« 北信 斑尾山(17.04.30 その2) | トップページ | 妙義山 石門めぐり(17.05.03) »

2017年5月 4日 (木)

妙義山 大の字(17.05.03)



① 2017年5月3日(水)天候:晴れ
② 大の字:776m
③ コースタイム(総行動時間:2時間40分)
 市営駐車場(07:35)===妙義神社(07:45)===大の字(08:35~08:45)===辻(09:00)===二本杉茶屋跡(09:35)===第1見晴(09:50)===妙義神社(10:05)===市営駐車場(10:15)
※標準的なコースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:3.784km、累積標高差:±478m)
170503001

 5月連休の山登りは恒例となった孫と一緒の山歩きになりますが、何時もよりアスレチックにと言うことで妙義山の大の字と石門くぐりに行ってくることにしました。

 妙義山の中間道は大の字から石門くぐりまで通しで歩けますが、現在、登山道崩落で一部通行禁止になっているため、今回は大の字と石門くぐりを別々に歩くことにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる市営駐車場(マップコード:247 752 516)は道の駅みょうぎの横ですが自宅から約25kmで40分ほど、午前6時半前に自宅を出発すると安中市内を通過して妙義方面に向かいます。

 連休中でしたが朝も早かったためか特に車が多いこともなく、ほぼ予定した時間で現地に到着すると道の駅のトイレに寄ってから市営駐車場に車を停めました。

170503002

 すぐに準備をすると妙義神社の大鳥居から歩き始めます。

170503003

 相方は1ヶ月ぶりの山歩きですが「今日は岩場歩きの練習だよ~」と話してあります。

170503004

 総門をくぐると案内図がありますが第2見晴の先で登山道が崩落したようです。

170503005

 さらに165段の石段を登って本殿に参拝すると山歩きの無事を祈りました。

170503006

 参拝を終えると本殿から右に進んで登山道に向かいます。

170503007

 登山口周辺では治山工事をしており迂回路が出来ていました。

170503008

 20分ほど登ると最初のクサリ場を通過します。

170503009

 登山道の周辺ではヤマブキの花が咲いていました。

170503010

 さらに登ると岩場混じりの登山道となりました。

170503011

 やがて2~30mほどの長いクサリ場がありここを登ると大の字の岩峰があります。

170503012

 稜線に上がって左手に大の字の岩峰があり7~8mのクサリ場を登れば大の字です。

170503013

 駐車場から1時間ほどで大の字の岩頭に立ちました。

170503014

 北東側に榛名山の山並みが見えますが今日は春霞がかかった展望でした。

170503015

 榛名山の右側に大分霞んだ赤城山が見えますがカメラでは上手く撮れません。

170503016

 南東方向に霞んだ御荷鉾山が見えていました。

170503017

 相方は第一関門をクリアして満足そうです。

170503018

 大の字から下りると左回りで周回して駐車場に戻ります。

170503019

 途中の岩場でミツバツチグリが咲いていました。

170503020

 大の字から15分ほどで辻の分岐点で「この先は危ない…」ことを相方も承知しています。

170503021

 辻の分岐点から左に下って第1見晴経由で神社に戻ります。

170503022

 途中で見えた麓の集落がミニチュア模型のようです。

170503023

 大の字の岩峰で後続グループが記念写真を撮っていました。

170503024

 さらに岩場混じりの登山道を下って中間道に向かいます。

170503025

 登山道周辺の所どころでヤマツツジが咲いたいました。

170503028

 鮮やかな新緑の中で山桜が咲いていました。

170503027

 ミツバツツジも咲いていました。

170503029

 登山道はザレた感じの急勾配となりスリップしやすい下りが続きました。

170503030

 辻の分岐点から30分ほどで二本杉の茶屋跡となり、標識と古いコンクリート製の土台が残っていました。

170503032

 茶屋跡から少し下るとウツギ?が咲いていました。

170503033

 さらに急斜面を下って中間道に向かいます。

170503034

 こちらはチゴユリのようです。

170503035

 辻の分岐点から50分ほどで中間道に合わさりました。

170503036

 分岐道標のすぐ先に第1見晴がありました。

170503037

 第1見晴の左下に妙義ふれあいプラザ・もみじの湯が見えました。

170503038

 岩場の下でアオダモの花が咲いていました。

170503039

 南西側に金鶏山の筆頭岩が見えますが、手前にも同じような岩峰が見えました。

170503040

 第1見晴からは中間道を歩いて妙義神社に戻ります。

170503041

 神社に近づくと登山道周辺でシャガが咲いていました。

170503042

 第1見晴から15分ほどで妙義神社に戻ると、さらに下って駐車場に向かいました。(相方は少しお疲れモードのようですが、少し休むとすぐに元気になるんですよね~coldsweats01

170503043

 妙義神社から10分ほどで駐車場に戻ると、総行程2時間40分ほどで大の字めぐりを終了しました。

 車に戻ってザックを積み込むと中之岳駐車場に移動して次の石門くぐりに向かいます。

                                       …ページの先頭に戻る

« 北信 斑尾山(17.04.30 その2) | トップページ | 妙義山 石門めぐり(17.05.03) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65233006

この記事へのトラックバック一覧です: 妙義山 大の字(17.05.03):

« 北信 斑尾山(17.04.30 その2) | トップページ | 妙義山 石門めぐり(17.05.03) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック