« 石割山(16.12.03) | トップページ | 黒斑山・蛇骨岳(16.12.17) »

2016年12月11日 (日)

大平山・晃石山(16.12.10)



① 2016年12月10日(土)天候:晴れ(強風)
② 太平山:341m、晃石山:419m、馬不入山:335m
③ コースタイム(総行動時間:5時間30分)
 大中寺駐車場(07:30)===謙信平展望台(08:05)===太平山神社(08:50)===太平山(09:10)===ぐみの木峠(09:25)===晃石山(10:00~10:40)===桜峠(11:05)===馬不入山(11:40)===桜峠(12:15)===清水寺(12:30)===大中寺駐車場(13:00)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:13.635km、累積標高:±1126m)
161210001

 前回から1週間ぶりの山歩きはトレーニングを兼ねて歩くことにし、栃木の里山・晃石山周辺を歩いてくることにしました。

 2年前の晃石山の時は大中寺の駐車場から時計回りで周回しましたが、今回はコースの様子が分ったこともあり、大中寺の駐車場から左回りで歩いてみることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる大中寺の駐車場(マップコード:64 683 601)までは約80kmで70分ほど…、現地のスタート時間から逆算して午前6時に自宅を出発すると、関越道~北関東道~東北道と走って栃木市内の大中寺に向かいます。

 佐野SAのスマートICで高速を下りるとカーナビに従って岩船町~大平町と走り、大中寺の案内標識に従って左折すると、予定通りの時間で大中寺の駐車場に到着しました。

 大中寺の駐車場には先着の車が数台停まっており、すぐに車を停めて準備をすると歩き始めることにしました。(駐車場の水洗トイレが使えます…)

161210002

 準備を終えると大中寺脇の道路を歩いて謙信平に向かいます。

161210003

 道路の所どころに標識が立っており、10分ほど進むと細い脇道に入ります。

161210004

 分岐点から5分ほど進むと道路横の階段を登ります。(ここには標識がありません…)

161210005

 さらに自然遊歩道らしい良く整備された小道を進んで謙信平に向かいます。

161210006

 大中寺から30分ほどで謙信平に上がると南西方向に真っ白な富士山が見えました。

161210007

 少し進んで南東方向を眺めると少し霞んだスカイツリーが見えていました。

161210008

 謙信平からさらに進むと太平山神社に行けますが、今回は六角堂経由で太平山神社に向かうことにしました。

161210009

 標識に従って遊歩道を下って行くと謙信平から15分ほどで六角堂に着きました。(2階が六角形のお堂でした…)

161210010

 六角堂を抜けるとあじさい坂があり、ここが太平山神社の表参道でした。

161210011

 あじさい坂の約1000段と紹介されている石段を登って隋神門をくぐり、さらに石段を登ると鳥居の先に太平山神社の本殿が見えてきます。

161210012

 六角堂から20分ほどで太平山神社に到着すると参拝して登山の無事を祈ります。

161210013

 参拝を終えると境内右奥にある登山道の標識に従って大平山に向かいました。

161210014

 少し登るとしめ縄が張られた参道があり、その先に奥ノ院の石祠が祀られていました。

161210015

 登山道に戻ってさらに進んで行くと太平山神社から20分ほどで太平山の山頂に到着しました。(太平山城址に祀られた富士浅間神社の奥が山頂です…)

161210016

 太平山の周囲に展望はなく写真を撮ると南西側に下ってぐみの木峠に向かいます。

161210017

 所どころ標識の立っている登山道を道なりに進むと左前方に晃石山が見えてきました。

161210018

 太平山から15分ほどでぐみの木峠を通過しますが、この辺りから行き会う人たちが多くなりました。(分岐点を左に下ると大中寺に戻れます…)

161210019

 ぐみの木峠から登り返すように先に進んで晃石山に向かいます。

161210020

 途中で東側の展望が開けると筑波山やスカイツリーが見えました。

161210021

 さらに進むと岩場混じりの急登となりました。(北西側の季節風が強かった…)

161210022

 急登が終わると緩やかな登山道となり、ここまで来れば晃石山はもう間もなくです。

161210023

 駐車場から2時間半ほどで御宮が祀られた晃石山の山頂に到着しました。

161210024

 南西方向に富士山が見えますが少し雲が湧いています。(富士山の左手前が大岳山、右手前の稜線上に御前山~三頭山~川乗山が見えていました…)

161210025

 北々西方向が日光連山ですが雪雲で稜線は見えません。

161210026

 山頂は季節風が強くて寒いため晃石神社に下って昼食休憩としました。

161210027

 30分ほど休んで昼食タイムを終えると先に進んで桜峠に向かいます。

161210028

 晃石神社から10分ほど進んだところでツツジが満開になっていました。(晃石山に向かう途中でも幾つか花が咲いたツツジは見かけましたが…)

161210029

 さらに稜線上の小ピークをアップダウンしながら先に進みます。

161210030

 晃石神社から3つ目の小ピークに青入山の標識が立っていました。(青入山から清水寺に下れるようです…)

161210031

 青入山は写真を撮って通過すると桜峠に向かって下り始めます。

161210032

 少し下って行くと手すりの付いた階段道となりました。(ここは見覚えがあります…)

161210033

 さらに下ると晃石神社から20分ほどで桜峠が見えてきました。

161210034

 北西方向に赤城山が見えますが黒檜山には雪雲がかかっていました。

161210035

 桜峠を直進すると落ち葉の積もった登山道を進んで馬不入山に向かいます。

161210036

 アップダウンが続く登山道を進んで行くと左前方に馬不入山が見えてきます。

161210037

 桜峠から30分ほどで三角点のある馬不入山の山頂に着きました。

161210038

 南西方向に雲のかかった富士山が見えますが陽が高くなって大分霞んできました。

161210039

 西側の浅間山には雪雲がかかっており、剣ヶ峰のピークが見えるだけでした。

161210040

 一通り景色を眺めると往路を戻って桜峠に向かいます。

161210041

 馬不入山から30分ほどで桜峠に戻ると東側に下って清水寺に向かいます。

161210042

 登山道が荒れた箇所が一部にありますが良く踏まれて道迷いはありません。

161210043

 桜峠から15分ほどで清水寺前を通過しました。

161210044

 清水寺から少し進むと東山道の分岐点がありますが、今回は道路を歩いて大中寺に戻ることにしました。

161210045

 清水寺から30分ほどで大中寺の駐車場に戻ると、総行程5時間半ほどで今回の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って道具を片付けると、歩き始めた頃に落としてしまった手袋を探すことにしましたが、後続の人たちが路肩に寄せておいてくれたのか、駐車場からすぐのところで見つけることができました。(路肩においていただき大変有難ううございました

 家の帰る途中で栃木市営の游楽々館(入湯料300円、シニア200円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

 ※ブログに掲載できなかった写真はデジブックに収録しました…

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で100数十人ほどですが、地元の常連らしき人たちの他に東武線やJRに乗ってきた人たちも多かったようです。

 今回は謙信平から六角堂経由で大平神社に向かいましたが、あじさい坂の名称通りに参道周辺に沢山のあじさいが植栽されており、謙信平の桜が咲く頃やあじさいの花の季節に歩いても良さそうでした。

 駐車場で話した筑波ナンバーの常連さんは、大中寺から太平山に直接登れる登山道があると話しており、常連の人たちが歩くマイナールートのマップがあれば色々なコース取りができる晃石山のようでした。

« 石割山(16.12.03) | トップページ | 黒斑山・蛇骨岳(16.12.17) »

登山」カテゴリの記事

コメント

気軽に登れて展望も抜群、いい山ですねえ
こんな山が伊勢崎にもほしいです。
何度か歩きましたが、
筑波山や富士山をこんなにばっちり見たことはありません。
今の時期楽しめる山ですね。今年も歩きたくなりました。

kyou さん>こんにちは…
標高が低くても展望の良い山ですし、水沢山と同じように常連さんが
沢山いるようで、電車を使って歩きにくる人たちもいるようです。
太平山と言い、大小山と言い、足利や栃木の周辺は市街地に近く、
簡単に登れる山があっていいですよね。
伊勢崎なら40分もあれば行けるでしょうし、好天を狙って出かけて
見て下さい…。

こんにちは~
またまた富士山を眺めながらの山歩き、羨ましい~(*゚▽゚)ノ
それと、羨ましいのは、登山靴の下でカサカサ音を立てる落ち葉🍂、こちらはベチャベチャに登山道に張り付いています。そのうち雪の下に埋もれてしまうのですけどねsnow
満開のツツジが綺麗🌸shine
2年前にも咲いていたツツジですよね! 
今ころに見れる満開のツツジも珍しい~、でも、イイなぁ~♪
出会ったノボラーの数も半端じゃない人気の山は展望もイイ山ですね♡

tuba姐 さん>こんばんは…
栃木や足利辺りの山は標高は高くありませんが、南側は関東平野なので
富士山が良く見えますね。
今の季節は日本海側はぐずついた天気が多いし、登山道もベチャベチャに
なっちゃうでしょうね~
満開のツツジは多分前回と同じ木で、普通は枝先に幾つか花が咲く位ですが、
ここだけは春と同じように咲いていました。
行き会った人たちの平均年齢は少し高めで、常連の人たちが多いように
見えましたが、首都圏方面から電車利用できた人たちも見かけましたよ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64607412

この記事へのトラックバック一覧です: 大平山・晃石山(16.12.10):

« 石割山(16.12.03) | トップページ | 黒斑山・蛇骨岳(16.12.17) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック