« 栂池自然園(16.10.07) | トップページ | 志賀高原 岩菅山(16.10.15 その2) »

2016年10月16日 (日)

志賀高原 岩菅山(16.10.15 その1)



① 2016年10月15日(土)天候:晴れ
② 岩菅山:2295m、裏岩菅山:2341m
③ コースタイム(総行動時間:7時間20分)
 聖平登山口(06:30)===小三郎小屋跡(06:40)===アライタ沢(07:00)===岩菅山中間点(07:45)===ノッキリ(08:25)===岩菅山(09:10~09:20)===裏岩菅山(10:15~11:05)===岩菅山(11:50~11:55)===ノッキリ(12:20~12:25)===岩菅山中間点(12:45)===アライタ沢(13:15)===小三郎小屋跡(13:40)===聖平登山口(13:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:12.884km、累積標高:±1091m)
161015001

 10月2回目の山歩きは8年ぶりに志賀高原の岩菅山に行って来ることにしました。

 前回の岩菅山は7月下旬の梅雨明けに歩きましたが、雲が多く北アルプスや上信国境の山々が見えず、錦秋の頃に改めて歩きたいと思っていました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 岩菅山の聖平登山口(マップコード:341 889 426)までは自宅から約115kmで2時間半…、午前4時前に自宅を出発すると国道144号線から万座ハイウェイ経由で志賀高原に向かいました。(草津白根山の火山活動のため17:00~08:00の時間帯は国道292号線が通行出来ません…)

 嬬恋村から万座ハイウェイを走って志賀高原に抜けると、国道292号線の蓮池の交差点から奥志賀方面に向かい、一ノ瀬スキー場の先を右に進むと聖平登山口に到着します。(登山口にトイレがなく少し手前の大沼入口の公衆トイレが使えます…)

 道路脇の登山口には10台分ほどの駐車スペースがあり、先着の車に並べて駐車するとすぐに準備をして歩き始めますが、登山口にポストがないため前日にながの電子申請で計画書を送っておきました。(下山した時は周辺に10台ほど停まっていました…)

161015002

 登山道周辺でダケカンバが黄葉していましたが葉先が茶色くなって今一つでした。

161015003

 10分ほど登ると小三郎小屋跡の分岐点を通過します。

161015004

 標識に従って上条用水路沿いを進んで行くと底清水の水場を通過します。

161015005

 緩やかな登山道を15分ほど進むと武右衛門沢を渡ります。(ここは記憶にありません…)

161015006

 ほぼ予定通りで登山口から30分ほどでアライタ沢を渡ります。

161015007

 アライタ沢を過ぎると階段混じりの登山道を折り返しながら登ります。

161015008

 10分ほどで1739ピークを通過すると鞍部に向かって少し下ります。

161015009

 さらに進むと1893ピークに向かって急勾配の階段登りとなりました。

161015010

 アライタ沢から45分ほどで1893ピークに上がると中間点の標識がありました。(前方に岩菅山が見えています…)

161015011

 1893ピークからは稜線沿いの緩やかな登山道が続きます。

161015012

 中間点から15分ほど進むと前方にノッキリの稜線が見えてきます。

161015013

 左前方に見えていた岩菅山も大分近づきました。

161015014

 中間点から約40分でノッキリの分岐点となり、寺子屋峰からのルートと合わさりました。

161015015

 ノッキリから少し進むと岩菅山の山頂が見えてきました。

161015016

 登山道の右側に白砂山と堂岩山が見えました。(前回は雲の中でした…)

161015017

 振り返ると浅間隠山と鼻曲山が見えますが、富士山と金峰山は霞んで見えません。

1610150171

 さらに進むとザレた急登の登山道となりました。

161015018

 ノッキリから20分ほどで山頂手前の岩場となりますが特に難しい箇所ではありません。

161015019

 一息入れて振り返ると横手山の左右に浅間山と四阿山が見えていました。

161015020

 東館山の右奥には北アルプスと北信方面の山々が霞んでいました。

161015021

 岩場を通過するとガレた急登の登山道となりました。

161015022

 さらに進んで振り返ると浅間山の右手前に草津白根山が見えてきました。

161015023

 登山口から約2時間40分で岩菅山に到着しました。(右奥に三角点があります…)

161015024

 山頂西側に小奇麗な避難小屋が建っています。(トイレは非常用です…)

1610150241

 8年ぶりの山頂は素晴らしい展望が広がっており、東側に日光白根山~男体山~皇海山が見えました。(稜線の中央右側が白砂山…)

1610150242

 南東方向には赤城山と榛名山が見えました。(肉眼ではもう少し見えます…)

161015025

 南側の浅間山と横手山の間に八ヶ岳が見えました。

161015026

 南西方向から西側にかけて北アルプスと北信の山々が並んでいました。

161015027

 寺子屋峰の右稜線の先に穂高連峰と槍ヶ岳が霞んでいました。

161015028

 鹿島槍の双耳峰の左右に立山と劔岳が見えました。(爺ヶ岳~立山~鹿島槍~五竜…)

161015029

 西側の飯綱山の先に白馬三山が並びます。(五竜~唐松岳~白馬三山~雪倉岳…)

161015030

 少し北西寄りに高妻山~黒姫山~妙高山~火打山が見えました。

161015031

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 栂池自然園(16.10.07) | トップページ | 志賀高原 岩菅山(16.10.15 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64356054

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原 岩菅山(16.10.15 その1):

« 栂池自然園(16.10.07) | トップページ | 志賀高原 岩菅山(16.10.15 その2) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック