7m、仙ノ倉山:2026.2m
③ コースタイム(総行動時間:8時間55分)
 元橋駐車場(05.00)===鉄塔(06:05~06:10)===松手山(06:55~07:00)=== 平標山(08:35)===仙ノ倉山(09:35~09:45)===平標山(10:45~10:55)=== 平標山ノ家(11:30~12:20)===平元新道登山口(13:00)=== 元橋駐車場(13:55)
※標準的なコースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:15.231km、累積標高差:±1414m)
170624001

 6月第4週の山歩きは天気具合がハッキリしないためどこに行こうか少し迷いましたが、当初の予定通りに谷川連峰の平標山~仙ノ倉山を歩いてくることにしました。

 平標山~仙ノ倉山は前回から5年ぶりになりますが、この季節の平標山は沢山の高山植物が咲き乱れて素晴らしく、今回は景色は二の次にして稜線に咲く綺麗な花を楽しみに歩くことにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口の元橋駐車場(マップコード:554 514 161)までは約80kmで1時間半ほど、3時半前に自宅を出発すると関越道の前橋ICから新潟方面に向かいます。

 月夜野ICで高速を下りるとR17号線を走って現地に向かいますが、三国トンネルの新潟側の駐車場には登山者の車が1台停まっていました。

 早朝で走る車も少なく予定より少し早めに元橋駐車場(駐車料金600円)に到着すると、大きな駐車場が6~7割ほど埋まっており、10人ほどの登山者が準備していました。(綺麗なトイレと登山ポストがあります…)

170624002

 すぐに準備をして持ってきた登山届をポストに投函すると、今回も松手山の登山口から時計回りで周回します。

170624003

 登山道は最初から階段混じりの急登が続き、動きなれない慣れない身体に堪えます。

170624004

 25分ほど急登すると樹林帯を抜け出し、南側に苗場スキー場の施設が見えました。

170624005

 登山道は少し緩やかになり前方に送電鉄塔が見えてきます。(周辺のヤマツツジは散り始めでした…)

170624006

 少し進むと送電鉄塔が立つ1411Pに向かう急登が始まります。

170624007

 5分ほど急登すると少し緩やか登山道になり、北西側に少し霞んだ苗場山が見えました。(この直後に後続してきたハイカーがネット仲間のOhMyさんでした…happy01

170624008

 OhMyさんとは1年ぶりの再会で情報交換しながら登っていくと、苗場スキー場の左奥に稲包山の三角ピークが見えてきました。

170624009

 登山口から1時間ほどで鉄塔に到着すると10人ほどの登山者が休んでいました。(OhMyさんは体調と相談しながら谷川岳まで縦走をしたいと話していました…)

170624010

 健脚ハイカーのOhMyさんと別れると松手山に向かって歩き始めます。

170624011

 登る途中で樹林帯を抜けると苗場スキー場が良く見えました。(右奥は佐武流山です…)

170624012

 鉄塔から40分ほど登ると右側に平標山の稜線が見えました。(今日は湿度が高くガスったような展望です…)

170624013

 さらに進むと登山口から2時間弱で松手山に着きました。(左背後は苗場山…)

170624014

 松手山で一休みすると先に進んで平標山に向かいます。(中央右側のピークが山頂…)

170624015

 登山道周辺の花を探しながら進んでいくと見納め近いムラサキヤシオがありました。

170624016

 10分ほど進んで松手山と苗場山を振り返りました。(後続のハイカーが休憩中です…)

170624017

 ここまでで見かけた花々で左上から①タニウツギ、②イワカガミ、③ベニサラサドウダン、④マイヅルソウ、⑤ゴゼンタチバナ、⑥アカモノです。(順不同…)

170624018

 緩やかな稜線歩きが終わると1850Pに向かって厳しい急登が始まります。

170624019

 左右に折り返しながら10分ほど急登すると稜線が大分近づきました。

170624020

 30分ほど急登して一息入れると松手山から大分登ったことが分かります。

170624021

 辛い急登箇所を通過すると周辺でハクサンイチゲが咲き始めました。

170624022

 稜線の前方に見える平標山の山頂が大分近づきました。

170624023

 さらに進むと登山道脇に大山祇神社の石碑が立っていました。

170624024

 登山道沿いのアチコチにハクサンイチゲが群生しています。

170624025

 さらに稜線沿いの登山道を進んで平標山に向かいます。

170624026

 ここまでで見かけた花々で左上から①ウラジロヨウラク、②ヨツバシオガマ、③チゴユリ、④ハクサントドリ、⑤ツマトリソウ、⑥ハクサンイチゲです。(順不同…)

170624027

 さらに進んでいくと左前方に茂倉岳~一ノ倉岳~谷川岳~万太郎山が見えました。(この後でガスが湧いたためこれが谷川岳の見納めになりました…)

170624028

 平標山も大分近づいて山頂の登山者が見えてきました。

170624029

 山頂手前で振り返ると登山道の所どころに後続する登山者が点々と見えました。

170624030

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 赤城 黒檜山(17.06.17 その2) | トップページ | 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その2) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、こんにちは

笹の中にハクサンイチゲとは驚きました。
この時期は花の種類も多く、美しい花が多いですよね。
一昨年白馬大雪渓脇で沢山の花を見た事を思い出しますが、
帰りに転倒、打撲した所が今もって痛みます。

岳 さん>こんにちは…
平標山の東斜面はササは少ないようですが、北西側斜面は丈の短い
ササ原になっていますので、その中にハクサンイチゲが群生する箇所が
ありますね。
この辺りの稜線は標高1900m前後ですが、冬場に雪が多いのでこんな
植生になっているのかも知れませんね
山ではありませんが、大分以前に右足を骨折したことがあり、ギブスを
巻いたまま車を運転して通勤したことがありましたね…^^;

 同日、谷川連峰に居たんですね。
 私の方は、7:20始発(電気系統の点検で20分遅れ)のロープウェーを利用して、谷川・一ノ倉・茂倉~土樽駅と縦走していました。谷川岳まではたくさんの登山者と会いましたが、土樽駅に抜けた方は少なく、15:24の電車に乗り込んだのは、4人だけでした。
 平標山のお花畑は、広くて花も多く、本当に楽しめますよね。今年は、6月初めしか行けなかったけれど、今自分の花の様子がよくわかり、ありがとうございました。
 レポの時間経過記録から、ひまじんさんが仙ノ倉山を出発する時、私はやっとガスガスのオキの耳に立った所でした。こちらのユキワリソウはまだ傷みがなく、とてもきれいでした。チングルマはもう花びらの落ちたのが見られましたね。
 一ノ倉岳と茂倉岳の間の稜線は、まだたっぷりの雪の中でした。7月中旬になれば融けるかな?お昼過ぎにはガスもとれて、矢場の頭で主脈の稜線に見とれて、しばしうっとり。日帰り登山者の自分には、とても挑戦できるコースではないですが、万太郎山の様子や大障子の避難小屋が肉眼で確認できました。
 矢場の頭から登山口までは、侮りがたい下山路でした。クロベの根っこ越え・ブナ林のツルツル滑る赤土の道、かなり疲れた山行でしたが、充実感ももてました。
 また、レポ楽しみにしています。ありがとうございました。
 

suro-nin さん>こんにちは…
今頃の稜線は色んな花々が見られるので歩く人たちが多いですよね~
平標山のお花畑ではハクサンコザクラが1週間前の方が良かったようですが、
チングルマは咲き始めだったようなので、一番の見頃がいつ頃なのか判断する
のも中々難しいと思いました。
谷川岳は山の雑誌などでRW利用の山歩きを紹介していますし、首都圏からの
アクセスも良いのでハイカーに人気なんでしょうね。
山友さんのレポでも茂倉岳の登山道が厳しいと言うことですし、雨の多い季節
なので登山道が余計に滑りやすいと思いました。
コメント有難うございました…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65455072

この記事へのトラックバック一覧です: 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その1):

« 赤城 黒檜山(17.06.17 その2) | トップページ | 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その2) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック