« 秩父 蓑山(17.02.15) | トップページ | 栃木 三峰山(17.02.22 その2) »

2017年2月23日 (木)

栃木 三峰山(17.02.22 その1)



① 2017年2月22日(水)天候:晴れ
② 三峰山:605.0m
③ コースタイム(総行動時間:4時間00分)
 御嶽山神社(07:45)===清滝不動(08:05)===御嶽大神御岩戸(08:45)===奥ノ院(09:15)===剣ヶ峰(09:45)===権現山(10:00)===鞍部の分岐(10:10)===三峰山(10:25~10:35)===鞍部の分岐(10:50)===浅間大神(11:10)===御嶽山神社(11:45)--->四季の森・星野
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:7.462km、累積標高差:±764m)
170222001

 今週こそ冬山遊びに行こうと思っていましたが天気予報が今一つだったため、新・分県登山ガイド(栃木県)で信仰の息づく山…と紹介されている栃木100名山の三峰山に行ってきました。

 今回はガイドブックを参考に御嶽山神社から左回りで周回することにし、下山後にはセツブンソウが見頃と言う四季の森・星野に寄ることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 駐車場のある御嶽山神社(マップコード=489 209 505)までは自宅から約85kmで70分ほど、午前6時半に自宅を出発すると関越道~北関東道と走って現地に向かいます。

 佐野田沼ICで高速を降りると国道293号線~県道32号線と走りますが、通勤渋滞に巻き込まれることもなく、ほぼ予定した時間で御嶽山神社の駐車場に到着しました。(少し手前に四季の森・星野の看板がありました…)

 駐車場に車を停めて準備をすると御嶽山神社に向かいます。

170222002

 先ずは御嶽山神社の本殿に参拝して登山の無事を祈ります。

170222003

 本殿手前から左側の階段を登って行くと祖霊殿が見えてきました。

170222004

 登山道は祖霊殿の右側に延びており、スギ林の中に踏み跡が続いていました。

170222005

 御嶽山神社から15分ほどで清滝不動に到着すると、左手前に細い流れの清滝が落ちていました。

170222006

 清滝不動を通過して少し進むとガレた歩き難い登山道となりました。

170222007

 清滝不動から10分ほど登ると普寬神霊の拝殿が見えてきました。

170222008

 普寬神霊を通過すると石祠が並ぶ石段の登山道となりました。

170222009

 少し登ると石段の左側に弘法大師の社殿がありました。(神前幕は平成18年製…)

170222010

 さらに登って行くと横一線に石祠が並んでいました。

170222011

 沢山の石祠の前を通過して右上に登って行くと、御嶽山神社から55分ほどで御嶽大神御岩戸に着きました。(石柱の上に見える御岩戸にクサリで登れるようです…)

170222012

 御岩戸の右側にあった奥ノ院の標識に従って先に進むと日光連山が見えてきました。

170222013

 登山道は切れ落ちた中腹に続いており、残雪がある時などは厄介な登山道でした。

170222014

 少し進むとスギ林の登山道となり踏み跡をたどって稜線に向かいます。

170222015

 御岩戸から25分ほどで稜線に上がると木々の間に日光連山が見えました。

170222016

 分岐点の標識に従って右に進み、稜線を下って奥ノ院に向かいます。

170222017

 分岐点から5分ほどで神像が並ぶ奥ノ院に到着しました。(ガイドブックによると神皇産霊尊~天之御中主神~高皇産霊尊が祀られているようです…)

170222018

 奥ノ院の南東側に三峰山が見えており、手前左右が権現山と剣ヶ峰のようです。

170222019

 一通り景色を眺めて分岐点まで戻ると標識に従って三峰山に向かいます。

170222020

 10分ほど進むと立ち入り禁止のトラロープが張られた登山道になりました。

170222021

 トラロープ沿いを10分ほど進むと剣ヶ峰のピークが見えてきました。

170222022

 トラロープ沿いの登山道は剣ヶ峰の右側を巻いていましたが、山頂に登ってみると古い石祠が祀られていました。(山頂標識はありません…)

170222023

 剣ヶ峰の山頂を通過して先に進むと急勾配の登山道が続きました。

170222024

 山頂から5分ほどで鞍部に下ると八坂様入口の標識がありました。

170222025

 鞍部を通過すると岩場混じりの登山道を登り返します。

170222026

 5分ほどで緩やかな登山道となりさらに進むと立入禁止の看板が立った権現山の山頂となりました。(立木の先が剣ヶ峰と奥ノ院のピークです…)

170222027

 権現山から少し下ると分岐点があり手書きの標識に従って三峰山に向かいます。(左下に進むと三峰大神に下ります…)

170222028

 山頂から10分ほどで倶利伽羅不動尊の分岐点に下りましたが、先ずは直進して三峰山に向かいます。(標識などはありません…)

170222029

 分岐点阿からトラロープ沿いの登山道を登り返して三峰山に向かいます。

170222030

 鞍部の分岐点から15分ほどで三峰山の山頂に到着しました。

170222031

 ガイドブックでは先に進むと展望が開けると紹介していましたが、立入禁止のトラロープの先には金網が張られており、現在は山頂の先には進めないようです。

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 秩父 蓑山(17.02.15) | トップページ | 栃木 三峰山(17.02.22 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64927370

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木 三峰山(17.02.22 その1):

« 秩父 蓑山(17.02.15) | トップページ | 栃木 三峰山(17.02.22 その2) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック