« 赤城 黒檜山(17.06.17 その1) | トップページ | 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その1) »

2017年6月18日 (日)

赤城 黒檜山(17.06.17 その2)

その1)から続く…

 小さく折り返しながら登っていくとレンゲツツジが咲き始めていました。(花の咲き始めで周辺ではツボミが多かったようです…)

170617024

 レンゲツツジの群生箇所の先に古びたベンチの休憩場所がありました。

170617025

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 さらに進むと山頂まで残り1kmとなりました。

170617022

 登山道が緩やかになるとあちこちでシロヤシオが咲いていましたが、上空に薄いガスが流れているため天気の方が心配です。

170617026

 あいにくの曇り空のためシロヤシオが映えないのが残念でした。

170617027

 さらに進むと山頂まで残り500mとなりました。

170617028

 道標から少し進むとズミの花が咲いていました。

170617029

 さらに岩場混じりの登山道を進んで稜線に向かいます。

170617030

 登山道の横では咲き残りのミツバツツジが見頃でした。(ここが一番良かった…)

170617031

 間もなく稜線に上がると南東側からガスが湧いており、わずかに地蔵岳の山頂が見えるだけでした。

170617032

 展望箇所から少し進んで駒ケ岳分岐を通過します。

1706170321

 駐車場から歩き始めて2時間20分ほどで黒檜山大神に到着しました。

170617033

 鳥居の近くでウワミズザクラが咲いていました。

170617034

 黒檜山大神から先に進むと猫岩からの登山道と合流します。(この辺りから急にハイカーが増えました…)

170617035

 分岐点を直進すれば黒檜山の山頂はもうすぐです。

170617036

 ほぼ予定通りの時間で黒檜山に到着すると、大勢のハイカーの合い間に山頂標識を撮りましたが、三角点などにザックを置くのはやめて欲しいものですね…。

170617037

 山頂の写真を撮ると展望箇所に進みましたが、風が弱くて沢山の虫が飛んでいました。

170617038

 上越国境の山々には雲がかかっており、谷川岳の山頂はガスに隠れていました。

170617039

 少し左側の平標~仙の倉方面も稜線が見えません。(そろそろハクサンイチゲですね…)

170617040

 谷川岳の右側には笠ヶ岳~朝日岳が見えていました。

1706170401

 西側の稜線の先に北アルプスが見えますが、どの辺りなのか山容が良く分かりません。

170617041

 鈴ヶ岳の先の榛名山は雲に隠れていました。

170617042

 展望箇所で30分ほどの昼食タイムを終えると山頂を通過して往路を戻ります。(この時は山頂の登山者が少なくなって大分静かになっていました…)

170617043

 帰り道も綺麗な花を探しながら下りましたが、山頂から1時間ほどで中間点を通過し、さらに45分ほど歩いて駐車場に戻ると、総行程4時間50分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る途中で南郷温泉しゃくなげの湯(入湯料560円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で4~50人ほどですが、花見ヶ原コースで見かけた人たちは6人だけでした。

 黒檜山のツツジ見物は当初6月10日前後を予定していましたが、尾瀬の水芭蕉見物の遅れで1週間ほど遅れてしまい、花の見頃を過ぎてしまうことを心配していましたが、結果としては間に合ったようで全部で6種類のツツジの花を見ることが出来ました。

 今回の花見ヶ原コースの総距離は9kmほどですが、途中に急傾斜や危険な箇所がなく、足弱な人たち向きのコースと思いました。(アクセスが難点ですかね…)

« 赤城 黒檜山(17.06.17 その1) | トップページ | 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは、 初めまして、あんしゅうと、申します。

「風に吹かれて」へ訪問をありがとうございます。

 赤城の山々は、新緑がきれいですね。 身近にあるので良いですね。
木曽駒ヶ岳のページを、観させていただきました。 私は、昨年の夏に行ったのですが
雨で登らずに引き返しました。 今年、行ければと思い計画は立ててはいるのですが
どうなることでしょう。   何時までも健康で山歩きをたのしんでください。
ありがとうございました。
 
 安秀
 

あんしゅう さん>おはようございます
あんしゅう さんのブログに桔梗の花が載っていましたので、そのレポに
興味を持って読ませてもらいました。
桔梗と言うと秋の花のイメージがありましたが、園芸種?になると6月に
花が咲くんだなぁ~と思いましたね…♪
木曽駒ケ岳に行った時は、後半に天気が崩れましたが、山頂に登るまでは
景色も見えていましたし、まぁ~まぁ~だったと思っています。
山歩きする時は天気が良いのが一番と思いますね…
これからもよろしくお願いします。

おはようございます。
ツツジの時期の赤城山にしては、花見ヶ原の方は静かに堪能できそうですね。
そこまでのアクセスが大変そうに感じ、中々足が向きませんが…
今年は赤城のツツジを見ないままに終わりそうです。
山頂から見える谷川方面の山も気になりますねえ。
もう残雪もそろそろ消えて可愛い花達が見れるんでしょうね。

kyou さん>こんばんは…
花見ヶ原は山の反対側でアプローチが大変ですが、以前にこのコースを
下るハイカーを見かけて、一度歩いてみたいと思っていました。
途中にスギ林などはありませんし、秋には黄葉が良さそうと思いましたし、
皆さん歩かないので穴場のコースと思いましたよ…♪
今日は平標~仙ノ倉を歩いてきましたが、ハクサンイチゲは今が盛りで
ハクサンコザクラは盛りを過ぎた感じでしたね
ただ途中からガスが湧いて景色はダメでした…^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65424044

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城 黒檜山(17.06.17 その2):

« 赤城 黒檜山(17.06.17 その1) | トップページ | 平標山・仙ノ倉山(17.06.24 その1) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック