« 甲信国境 横尾山(16.10.21) | トップページ | 迦葉山(16.10.30) »

2016年10月23日 (日)

長野 高登谷山(16.10.21)



① 2016年10月21日(土)天候:晴れ
② 高登谷山:1845m
③ コースタイム(総行動時間:3時間20分)
 別荘地内駐車場(09:30)===高登谷山登山口(09:40)===高登谷山(10:45~11:30)===南峰(11:45~11:50)===天狗岩(12:00)===中沢新道登山口(12:40)===別荘地内駐車場(12:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:4.031km、累積標高:±505m)
1610210012

 長野県・川上村の観光ガイドによると高登谷山は高登谷高原別荘地の中にあり、山頂からは八ヶ岳・南アルプス・茅ヶ岳・金ヶ岳などが見えると紹介されています。

 観光ガイドのルート解説を見ると一直線に登る急坂が続くようですが、周回コースの距離もそれほどでなく、横尾山の帰り道で寄るのに適当な山と思いました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 信州峠から長野側に下って川上村の中心部に向かって走って行くと、広大な野菜畑の中に信濃わらび山荘の案内看板が立っており、この案内看板に従って高登谷高原別荘地に向かいます。

 T字路から5分ほど走って別荘地内に入ると高登谷山入口の標識があり、すぐ先の道路脇に数台分の駐車場(マップコード:537 890 343)がありました。(少し先に公衆トイレがありました…)

161021002_2

 すぐに車を停めて準備をすると別荘地内を歩いて高登谷山の登山口に向かいます。

161021003_2

 別荘地内を道なりに歩いていくと所どころに高登谷山の案内標識がありました。

161021004_2

 駐車場から10分ほど歩くと高登谷山の登山口がありました。

161021005_2

 登山口から登り始めると急登の斜面に薄い踏み跡が続いていました。

161021056

 少し登って林道を横切ると登山道の標識に従って急登していきます。

161021057

 登山道の所どころに標識やマーカーがあり道迷いの心配はありません。

161021058

 周辺の樹林帯は黄葉していましたが少し茶色くなって色合いが今一つでした。

161021059

 さらに急登すると周辺にカラマツが多くなりました。

161021060

 50分ほど急登して左からの枝尾根と合わさると、少し右に向きを変えて先に進みます。

161021061

 駐車場から1時間15分で高登谷山の山頂に着きました。

161021062

 観光ガイドの紹介通りで山頂南西側の展望に開けており、先ほど歩いてきた横尾山の先に南アルプスが見えました。

161021063

 南アルプス・鋸岳の右手前に横尾山の山頂が見えました。

161021064

 少し右側に中央アルプスの空木岳と木曽駒ケ岳が見えました。

161021065

 西寄りには八ヶ岳の山々が並んでいます。(権現岳~赤岳~横岳~硫黄岳~天狗岳…)

161021066

 一通り周囲の景色を眺めると40分ほど休憩して昼食タイムを取りました。

161021067

 休憩を終えると山頂を出発して南峰に向かいますが、少し進むと南峰に先に小川山~金峰山~瑞牆山が見えました。

161021068

 さらに進むと樹林帯を下って鞍部に向かいます。

161021069

 5分ほど下って鞍部に到着すると南峰に向かって登り返します。

161021070

 南峰の山頂手前は少し急登する登山道でした。

161021071

 本峰から15分ほどで南峰の山頂に着きました。

161021072

 南峰の北側は少し開けており木々の間から天狗山と御座山が見えました。

161021073

 南峰山頂の南側に茅ヶ岳と金ヶ岳が良く見えました。

161021074

 南峰山頂で周囲を眺めると南西側に下って天狗岩に向かいます。

161021075

 南峰側の登山道も傾斜がきつく、石車に注意しながら下降します。

161021076

 南峰から5分ほど下ると前方に天狗岩らしい岩稜が見えてきました。

161021077

 マーカーに従って岩場に上がると天狗岩の標識が付いていました。

161021078

 天狗岩の展望も素晴らしく南西方向の景色が良く見えました。

161021079

 高登谷山の登りに使った稜線ですが、遠くから見ると黄葉が見事でした。

1610210791

 北西側に高登谷山の山頂が見え、南峰に延びる稜線が見えました。

161021080

 稜線直下の山腹は紅葉が見頃の感じでした。

161021081

 南東方向には瑞牆山が見えており、山麓の建物は三鷹市の保養施設です。

161021082

 これから下る稜線も見事に色付いていました。

161021083

 一通り景色を眺めると岩稜を下って登山口に向かいます。

161021084

 本峰の登山道の比べると南峰の登山道は踏み跡が薄い感じでした。

161021085

 それでも登山道の所どころにマーカーや標識が付いていました。

161021086

 稜線上に突き出た岩峰などは左右にどちらかに巻いて下りました。

161021087

 天狗岩から30分ほど下ると別荘地の建物が見えてきました。

161021088

 南峰から40分ほどで中沢新道の登山口に下りました。

161021089

 登山口からさらに別荘地内の遊歩道を下って駐車場に向かいます。

161021090

 登山口から5分ほどで別荘地内の道路に合わさりました。

161021091

 標高1450mほどの別荘地ではでモミジの紅葉が丁度見頃でした。

161021092

 登山口から10分ほどで別荘地内の駐車場に戻ると、総行程3時間20分で高登谷山の山歩きを終了しました。

161021093

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で海尻温泉・灯明の湯(入湯料800円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 横尾山の登山道で見かけたハイカーは全部で4人でしたが、高登谷山の周回コースは独り占めの登山道で、踏み跡に最近登山者が歩いたような痕跡が見当たりませんでした。

 当初の予定では3月半ばに歩こうと思っていた今回の二つのピークですが、春先の芽吹き前の頃よりも、今回のように紅葉の頃に歩いた方が良かったと思いました。

 川上村の観光ガイドで紹介しているコースは全部で8ヶ所ですが、横尾山と高登谷山の2つのコースを歩いたことにより、残るは小川山と国師ヶ岳の2つのコースとなりました。
 

« 甲信国境 横尾山(16.10.21) | トップページ | 迦葉山(16.10.30) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、こんにちは

こんな雑木林の中、稜線を歩く里山があるとは驚きました。
つい金峰山や瑞牆山ばかりに目が行きますが、行ってみたくなりました。
私の故郷の小川村にも高戸谷山がありますが、先月も滑落し亡くなった人がいます。

岳 さん>こんばんは…
横尾山のカヤトの原を見たいと思っていましたが、横尾山だけでは
山歩きが簡単に終わってしまうため、下山後に行ける山を探したら
高登谷山が見つかりました。
こちらの高登谷山にも岩稜がありますが、命に関わるほどリスクは
高くないので、家族連れでも歩ける里山と思いましたよ。
ただ登山道の痕跡も薄く、歩く人は少ない感じですね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64384264

この記事へのトラックバック一覧です: 長野 高登谷山(16.10.21):

« 甲信国境 横尾山(16.10.21) | トップページ | 迦葉山(16.10.30) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック