« 赤城 黒檜山(17.01.10 その1) | トップページ | 手作り味噌の寒仕込み »

2017年1月11日 (水)

赤城 黒檜山(17.01.10 その2)

その1)から続く…

 山頂を下って駒ケ岳分岐を通過するとすぐに黒檜山大神に到着します。

170110028

 黒檜山大神からは南西方向の展望が広がり、地蔵岳の左奥に奥秩父の甲武信ヶ岳と金峰山、右奥には南アルプスや八ヶ岳が見えていました。

170110029

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 黒檜山大神で景色を眺めると南側に下って駒ケ岳に向かいます。

170110030

 途中の分岐点から花見ヶ原方面に少し下ると南側に見事な展望が広がりました。

170110031

 一通り景色を眺めると分岐点に戻って急勾配の登山道を下ります。

170110032

 15分ほど下って登山道が緩やかになるとクリスマスツリーのような立木が見えてきます。

170110033

 さらに進んで下ってきた黒檜山の南斜面を振り返りました。

170110034

 小ピークを通過して少し下ると樹氷の先に地蔵岳が見えてきました。

170110035

 黒檜山大神から30分ほどで大タルミに下ってきました。

170110036

 吹き溜まりになった大タルミ周辺には膝上ほどの雪があり、スライドした人たちの踏み跡が大変有り難いものでした。

170110037

 さらに進むと駒ケ岳の山頂がすぐ先に見えてきます。

170110038

 黒檜山から1時間ほどで駒ケ岳の山頂に着きました。

170110039

 南側の長七郎山の先に富士山が見えますが、正午近くなって大分霞んできました。

170110040

 木々の間から谷川方面を眺めると山頂にかかっていた雲が晴れていました…happy01

170110041

 少し雲の残っていた岩菅山~白砂山も良く見えています。

1701100411

 雲の中に入っていた苗場山もすっかり晴れていました。

170110042

 少し右側に真っ白な平標山と仙ノ倉山が見えています。

170110043

 一ノ倉岳に少しガスがかかりますが谷川岳が姿を見せてくれました。

170110044

 さらに右側には笠ヶ岳~朝日岳の稜線が良く見えました。

170110045

 一通り景色を眺めると大きな雪庇の出来た稜線を進んで稜線分岐に向かいます。

170110046

 今回は気温が低いのか稜線の樹氷が正午近くまで残っていました。

170110047

 少し進んで北東方を振り返ると男体山と袈裟丸山が見納めでした。

170110048

 駒ケ岳から15分ほどで稜線分岐(下降点)を通過します。

170110049

 分岐点から右に下りますが一番上の鉄階段だけが雪に埋まっていました。

170110050

 鉄階段を通過すると折り返しの登山道を駒ケ岳登山口に向かって下ります。

170110051

 西側斜面に続く登山道には膝上ほどの吹き溜まりが所どころに出来ていました。

170110052

 稜線分岐から30分ほどで駒ケ岳登山口に下りました。

170110053

 さらに5分ほど道路を歩いておのこ駐車場に戻ると、総行程4時間20分で今回の山歩きを終了しました。

170110054

 車に戻って道具を片付けると、帰る途中で富士見温泉ふれあい館(入湯料510円、シニア300円)に寄ることにし、温泉に浸かって冷えた身体を温めてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 連休後の平日でもあり今回の山歩きで見かけた登山者は全部で9人ですが、その内7人が駒ケ岳登山口から左回りで周回していた人たちでした。

 今週初めの雪で赤城山でも少し雪が増えたようですが、例年に比べると依然少ないため暖かい日が続くとすぐに消えそうなほどであり、もう少し降ってもらわないと夏場の水不足が心配になりますね…。

 冬場の黒檜山は今回で7回目になりますが、谷川方面にかかった雪雲が途中から晴れたことは初めてで、タイミングの良い山行になったと思っています。

« 赤城 黒檜山(17.01.10 その1) | トップページ | 手作り味噌の寒仕込み »

登山」カテゴリの記事

コメント

むひょ~~~snow
イイなぁー、青空と真っ白な雪。
スッキリと澄み切った赤城山からの贅沢なパノラマ、最高の天気でしたねsun
沢山の山の名前がすらすらと出てくるものだなーと感心しきりですflair
見る角度が違うとチンプンカンプンになってしまうアタシです(゚ー゚;
地図を広げて毎回確認しても覚えられませんsweat02
スカイツリーと富士山が見える冬の赤城山に行ってみたいなぁ~

tuba姐 さん>こんばんは…
雪(麓では雨…)の降った翌日なので良く晴れてくれましたね…♪
赤城・榛名は姐さんの角田山と同じようなものですし、何度も登って
いる内に山の名前が分かるようになりました。
初めて登る山になるとカシミール3Dを使わないと周囲の山の名前は
分かりませんよ…(^^ゞ
冬場の赤城山では黒檜山がダメでも鍋割山なら景色が見えることも
多いですし、機会があれば関越トンネルを抜けて遊びに来て下さい…
(PS)それからスキーは20数年前からやっていません…

ひまじんさん、こんにちは

樹氷を見ると気分が高揚しますね!昨年の思いがけない雪は雪国には降らなかったので、昨日までの信州は雪不足でしたが、今日はしっかり粉雪が降っています。気軽に行ける山が近くにあると、いいですね~!こんな山の中に居ても、意外に思い切らないと行ける山が少ないです。

岳 さん>こんにちは…
自宅周辺の地域では年2~3回位しか雪が積もりませんので、山に行かないと
雪景色を見ることが出来ませんが、雪景色を見ると何かうれしくなりますね…
昨年は11月24日に初雪が降りましたが、その後は雪が少なく近くの榛名山は
山肌の黒い正月になっていました。
今日は今シーズン最強の寒波到来と言うことで、赤城・榛名に雪雲がかかって
いますね…snow
少し積もって雪遊びに行ける山が増えるといいですけどね~confident

変わらず山歩きを楽しんでいらっしゃいますね。
厳冬期もそれ以外も黒檜山に登ったのは、時計回りですが、
この日、左回りの人が多かったというのは、何か?理由があるのでしょうか?
鉄の階段を下るのを避けた?とか、何、回りの方が安全とかありますか。
前回、階段のあたり?前後?忘れてしまいましたが、
雪がとても多くて、下山時少し躊躇したのを思い出しました。
足を下ろした先に岩の間に挟まったら!
トレースがない?深い雪で・・・先頭を歩いていたこともあり・・・
そのとき、この場所は登りの方が楽に感じましたが、
全コース的にはどうなのでしょうね。

ゆず茶 さん>お久しぶりです
下山した時に駐車場には10数台の車が停まっていましたので、時計回りで
歩く人たちも多かったと思いますが、自分が一番先の方を歩いていたため
出会った人たちが左回りが多かったように思います。
時計回りは駒ケ岳分岐まで急登が続きますが、左回りは途中に大タルミの
鞍部がありますし、比較的に歩きやすいコースになると思います。
あまり代わり映えしない山歩きですがこの3月で11年目となりますね…
今年もよろしくお願いいたします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64746883

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城 黒檜山(17.01.10 その2):

« 赤城 黒檜山(17.01.10 その1) | トップページ | 手作り味噌の寒仕込み »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック