« 志賀高原 岩菅山(16.10.15 その1) | トップページ | 甲信国境 横尾山(16.10.21) »

2016年10月16日 (日)

志賀高原 岩菅山(16.10.15 その2)

その1)から続く…

 一通り周囲の景色を眺めると先に進んで裏岩菅山に向かいます。

161015033

 裏岩菅山の右奥に苗場山と烏帽子岳が見え、その先に越後駒ケ岳が見えました。

161015034

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 岩菅山の山頂から北側に下ると稜線沿いを進んで裏岩菅山に向かいます。

161015035

 少し下ると左側に焼額山が見えました。(その背後は妙高山と火打山です…)

161015036

 さらに進んで小ピークに上がると石仏と道標がありました。

161015037

 8年ぶりの不動明王に登山の無事を祈ります。

161015038

 小ピークを通過するとさらにアップダウンしながら先に進みます。

161015039

 久しぶりの稜線歩きと思いますが思いのほか足が重くてピッチが上がりません。

161015040

 小ピークから15分ほど進んで岩菅山を振り返りました。(見事な景色です…)

161015041

 稜線沿いをさらに進んで2337ピークに向かいます。

161015042

 岩菅山から40分ほどで2337ピークに上がると裏岩菅山の稜線が見えました。

161015043

 振り返るとアップダウンの稜線が良く分かります。(横手山の手前が赤石山です…)

161015044

 さらに進んで樹林帯を抜けると裏岩菅山の右奥に苗場山が見えてきます。

161015045

 岩菅山からほぼ予定通りの時間で裏岩菅山に到着しました。

161015046

 笠ヶ岳の右奥に御嶽山と乗鞍岳が微かに見えました。(肉眼ではもう少し見えます…)

161015047

 東館山の先に穂高連峰と槍ヶ岳が霞んでいました。

161015048

 少し右側に立山~鹿島槍~劔岳~五竜が見えますが、先ほどに比べて気温が上がった分だけ霞んだようです。

161015049

 飯綱山の先に白馬三山も見えますが、山頂付近にガスが湧いてきました。(下山する時はガスに隠れました…)

161015050

 焼額山の先には高妻山~黒姫山が並びます。

161015051

 少し右側に妙高山と火打山が見え、その手前に斑尾山が見えています。

161015052

 山頂北側に台倉山と鳥甲山が見え、台倉山の先に米山が見えました。

161015053

 苗場山の右奥に越後駒ケ岳~中ノ岳~荒沢岳~平ヶ岳が霞んでいました。

161015054

 少し右側に尾瀬の燧ヶ岳と至仏山が見え、至仏山の右手前に谷川岳が見えました。

161015055

 東側の稜線の先に上州武尊山~日光白根山~男体山~皇海山が見えました。(稜線の一番右側が白砂山です…)

161015056

 南東方向に赤城の山々が霞んでおり、その右手前が子持山と小野子山でした。(稜線の右側に八間山が見えています…)

161015057

 さらに右側の榛名の山々が並んでいました。

161015058

 一通り周囲を眺めると景色を見ながら昼食タイムを取りました。(烏帽子岳に足を延ばす人たちを見かけました…)

161015059

 昼食休憩を終えると往路を戻って下山を始めます。

161015060

 15分ほど下って裏岩菅山を振り返りましたが、お昼近くなって雲が多くなりました。

161015061

 さらに気持ち良い稜線を歩いて岩菅山に戻ります。

161015062

 帰りは45分ほどで岩菅山に戻ると裏岩菅山に別れを告げました。

161015063

 帰り道の岩菅山は10数人の登山者で賑わっていました。

161015064

 山頂の写真を撮って岩菅山を通過するとさらに下って登山口に向かいます。(途中で10数人の人たちとスライドしました…)

161015065

 岩菅山から20分ほど下ると見納めの山頂に別れを告げました。

161015066

 山頂から25分ほどでノッキリの分岐を通過すると、中間点までが50分、アライタ沢を1時間20分で通過すると、岩菅山から2時間弱で聖平登山口に下ることが出来ました。

 車の戻って道具を片付けると、帰る途中で前回同様に木戸池温泉ホテル(入湯料600円)に寄ることにし、汗を流してサッパリすると帰りは草津温泉経由で帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で5~60人ほどですが、裏岩菅山に向かった人たちは20人ほどでした。

 8年ぶりの岩菅山は好天にも恵まれ、山頂からの景色が少し霞んでいたものの、周辺の見事な展望
を楽しむことが出来ました。

 次回、志賀方面の山に足を延ばすとすれば、これまで登っていない寺子屋峰・横手山と笠ヶ岳・焼額山などを考えたいと思っています。

« 志賀高原 岩菅山(16.10.15 その1) | トップページ | 甲信国境 横尾山(16.10.21) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64356114

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原 岩菅山(16.10.15 その2):

« 志賀高原 岩菅山(16.10.15 その1) | トップページ | 甲信国境 横尾山(16.10.21) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック