« 栃木 三峰山(17.02.22 その2) | トップページ | 上野三碑(17.03.08 その1) »

2017年3月 1日 (水)

北信 飯縄山(17.02.28)



① 2017年2月28日(火)天候:晴れ
② 飯縄山:1917.4m
③ コースタイム(総行動時間:5時間00分)
 一ノ鳥居苑地駐車場(07:45)===一ノ鳥居登山口(08:00~08:10)===駒つなぎの場(09:15~09:20)===西登山道分岐(10:15)===南峰(10:30)===飯縄山(10:40~11:05)===西登山道分岐(11:25)===駒つなぎの場(11:55)===一ノ鳥居登山口(12:30)===一ノ鳥居苑地駐車場(12:45)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:8.189km、累積標高差:±890m)
170228001

 2月最終日の山歩きは長野方面の天気が良さそうなため、前々から積雪期に登りたいと思っていた北信五岳の飯縄山に行ってきました。

 5年前の飯縄山では北アルプス南部や富士山などが見えなかったこともあり、冬場など空気が澄んで展望の良い季節に改めて登ってみたいと思っていました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる一ノ鳥居苑地駐車場(マップコード:54 420 847)までは約140kmで2時間半ほど…、朝5時過ぎに自宅を出発すると上信越道を走って長野方面に向かいます。

 長野ICで高速を下りると長野市内を抜けて戸隠神社方面に向かいますが、善光寺の横から七曲りを登って戸隠バードラインを走って行くと、ほぼ予定通りの時間で一ノ鳥居苑池の駐車場に到着しました。

 40台分ほどの駐車場に先着の車が数台停まっており、地元のハイカーさんが準備をしていました。(綺麗な公衆トイレがあります…)

170228002

 車を停めて準備をすると別荘地内を歩いて一ノ鳥居の登山口に向かいます。

170228003

 15分ほどで登山口に到着するとアイゼンを履いて登り始めます。

170228004

 駐車場で地元のハイカーさんが「トレースがあるからワカンなどは要らないよ…」と教えてくれましたが、登山道にはしっかりしたトレースが出来ており所どころにマーカーが付いていました。

170228005

 登山口から少し歩くと奥ノ院の一ノ鳥居を通過します。

170228006

 一ノ鳥居から10分ほど進むと飯縄神社の参道らしく、道標代わりの13仏の石仏が祀られています。(一つ目は不動明王の石仏です…)

170228007

 朝の内は雲っていましたが予報通りに雲が切れて陽が射し始めました。

170228008

 登山口から30分ほど登ると樹林帯越しに飯縄山の山頂が見えてきました。

170228009

 コースの所どころに13仏の石仏が祀られていますが、地元の常連さんが雪の中から掘り出しているようです。(この日は南峰の飯縄神社を掘っていました…)

170228010

 尾根沿いに延びる南登山道は登るにつれて傾斜が増していきます。

170228011

 登山口から1時間ほどで駒つなぎの場に到着すると一休みして着衣などを調整しました。

170228012

 駒つなぎの場から冬道となり稜線を直登するように進んで山頂に向かいます。

170228013

 途中で補助ロープの付いた急登箇所を通過しましたが、特に危険な箇所はなくしっかりしたトレースをたどって進みます。

170228014

 駒つなぎの場から20分ほど登ると十三番目の虚空蔵菩薩を通過します。

170228015

 さらに進んで右側の展望が開けると浅間山や八ヶ岳が見えてきました。

170228016

 景色が見えるとこれまでの疲れが一掃されるようで元気を取り戻して先に進みます。

170228017

 駒つなぎの場から40分ほど登ると西側の樹林帯が切れ、後立山連峰の素晴らしい展望が広がりました。

170228018

 南西方向には穂高連峰や槍ヶ岳が見えてきました…shine

1702280181

 周囲を見渡して見事な景色を眺めたい!…との思いは募りますが、楽しみは後に回して先ずは山頂に向かって急登を続けます。

170228019

 さらに登ると北西方向の展望が開けて西岳~戸隠山~高妻山が見えてきました。

170228020

 登山口から2時間ほどで西登山道の分岐点辺りに上がりました。(標識は雪の下…)

170228021

 ここまで来れば南峰は間もなくとなり急登箇所に続くトレースをたどって先に進みます。

170228022

 登山口から2時間20分で南峰に到着すると信越国境の山並みが見えてきました。

170228023

 南峰まで来れば北側に見える飯縄山の山頂はもう間もなくとなります。(北側からガスが湧いていました…)

170228024

 南峰から少し進むと高妻山の右側に火打山~妙高山~黒姫山が見えてきます。

170228025

 さらに稜線上のトレースをたどって山頂(北峰)に向かいます。

170228026

 登山口から2時間半ほどで飯縄山の山頂に到着しました。

170228027

 北東方向の薄いガスの先に苗場山と志賀の岩菅山が見えました。(新潟方面の山々はガスで見えません…)

170228028

 東側には横手山~草津白根山~御飯岳~土鍋山が見えました。

170228029

南東方向には四阿山と浅間の山々が見えています。

170228030

 南側に見える八ヶ岳の左側に富士山が霞んで見えています。

170228031

 少し南西寄りに少し雲がかかった中央アルプスが見えていました。

170228032

 南峰の右奥に北アルプスの山々が並びます。(稜線上に下山中の登山者…)

170228033

 今回は北アルプス南部の山々が良く見えました。(常念岳~前穂高岳~奥穂高岳~涸沢岳~大天井岳~槍ヶ岳~燕岳…)

170228034

 少し西寄りに北アルプス中部の山々が並んでいます。(野口五郎岳~水晶岳~赤牛岳~蓮華岳~針ノ木岳~スバリ岳~爺ヶ岳…)

170228035

 さらに右側に鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳が並びます。

170228036

 一番右側の白馬連峰(鑓ヶ岳~杓子岳~白馬岳~小蓮華岳)の手前が西岳になります。

170228037

 山頂で軽い昼食タイムを取っていると火打山のガスが晴れてきました。(右手前のピークは霊仙寺山です…)

170228038

 休憩を終えると見事な景色に名残りを惜しんで山頂を後にしました。

170228039

 帰り道でも周囲の景色を眺めながら歩きます。

170228040

 10分ほどで南峰に戻ると神社の雪堀をしていた地元の方と言葉を交わし、見納めとなる信越国境の山々に別れを告げて下山を始めました。

170228041

 帰り道でも後立山連峰の山々が良く見えていました。

170228042

 さらに下って西登山道の分岐点辺りを通過し、樹林帯の手前で北アルプスの山々に別れを告げました。

170228043

 帰りは山頂から50分で駒つなぎの場、さらに50分ほどで駐車場まで戻ると、総行程5時間ほどで今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る途中でまめじま湯ったり苑(入湯料720円、平日50円引き…)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で15人ほどですが、その大半は長野市内の人たちのようで、中には毎日のように登っている常連さんもいるようでした。

 前々から冬場に歩いたみたいと思っていた飯縄山ですが、今回は北信方面が好天の日を選んで登ったこともあり、狙い通りに見事な北アルプスを眺めることが出来ました。

 今回はガスがかかって見ることが出来なかったのですが、北信五岳で登っていないのは斑尾山だけになっており、今年中には何とかクリアしたいと思っています。

« 栃木 三峰山(17.02.22 その2) | トップページ | 上野三碑(17.03.08 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

 蒼穹に白銀のアルプスが美しい。
お元気に四季折々の単独行を楽しんでおられ
羨ましい限りです。
 風も弱く 音の無い 雪の頂でのひととき、
山を歩く喜びが伝わってきます。

いやあ、素晴らしい展望ですねえ。
山々がくっきり、やはりアップで撮ると迫力ありますね。
私は今回超久しぶりにスキー登山だったので、荷物軽くしようとコンデジにしました。
根子岳からも素晴らしい展望でした。
それを目にしたとたんミラーレス一眼持ってこなかったことを悔やみました。
それほど重さは変わらないのに…
飯縄山、まだ一度も歩いたことないんで参考にさせていただき機会を見て登ってみたいと思います。

ひまじんさん、こんにちは

見事な眺望でしたね! 私も毎年登っていますが、流石に富士山が見えた事がありません。3~5月が多いですが、春はミツバツツジ、夏は当にお花畑が迎えてくれます。山菜も豊富ですよ! この飯縄山、一の鳥居からの標高差が千メートルほどあるので、中々ハードですよね!槍ヶ岳は子槍も孫槍も見えてテンション上がります。

俄歩人 さん>こんばんは…
3月末になると山歩きも11年目を迎えます。
山歩きを始める前に考えていた全国行脚は出来ませんが、
今しばらく山歩きを楽しみたいと思っています。
今回は好天に恵まれたこともあり、暫らくの間、山頂独り占めで
景色を楽しむことが出来ました。
コメント有難うございました…

kyou さん>こんばんは…
天気が良くなって好展望に恵まれましたね…
冬山の時は操作性の良い一眼を持って行くのですが、今回は超望遠を狙って
ネオ一眼の方を持って行きました。
飯縄山は登りやすい山ですし、四季を通して楽しめるようなので、機会を見て
歩いてみて下さい。
kyou さんなら西登山道を使って周回コースを歩けると思いますよ…

岳 さん>こんばんは…
同じ山でも登る季節が変わると受ける雰囲気が違いますよね
長野県にも登りたい山が沢山あるのですが、肝心の脚力が伴わないので、
想いだけが先行しています…(笑)
5年前に夏道を登った時に富士見の水場があったので、この辺りから富士山が
見えるのかなぁ~と思っていましたが、本当に見えるとは思いませんでした。
山歩きでは天気の良いのが一番ですね…
コメント有難うございました。

こんにちは!

素晴らしいお天気に飯縄山、私もこんな風景が見られたら感動です^^
雪を纏った北アルプスが壮観ですね!
私どもが登ったのは11月初めで晩秋でしたが、やはりお天気に恵まれよい思い出の飯縄山です。
その時の登山道や眺めた景色を思い出しながら、ひまじんさんが登られた雪の登山道をご一緒させていただいてる気持ちで拝見しました。
飯縄山から富士山の展望まであるとうれしいですね(o^-^o)
13の石仏さまもちゃんと掘り起こされてるのですね。
私もこんな季節にまた登るのが夢ですが無理はできません。
なんせ雪のないところに住んでるので雪道に慣れてないのです。
ひまじんさんのレポで違う季節の飯縄山にまた会えてうれしいです^^

らるご さん>こんばんは…
今回は間近から北アルプスを眺めようと思い、天気の良さそうな日を狙って
出かけてみました。
13仏は地元の常連さんが好意で雪掘りをしているようで、ブログには4つの
石仏しかありませんが1~10と13が掘ってあり、この日は山頂の神社を除雪
してくれていました。
飯縄山は冬場でも特に危険な箇所がないので、地元の人たちが沢山登って
いるようですし、軽アイゼンで登れますので機会があれば挑戦して下さい。
岳 さんによると春はミツバツツジ、夏はお花畑が迎えてくれるそうですよ…

こんばんは~
10月のピーカンの日にひまじんさんが歩かれたコースを歩いたことがあります。ぐるーり素晴らしい景色を眺めてきましたが、この時期は見事な眺めですねlovely
富士山もGET!
イイなぁ~(゚▽゚*)flair
雪の飯縄山、最高ですねぇ~

tuba姐 さん>こんばんは…
この冬こそ飯縄山に行こうと思い、1月から長野周辺の好天の日を
狙っていましたが、ようやく晴れマークsunがつきました。
今回は新潟方面はガスでダメでしたが、北アルプスと富士山などが
良く見えましたね~shine
急登箇所はありますが危険箇所はありませんし、地元の常連さんは
長靴に軽アイゼンで登っていましたよ。
姐 さんも家の関係が一区切りついたようですし、花のシーズンに
向かって再始動しましたね…notes

お久しぶりです~!

雪の飯縄山、青空に素晴らしい展望ですね~fuji
富士山まで見えるんですね。
雪の北アルプス、凄い~shine

こんな素晴らしい絶景、
名残り惜しい下山、わかります~。

マイン さん>おはようございます…♪
年々か前に登った時に景色が良かったので、次回は冬場に登って
みようと思っていました。
積雪期は通行禁止になる夏道には富士見の水場があったので、この
辺りで富士山が見えるんだなぁ~と思っていました。
角田山では雪割草が咲き始めたようですが、雪割草の便りが聞こえる
ようになると、越後の雪深い山々も雪融けが近いことを感じますね~notes

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64954295

この記事へのトラックバック一覧です: 北信 飯縄山(17.02.28):

« 栃木 三峰山(17.02.22 その2) | トップページ | 上野三碑(17.03.08 その1) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック