« 赤城 篭山(17.05.11 その1) | トップページ | 両神山(17.05.20 その1) »

2017年5月12日 (金)

赤城 篭山(17.05.11 その2)

その1)から続く…

 少し登ると咲き始めたアカヤシオの先に覚満淵と大沼が見えてきました。

170511037

 振り返るとアカヤシオの先に駒ケ岳から稜線が見えていました。

170511038

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 こちらのアカヤシオは咲き始めたばかりでピンクの色合いがとても鮮やかでした。

170511039

 南西側には山頂に電波塔が林立する地蔵岳が見えました。

170511040

 駐車場から2時間15分で篭山の山頂に着きました。

170511041

 山頂近くに大きなアカヤシオが咲いていましたが青空でなかったのが残念でした。

170511042

 こちらの淡いピンクのアカヤシオは今が見頃のようでした。

170511043

 山頂から少し下って覚満淵が良く見える岩場に行ってみました。

170511044

 篭山のすぐ南側が小地蔵岳のピークで北側斜面に少し雪が残っていました。

170511045

 さらに進むと鳥居峠の駐車場とBBQホールが見えてきます。

170511046

 鳥居峠に吹く風が意外に冷たく関東ふれあいの道の看板を撮って先に進みます。(当初は鳥居峠で昼食休憩の予定でした…)

170511047

 鳥居峠には1967年に廃線となった赤城登山鉄道の廃線跡が残っており、ケーブルカーの軌道跡に一般コースの登山道が続いています。

170511048

 今回はアカヤシオ見物のためBBQホールの右奥の林道を進んで利平茶屋の分岐点から下ります。

170511049

 鳥居峠から林道を少し進むと登山道の分岐点がありました。

170511050

 道標に従って利平茶屋に向かうと左右に折り返す登山道が続きました。

170511051

 少し下ると登山道周辺でアカヤシオが咲いていました。

170511052

 林道から15分ほど下ると緩やかな稜線になりました。

170511053

 さらに下ると道標が立っていましたが道標の先でアカヤシオが咲いていました。

170511054

 緩やかな稜線の周辺では見納め近いアカヤシオが沢山咲いていました。

170511055

 周辺を少し探すと綺麗なアカヤシオが残っていました。

170511056

 アカヤシオに混じってオオカメノキも咲いています。

170511058

 アカヤシオの下にシャクナゲも群生しており、赤い花が一つだけ咲いていました。

170511059

 篭山方面を振り返ると南東側斜面の岩場でアカヤシオが沢山咲いていました。

170511057

 道標から70mほど下ると鳥居峠が見える場所があり、倒木をベンチにして昼食タイムを取ることにしました。

170511060

 休憩場所で30分ほど休むと登山道に戻って利平茶屋に向かいます。

170511061

 10分ほど歩いて鳥居峠からの廃線跡に合わさると、お初となる御親水に寄ってみることにしましたが、大きな岩壁の下に古い石宮が祀られていました。

170511062

 さらに下ると壊れかかった建屋の壁から御親水が流れ出ていました。

170511063

 御親水から引き返して登山道に戻ると道標に従って利平茶屋に向かいます。

170511064

 下る途中の登山道周辺で沢山のスミレが咲いていました。

170511065

 ヒトリシズカも何株か見かけました。

170511066

 さらに鳥居川の沢沿いを下って利平茶屋に向かいます。

170511067

 こちらはミツバツチグリでしょうか?…。

170511068

 御親水から30分ほどで右下にキャンプ場の建物が見えてきました。

170511069

 さらに進むとキャンプ場側の登山口に下りました。

170511070

 キャンプ場に下ると場内のバラス道を歩いて駐車場に戻ります。

170511071

 稜線の休憩場所から1時間ほど下って駐車場に戻ると、総行程4時間45分で篭山のアカヤシオ見物を終えました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る前に水沼駅温泉センター(入湯料:600円、65歳以上2割引き)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で10数人ですが、登山道で行き会ったハイカーは5人ほどで、篭山で行き会ったのは鳥居峠からの観光客でした。

 森林公園の右側稜線は一般コースではありませんが、公園の管理棟側にも取り付き点が出来ており、注意して歩けばさほど難しいコースではないように思いました。(初心者の単独行などは避けた方が無難です…)

 これまで荒山のアカヤシオは見たことがありますが、篭山のアカヤシオは今回が初めて訪問で、利平茶屋側から歩くコースも中々面白いと思いました。(自宅から利平茶屋までのアプローチが遠回りで少し面倒なのが難点ですが…)

 次に利平茶屋側から取り付く時は少し足を延ばし駒ケ岳や長七郎山まで行ってみたいと思っています。

« 赤城 篭山(17.05.11 その1) | トップページ | 両神山(17.05.20 その1) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
赤城山は今が旬、花盛りって感じですね。
このコース、私も以前から気になっていました。
詳細なレポで参考になります。来年の候補に挙げておきます。
来年の候補が増えて大変ですが(*_*;

kyou さん>こんばんは…
利平茶屋は自宅から見ると赤城山の反対側になり、これまで足が
遠かったのですが、今回、思い切って出かけることにしました。
ネット仲間のゆうやけさんが7日に行ったばかりで、アカヤシオの様子も
よく分かりましたし、タイミングよく登ることが出来ました。
少し足を延ばせば長七郎山や駒ケ岳まで行けますし、Kyouさんの足なら
地蔵辺りまで足を延ばせると思いました。
今年は花見ヶ原から黒檜山のコースも登ってみたいと思っていますよ。

アカヤシオ咲く赤城いいですね~sign03
去年、少し遅めではありましたが、初めて見て感激しました。

赤城も色々なお山があって楽しめますね。
また行けるといいな~happy01

先回の、妙義山でのお孫さん、
大きくなってビックリ、
これからも一緒に登ってくれるといいですね。


マイン さん>こんにちは…
赤城のアカヤシオは今回の篭山と荒山でしか見ていませんが、
アカヤシオが終わると小沼周辺でシロヤシオが楽しめるそうです。
赤城山では10種類ほどのツツジが咲くそうで、4月下旬~6月末まで
色んなツツジが見られるようです。
家族向きから健脚向きまで色んなコースを選んで歩ける赤城山ですし、
マイカーなら利便が良い山なので機会を見つけていらしてください…shine
一番上の孫は今年6年生なので、定期的な登山は今年限りのようですが、
来年からは下の孫と一緒に歩くかも知れません。
2~3年前のレポと見比べると大きくなったのがよく分かりますね…confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65268738

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城 篭山(17.05.11 その2):

« 赤城 篭山(17.05.11 その1) | トップページ | 両神山(17.05.20 その1) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック