« 唐沢山・諏訪岳(17.02.07 その2) | トップページ | 栃木 三峰山(17.02.22 その1) »

2017年2月16日 (木)

秩父 蓑山(17.02.15)



① 2017年2月15日(水)天候:晴れ
② 蓑山:586.9m
③ コースタイム(総行動時間:4時間00分)
 道の駅みなの(08:30)---親鼻駅--->和銅黒谷駅(09:05)===和銅遺跡(09:30~09:40)===登山口(09:55)===蓑山(10:40~11:00)===みはらし園地(11:15~11:40)===仙元山コース分岐(11:45)===萬福寺(12:20)===道の駅みなの(12:30)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:7.408km、累積標高差:±561m)
170215001

 今週はスノーハイクに出かける予定でしたがカゼが治ったばかりのため、大事を取って軽めの里山歩きに出かけることにし、これまで歩いていなかった秩父の蓑山に行ってくることにしました。

 今回は新・分県登山ガイド(埼玉県)などを参考に電車利用で歩くことにし、前々から一度見たいと思っていた和銅遺跡から歩くことにしました。(国道140号線沿いの大きな案内看板がとても目立ちます…)


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる道の駅みなの(マップコード=150 553 765)は自宅から約60kmで70分ほど…、現地スタート時間から逆算して自宅を午前7時過ぎに出発すると関越道を走って現地に向かいます。

 上里SAのスマートICから一般道を走りますが、小山川沿いの県道44号線を走る頃には通勤途中の車も少なくなり、ほぼ予定した時間で道の駅みなのに到着しました。(ハイカーらしい人たちを見かけました…)

 広い駐車場に車を停めて準備をすると予定より少し早かったのですが親鼻駅に向かって歩き始めます。

170215002

 道の駅から5~6分ほど歩いて親鼻駅に到着すると、和銅黒谷駅までの乗車券(240円)を購入し、秩父方面行の電車が到着するのを待ちました。

170215003

 親鼻駅から6分ほどで和銅黒谷駅に到着すると駅舎の写真を撮って歩き始めます。

170215004

 駅前通りから国道140号線を渡って長瀞側に少し戻ると、和銅遺跡の大きな案内看板が立っています。

170215005

 国道から少し入ると聖神社の参道に賑やかな黄色い幟が沢山立っていました。

1702150050

 参道脇に説明書きの看板が立っていました。(和銅が発見されたことを祝って聖神社が創建され、和銅を露天掘りした跡が600mほど先にあるようです…)

1702150051

 先ずは山歩きの無事を願って本殿に参拝しますが、和銅開珎ゆかりの神社と言うことで銭神社とも呼ばれ、「お金儲けの縁起の神様」として人気があるよう。(わずかの間に6人ほどが参拝に訪れていました…)

170215006

 本殿の説明書きによると発見された和銅(自然銅)は精錬を必要としない純粋な銅で、聖神社の御神宝として17.6kgの和銅が祀られているようです。

1702150061

 聖神社に参拝すると案内標識に従って露天掘り跡に向かいます。

170215007

 5分ほど登ると展望が広がり南西方向に両神山が見えました。

170215008

 所どころの標識に従って遊歩道を進んで行くと和同開珎のモニュメントがありました。

170215009

 手前にあった説明書きによると銅洗堀の対岸二ヶ所で露天掘りが行われたようです。

170215010

 説明書きに従って遊歩道の急階段を登って行くと大きな溝状の露天掘り跡を見ることが出来ました。(人の手で掘ったのでしょうが大変大きな遺構でした…)

170215011

 和銅遺跡を一通り見物すると予定通り蓑山に向かいますが、遺跡の駐車場に上がると蓑山の案内標識が立っていました。(蓑山まで1.6km…)

170215012

 所どころの標識に従って下山集落の中を登って行くと見事な展望が広がりました。

170215013

 さらに集落内の道路を進んで行くと人家の裏手に蓑山の登山口がありました。

170215014

 登山口の標識に従って良く踏まれた登山道を先に進みます。

170215015

 所どころに案内標識も立っており雪でもなければ道に迷うことはなさそうです。

170215016

 和銅遺跡から50分ほどで美の山公園のガードレールが見えてきました。

170215017

 さらに案内標識に従って蓑山に向かうと山頂の展望台が見えてきました。

170215018

 先ずは展望台に上がると南側に武甲山と秩父市街地が広がり、その右奥には奥秩父の山々が並んでいました。(展望台にパノラマ案内図がありました…)

170215019

 南西方向に甲武信ヶ岳と三宝山が見え、さらに西寄りに両神山が見えています。

170215020

 両神山の少し右側に小鹿野の二子山が見えており、北西側の城峯山の左奥に父不見山が見えました。

170215021

 北東方向には登谷山~皇鈴山~愛宕山~秩父高原牧場が並んでいます。

170215022

 美の山公園は南北方向に広がっており、山頂の桜は4月中~下旬が見頃のようです。

170215023

 管理棟の先にあった展望台に上がってみると大霧山~堂平山~剣ヶ峰~川木沢ノ頭~丸山が良く見えました。(こちらの展望台にもパノラマ案内図がありました…)

170215024

 武甲山の右側が1年半前に登った三ツドッケで、さらに右側に太平山~七跳山~天目山が並びます。

170215025

 一通り景色を眺めてから案内標識に従って山頂に行ってみましたが、最高地点の電波塔の横に美の山の山頂標識が立っていました。

170215026

 当初は山頂で昼食タイムの予定でしたが、後続グループで展望台周辺が少し賑やかになったため、関東ふれあいの道に進んで見ることにしました。

170215027

 進む途中で雪雲に覆われた日光方面の山々が見えました。

170215028

 道なりに進んで行くと榛名神社が祀られていましたが、北側の樹林帯が大きくなって榛名山は見えません。

170215029

 所どころに美の山公園の案内図が立っていましたが、平面的な略図と違って東西方向は急な斜面になっており、公園内を周回するのは大変なようでした。

170215030

 さらに公園内の遊歩道を歩いて関東ふれあいの道に向かいます。

170215031

 山頂から15分ほどでみはらし園地に到着するとここで昼食タイムとしました。

170215032

 みはらし園地周辺の樹林帯も大きくなっており木々の間から城峯山が見えるだけでした。

170215033

 20分ほど休んで昼食タイムを終えると関東ふれあいの道を下って萬福寺に向かいます。

170215034

 5分ほど下ると仙元山コースの分岐点を通過しました。

170215035

 分岐点を通過してさらに15分ほど下ると美の山公園に向かう道路を横切りました。

170215036

 関東ふれあいの道はよく歩かれているようでしっかりした踏み跡が出来ていました。

170215037

 みはらし園地から35分ほどで民家の横に下ってきました。

170215038

 登山口から少し進んで秩父十三仏霊場の不動明王が祀られた萬福寺にお参りします。

170215039

 萬福寺からさらに10分ほど歩いて道の駅みなのまで戻ると、総行程4時間ほどで今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付け直売所に寄ってお土産の野菜を購入すると、家に帰る前に秩父川端温泉梵の湯(入湯料770円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で20人ほどですが、西武鉄道のハイキング情報で紹介もされているコースでもあり、平日の割りにハイカーが多かったように思いました。

 一度は訪れたいと思っていた和銅遺跡でしたが、当時の露天掘りの跡を間近から眺めて見るとその遺構の大きさには驚かされるものがあり、初めて見つかった和銅を掘り上げると言う当時の人たちの力強い想いが伝わってくるようでした。

 今回は冬枯れの季節で景色以外は見る物の少ないコースを歩きましたが、次に歩く機会がある時は、新緑のシーズンか、紅葉の綺麗な頃に歩いてみたいと思っています。

« 唐沢山・諏訪岳(17.02.07 その2) | トップページ | 栃木 三峰山(17.02.22 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64898139

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父 蓑山(17.02.15):

« 唐沢山・諏訪岳(17.02.07 その2) | トップページ | 栃木 三峰山(17.02.22 その1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック