« 両神山(17.05.20 その1) | トップページ | 掃部ヶ岳・杏ヶ岳(17.05.29 その1) »

2017年5月21日 (日)

両神山(17.05.20 その2)

その1)から続く…

 産体尾根に上がると山頂側の稜線が見えました。(左側のピークが山頂のようです…)

1705200241

 尾根を進むとすぐにクサリの付いた急登が始まりました。

170520025

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 10年前には渋滞ヶ所だったクサリ場にパイプのハシゴがありました。

170520026

 さらに両神神社に向かって登っていくとヒメイチゲが沢山咲いていました。

170520027

 清滝小屋から1時間ほどで両神神社に到着しました。

170520028

 ネットで知られているように両神神社の狛犬は狼の姿をしています。

170520029

 登山の無事を願って両神神社と御岳神社に参拝すると山頂に向かいます。(登山道周辺で最終盤を迎えたアカヤシオが咲いていました…)

170520030

 緩やかな鞍部を通過すると岩場混じりの登山道が始まりました。

170520031

 最初の岩場を通過すると沢山のフデリンドウを見かけました。

170520032

 少し登ると色鮮やかなアカヤシオが咲いていました。

170520034

 淡いピンクのアカヤシオは見納め近いようで沢山の花びらが地面に落ちていました。

170520035

 さらに岩場混じりの登山道を登って山頂に向かいます。

170520037

 山頂手前で東側の展望が広がると少し霞んだ武甲山と大持山が見えました。

170520036

 さらに進んで山頂のクサリ場に取り付きます。(ハイカーが途切れるのを待ちました…)

170520039

 登山口から4時間ほどで沢山のハイカーで賑わう両神山の山頂に到着しました。

1705200401

 南側の奥秩父の山並みの先に真っ白な富士山が見えました。

170520041

 南西方向に見えた金峰山には雪渓が残っていました。

170520042

 西側から北西側には見事な展望が広がっており、赤岩尾根の先に北アルプスが微かに見えていました。

170520043

 今回は残雪の八ヶ岳(権現岳~赤岳~横岳~硫黄岳~天狗岳)が良く見えました。(手前右側は御座山です…)

170520044

 北西側に見える浅間山の残雪が消えており、その右側に浅間隠山や横手山が霞んで見えました。

170520045

 北寄りには岩菅山や白砂山が微かに見え(肉眼ではもう少し見えます…)、中間の稜線右側が赤久縄山のようです。

170520046

 ハイカーで賑わう山頂から少し先に進み、山頂北側の岩峰で昼食タイムとしました。

170520047

 1時間近く休憩すると山頂から下り始め、見納めの武甲山に別れを告げました。

170520048

 帰りは往路を戻って日向大谷に下りましたが、山頂から清滝小屋まで1時間15分、さらに2時間ほど歩いて駐車場に戻りましたが、下る途中から気温が上がったこともあり途中の渡渉箇所で顔を洗って涼みました。

 車に戻って道具を片付けると、帰宅の前に両神温泉薬師の湯(入湯料600円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

 ※ブログに掲載出来なかった写真はデジブックに収録しました…

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で100人以上で、山頂では八丁峠側からの登山者とも言葉を交わしました。(下山した時は日向大谷の無料駐車場の手前にも沢山の車が路駐していました…)

 ほぼ10年ぶりの両神山は秘かにアカヤシオを期待していましたが、山頂周辺で見かけたアカヤシオも最終
盤になっており、今週初めの頃が花の見頃であったようでした。

 今回の両神山は久しぶりに標高差のある登山コースで、下る途中から気温が高くなったこともあり、ハイドレーションの1㍑のスポーツドリンクを飲み切ってしまいました。(
長丁場の岩場のコースは鈍った体に堪えました…)

« 両神山(17.05.20 その1) | トップページ | 掃部ヶ岳・杏ヶ岳(17.05.29 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

ひまじんさんは10年ぶりの両神山ですかo(*^▽^*)o
私は数年前の秋に登りましたが、落葉と紅葉の光景でしたが、今の季節は新緑に輝いて素敵ですねshine
このコースは最初は高くて狭い沢沿いの道で、ちょっと気を抜いたら沢のほうに転落しそうでドキドキでしたcoldsweats01
沢をなんどか渡りながらよい感じで、でも八海山までの急登が足にきましたsweat01
途中の小屋もきれいで気持ちよかった記憶が。
あの鎖場はもう梯子がかけられたのですね
w(゚o゚)w 
アカヤシオは終盤でしたか。ヒメイチゲがかわいいですね♪
お天気がよく、山頂からの眺めが素晴らしいです!
特に赤岩尾根と遠くに北アルプスなんていいですねscissors
山頂狭いので激混みですね~coldsweats01
この日は暑かったので、水分も多く必要だったでしょう。
新緑の両神山、すごく素敵です!私もこの季節にまた登りたいと思いますconfident

ひまじんさん、こんにちは

いい山歩きをされていますね!
両神山と天城山は以前から気になっている山ですが、
つい近くの山に向かっていて、中々遠征の機会がありません。
二年前に転倒し、筋肉内血種になって以降は今も足と相談して
そんな状況です。

らるご さん>こんばんは…
2010年に八丁峠から歩いているので10年ぶりなのは表参道コースです…♪
2回とも11月初旬だったので今回は新緑のシーズンに登ってみることにしました。
歩き始めは急斜面をトラバースする登山道ですし、滑落注意の看板が幾つか
立っていたので、もしかすると事故があったのかも知れませんね…bearing
今年になって回数は行っているのですが、標高差の少ない山が多かったので
今回はすこしバテた感じがしました…^^;
ハシゴが出来たクサリ場は腕力がないと大変だったようですが、これで通過が
大分楽になったと思いましたよ。
この日も気温が上がりましたが、湿度が低かった関係なのか、景色が良く
見えましたし、まさか北アルプスが見えるとは思いませんでした。
赤城山のアカヤシオの感じから両神山でも間に合うと思いましたが、気温の
高い日が続いたので、一気に咲いてしまったかも知れません。
それから登山道周辺を良く探せばもっと色々な花が
咲いていたかも知れませんね…confident

岳 さん>こんばんは…
100名山のデータでは標高差1000mほどの中級レベルの山ですし、
子供連れが登っているコースなんですが、このところ里山のような標高差の
少ないコースが多かったこともあり、最後のアップダウンのところで少しバテて
しまいました…coldsweats01
岳 さんの故障は確か足が腫れてパンパンになったんですよね~(>_<)
病気で開腹手術をした時なども、医者に3年位は大事にした方が良いと
言われますので、足の故障などもしばらくは再発が怖いでしょうし、少しづつ
足を慣らしていくしかないように思います。
まぁ~山は逃げませんし、80歳でエベレストに登る人もいますので、
足の具合を見ながら調子を上げていくのが一番と思いますね…shine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65309468

この記事へのトラックバック一覧です: 両神山(17.05.20 その2):

« 両神山(17.05.20 その1) | トップページ | 掃部ヶ岳・杏ヶ岳(17.05.29 その1) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック