« 焼森山・鶏足山(17.03.29 その1) | トップページ | 大坊山・大小山(17.04.06) »

2017年3月30日 (木)

焼森山・鶏足山(17.03.29 その2)

その1)から続く…

 稜線上の登山道を進んで行くと焼森山から20分ほどでベンチが置かれた赤沢三角点に到着しました。

170329031

 群生地から前後して歩いてきた宇都宮の人たちと別れると、先に進んで鶏足山の山頂に向かいました。

170329032

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 赤沢三角点から5分ほどで展望が素晴らしい鶏足山に到着しました。

170329033

 北東方向を中心に展望が広がりますが初めて眺める山並みで山座同定は定かではありません。(カシミールで見ると中央右手前が八瓶山のようです…)

170329034

 南西方向は焼森山ですが山頂は樹林帯に隠れていました。

170329035

 一通り景色を眺めると先に進んで鶏石まで行ってみることにしました。

170329036

 鶏足山から5分ほど進むと鶏のトサカの形をした鶏石がありました。(鶏足山は弘法大師伝説の残る山でこの鶏石が山名の元になったようです…)

170329037

 鶏石の先に進むと展望台が広がり北東方向に八瓶山が見えていました。

170329038

 鶏石から鶏足山に戻ると景色を眺めて昼食休憩としました。

170329039

 山頂で20分ほど休憩すると鶏足山に別れを告げました。

170329040

 山頂から赤沢三角点に戻ってくると沢山の登山者が休んでいたため、南側に見える加波山と筑波山の写真を撮って通過しました。

170329041

 鶏足山から群生地に下るルートもありましたが往路を戻って距離を稼ぐことにしました。

170329042

 赤沢三角点から5分ほどで弛み峠側の下降点がありました。

170329043

 濡れて滑りやすい登山道を下って行くと焼森山のピークが見えました。

170329044

 稜線から7~8分で往路の分岐点まで戻ると沢沿いの登山道をさらに下ります。

170329045

 途中で見かけたミツマタですが陽射しで花が輝いていました。

170329046

 往路で見かけた枝と同じと思いますが、朝方よりも一層綺麗に思えました。

170329047

 花が咲きそろうと枝先の花が丸くなってくるようです。

170329048

 ミツマタの群生箇所を通過してさらに下ります。

170329049

 時間が早いこともあり帰りも群生地を周回しましたが、お昼近くになってミツマタの見物客が増えていました。

170329050

 群生地のミツマタも陽射しがあたって綺麗なものです。

170329051

 スポットがあたるミツマタの丸い花がお菓子のように見えました…shine

170329052

 ミツマタの群生地全体に光が回って朝方とは少し違った雰囲気でした。

170329053

 枝先全体に陽射しがあたって一層見事なものと思いました。

170329054

 駐車場で見かけた係員によると今年のミツマタは4月上旬頃が見頃と話していました。

170329055

 帰りも一通り遊歩道を散策するとミツマタ群生地に別れを告げました。

170329056

 群生地から下って旧駐車場を通過するとさらに林道を下って駐車場に戻ります。

170329057

 林道を15分ほど下って新しい駐車場に戻ると、総行程3時間25分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で真岡井頭温泉(入湯料730円)に寄ることにし、汗を流してから帰宅の途につきました。

 ※帰る際に見物客の車が脱輪して細い町道が渋滞するなど、群生地の駐車場が限られて大変混み合うため、土日・休日などはいい里さかがわ館からのシャトルバスを利用した方が良さそうに思いました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 ミツマタの群生地では100人単位の見物客が花の写真を撮って散策しており、焼森山から鶏足山の登山道では40数人のハイカーを見かけました。

 昨年春に知った焼森山のミツマタ群生地で、1年越しの念願がかなって現地を訪れてみましたが、想像していた以上の群生地で綺麗な花を沢山見ることが出来ました。

 群生地北側からアプローチですが細い町道の先にある駐車場は少し狭い感じで、次に群生地を訪ねる時は下小貫の登山口か、いい里さかがわ館から登山道を歩いてみたいと思っています。

« 焼森山・鶏足山(17.03.29 その1) | トップページ | 大坊山・大小山(17.04.06) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
鶏足山は、足利の小俣あたりの山かなと思ってました。
仙人ケ岳へいく手前に鶏足寺っていうのがあったんで、てっきりその近くかと…(*_*;
ミツマタがこんなに群生しているってすごいですね。
ミツマタはあまり派手でもなく、質素な花でいまいちかなとの認識でしたが…
ここまでの大群落はきっと見ごたえあるんでしょうね。

kyou さん>こんにちは…
鶏足山の方は焼森山のミツマタ群生地を調べている内に
栃木百名山と知りました。
自分は見ていないのですが、昨年春にNHKのTV番組で群生地を
紹介したようで、それで一気に有名になったようです。
上毛新聞で県内のミツマタ群生地を紹介していましたが、これほど
大きな群生地ではなさそうですし、山歩きを兼ねて行ってみました。
ただ、有名になった反面で細い町道が渋滞していましたし、土日などは
駐車場に入るのが大変かも知れませんね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65082680

この記事へのトラックバック一覧です: 焼森山・鶏足山(17.03.29 その2):

« 焼森山・鶏足山(17.03.29 その1) | トップページ | 大坊山・大小山(17.04.06) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック