« 妙義山 石門めぐり(17.05.03) | トップページ | 赤城 篭山(17.05.11 その2) »

2017年5月12日 (金)

赤城 篭山(17.05.11 その1)



① 2017年5月11日(木)天候:晴れ時々曇り
② 篭山:1432m
③ コースタイム(総行動時間:4時間35分)
 利平茶屋森林公園駐車場(07:30)===1207P(08:10)===稜線分岐(09:30)===篭山(09:45)===鳥居峠(10:00~10:05)===利平茶屋分岐(10:10)===休憩場所(10:35~11:05)===御神水(11:20)===利平茶屋森林公園駐車場(12:05)
※標準的なコースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:5.865km、累積標高差:±636m)
1705110010

 5月2回目の山歩きとなりますがネット仲間のゆうやけさんのレポを参考に、アカヤシオが見頃の季節を迎えた赤城の篭山に登ってくることにしました。

 篭山に登るだけなら鳥居峠まで車で行けば良いのですが、鳥居峠の東側斜面に沢山のアカヤシオが群生しているため、利平茶屋森林公園から歩くことにしました。(往路は一般コースではありません…)


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口の利平茶屋森林公園(マップコード:261 430 097)までは自宅から約45kmで1時間半ほど、自宅を午前6時に出発すると前橋市内を抜けて日光方面に向かいます。

 旧新里村を抜けて国道122号線に出ると、道の駅くろほね・やまびこの少し先で沼田方面に向かい、一ノ鳥居の交差点の案内標識に従って走っていくと、予定より少し早めの時間で利平茶屋森林公園の駐車場に到着しました。(天気予報は晴れになっていましたが到着した時は小雨が降ったり止んだりの時雨れた天気でした…)

 公園手前の大きな駐車場には綺麗な公衆トイレもあり、先着した車が10台ほど停まっており、バードウォッチングの人たちの車が多かったようです。(往路は正面に見える稜線を登りました…)

170511002

 車を停めて準備をすると駐車場右奥の林道を歩き始めます。

170511003

 ゲートの50mほど先に作業道があり左上に進むと踏み跡にマーカーが付いていました。

170511004

 森林公園の右側稜線は一般コースではないようですが、所どころにマーカーのある薄い踏み跡が続いていました。

170511005

 駐車場から20分ほど登るとアカヤシオが咲き始めました。

170511006

 この辺りではアカヤシオの見頃を過ぎていました。

170511007

 踏み跡を少し進んでいくと右前方の稜線で沢山のアカヤシオが咲いていました。

170511008

 周辺ではオオカメノキも咲いていました。

170511009

 さらに踏み跡をたどって先に進みます。

170511010

 駐車場から40分ほど進むと1207ピークとなりました。

170511011

 北西方向の木々の間から鳥居峠の建物が見え、手前の岩場に沢山のアカヤシオが群生していました。

170511012

 1207ピークが先に進むと岩場混じりの稜線となりました。

170511013

 稜線右前方でアカヤシオが沢山咲いており、その先に駒ケ岳の稜線が見えてきました。

170511014

 少し標高が上がるとアカヤシオの色合いが良くなりました。

170511015

 アカヤシオが群生していた稜線が大分近づきました。

170511016

 1207ピークから10分ほど進むとヤセ尾根の稜線を通過します。

170511017

 周辺のアカヤシオも良くなった感じです。

170511018

 さらに登ると岩場に突き当たりますが、ここは左に巻いて先に進みました。

170511019

 岩場を巻いて進んでいくと間もなく稜線が見えてきます。(前方は言葉を交わした埼玉のベテランさんです…)

170511020

 稜線に上がると東側斜面で沢山のアカヤシオが咲いていました。

170511021

 この辺りは登る途中から見えたアカヤシオの群生箇所でした。

170511022

 アカヤシオの下には沢山のシャクナゲがあり赤いツボミが大分膨らんでいました。

170511023

 周辺のアカヤシオを眺めると先に進んで稜線の分岐に向かいます。

170511024

 周辺で咲いてるアカヤシオも見頃になってきました。

170511025

 さらに登って振り返ると南東方向の展望が広がっていました。(南東側正面が足利周辺の山々のようです…)

170511026

 少し東寄りに双耳峰の筑波山が見え、左手前のピークが鳴神山のようです。

170511027

 南西側に小ピークが見えますが、その右上が長七郎山でした。

170511028

 さらに岩場混じりの稜線を先に進みます。

170511029

 標高が高くなったこともありアカヤシオのツボミが増えてきました。

170511030

 今が見頃のアカヤシオが綺麗です。

170511031

 稜線の分岐が近づいたこともあり稜線の傾斜が大分緩やかになりました。

170511032

 駐車場から2時間ほどで駒ケ岳からの稜線に上がりました。

170511033

 分岐点から篭山に向かうと樹林帯越しに小地蔵岳と長七郎山が見えていました。

170511034

 少し下って鞍部に出ると登山道脇に雪が残っていました。

170511035

 鞍部から少し登り返すと薄い踏み跡を進んで篭山に向かいます。

170511036

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 妙義山 石門めぐり(17.05.03) | トップページ | 赤城 篭山(17.05.11 その2) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65268707

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城 篭山(17.05.11 その1):

« 妙義山 石門めぐり(17.05.03) | トップページ | 赤城 篭山(17.05.11 その2) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック