« 新潟 金城山(16.09.30 その2) | トップページ | 志賀高原 岩菅山(16.10.15 その1) »

2016年10月 8日 (土)

栂池自然園(16.10.07)



① 2016年10月7日(金)天候:晴れ
② 栂池自然園・最高地点:2020m
③ コースタイム(総行動時間:3時間50分)
 RW自然園駅(08:40)===自然園入口(08:50)===浮島湿原入口(09:35)===展望湿原(10:10~10:25)===展望台(10:35~11:10)===浮島湿原入口(11:40)===自然園入口(12:25)===RW自然園駅(12:30)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:7.01km、累積標高:±329m)
161007001

 10月初めての山歩きは久しぶりに北アルプスを眺めに行くことにし、紅葉見物を兼ねて小谷村の栂池自然園を歩いて来ることにしました。

 今回は白馬観光開発のHPから入手したルートガイドなどを参考に、RWの自然園駅から左回りで周回するように歩いてみました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口となる栂池パノラマウェイの駐車場(マップコード:417 096 860)までは約165kmで3時間ほど…、午前4時過ぎに自宅を出発すると上信越道~オリンピック道路と走って現地に向かいます。(天気予報は晴れでしたが長野市内を通過する頃から曇り空となり天気の方が少し心配でした…)

 オリンピック道路を抜けて白馬村の中心部を通過し、国道148号線の岩岳入口の信号から栂池高原に向かうと、予定より少し早めの時間で栂池パノラマウェイの山麓駅近くの駐車場に到着しました。

 曇り空のため少し様子を見ることにしましたが、暫らく車の中で待っていると空が明るくなって青空が見え始めたため、パノラマウェイの駐車場(駐車料:1日500円)に移動して準備を始めることにしました。(大きな駐車場には30数台の車が停まっており10数人の人たちが準備をしていました…)

161007002

 山麓駅から栂池ゴンドラリフト~栂池ロープウェイと乗り継ぐと、予定より少し早めにRWの自然園駅から歩き始めることが出来ました。(入園料込みの往復乗車券は3600円…)

161007003

 自然園駅から自然園に向かって歩き始めると白馬連峰の山並みが見えてきます。

161007004

 自然園駅から5~6分で自然園手前の栂池ヒュッテと栂池山荘前を通過します。(帰りは休憩するハイカーなどで賑やかでした…)

161007005

 ビジターセンター前の自然園改札を通過すると自然園入口になりました。

161007006

 先ずは遊歩道を右に進んでミズバショウ湿原を周回します。

161007007

 大分茶色くなった湿原の先に白馬三山が並びます。

161007008

 遊歩道の右上が白馬乗鞍岳のようで、中腹のダケカンバは落葉していました。

161007009

 少し進むと白馬鑓ヶ岳の全容が見え始め、白馬三山が揃い踏みと言う感じです。(紅葉を眺めるならもう少し早い時期が良かったようです…)

161007010

 ミズバショウ湿原を半周すると先に進んでワタスゲ湿原に向かいます。

161007011

 少し進んでワタスゲ湿原に到着すると白馬岳の山頂に飛行機雲がかかっていました。

161007012

 左前方の小ピークの斜面に黄葉したダケカンバが残っていました。(自然園の監視員によると先日の台風18号で黄葉した葉が落ちたそうです…)

161007013

 自然園入口から30分ほどで楠川を渡りました。(すぐ先にトイレがあります…)

161007014

 楠川を渡ると階段混じりの遊歩道になり、少しづつ登って浮島湿原に向かいます。

161007015

 10分ほど登ると小さな浮島のある浮島湿原となりました。

161007016

 遊歩道を登っている間にガスが湧いたようで白馬岳がガスに包まれていました。

161007017

 浮島湿原を通過すると延命水は通過し、道標に従ってモウセン池に向かいます。

161007018

 少し登るとルートガイドに載っていた自然園を見渡せる展望ポイントがありました。(左奥にビジターセンターの建物などが見えました…)

161007019

 さらに周囲の景色を眺めながら先に進みます。

161007020

 小さなモウセン池を通過すると先に進んで絶景スポットのある展望湿原に向かいます

161007021

 少し荒れ気味の遊歩道を進んで樹林帯を抜けると小蓮華山が見えました。

161007022

 自然園入口から1時間20分で展望湿原の絶景スポットに到着しましたが、折悪しくガスが流れて白馬三山が見えません。(居合わせた人たちも残念そうに見守っていました…)

161007023

 遊歩道脇のベンチを借りてガスが晴れるのを待っていると、ガスが少し薄れて杓子岳が見えてきました。

161007024

 僅かの間にガスが晴れると色付いた湿原の先に素晴らしい白馬三山が見えてきました。

161007025

 白馬鑓ヶ岳の左側に天狗尾根と不帰嶮が見えていました。

161007026

 さらに右側には見事な白馬岳の稜線が続きますが、誰かが「冠雪していれば…」と話していました。

161007027

 さらに10分ほど待ってみましたが白馬大雪渓のガスが晴れませんでした。(ガスの間から崩落した雪渓が見えています…)

161007028

 見飽きない絶景スポットですが長居することも出来ないため、後続してきた人たちに席を譲って展望台に向かいます。

161007029

 展望湿原から先に進むと周囲の景色を眺めながら遊歩道を先に進みます。

161007030

 展望湿原から少し進むと周囲の樹林帯に紅葉が残っていました。

161007031

 展望台の手前に自然園の展望箇所があり、手前に見えるのが浮島湿原のようです。

161007032

 展望湿原から10分ほどで展望台に到着すると周囲の景色が広がり、北東方向に妙高山~高妻山~戸隠山などが見えました。(少し左側に火打山も見えます…)

161007033

 少し右側の雲海上に四阿山と浅間山が見えています。(浅間山の右手前が虫倉山…)

161007034

 先ほどの白馬三山の左側を見ると鹿島槍~五竜~唐松岳が見えていました。

161007035

 大雪渓のガスも晴れてクレバスだらけの雪渓が良く見えました。(大雪渓は通行止め…)

1610070351

 展望台の一角を借りて30分ほど昼食休憩すると下山を始めますが、少し下ると雁股池が見えその先に八ヶ岳と南アルプスが霞んでいました。

161007036

 さらに急こう配のヤセ尾根を下って浮島湿原に向かいます。

161007037

 ヤセ尾根の周辺には綺麗な紅葉が幾つか残っていました。

161007038

 さらに下って見納めの白馬鑓ヶ岳と杓子岳に別れを告げると樹林帯に入ります。

161007039

 展望台から20分ほどで浮島湿原に下ってきました。

161007040

 小さな浮島の池塘から見納めの白馬岳を撮ってみました。

161007041

 これから展望湿原に向かう沢山の人たちと挨拶を交わしながらさらに下ります。

161007042

 浮島湿原から30分ほど下って振り返ると白馬岳方面に再びガスが湧いたようです。

161007043

 さらに下ってワタスゲ湿原のベンチが見えると湿原入口までは残り15分ほどです。

161007044

 休憩を取った展望台から1時間20分ほどで自然園駅に戻ると、総行程3時間50分で栂池自然園のハイキングを終了しました。

 帰りは12時40分発のRWに乗って山麓駅まで戻ると、家に帰る前に山麓駅の隣りにある栂の湯(入湯料:700円、シニア:500円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の栂池自然園で見かけた人たちは100人単位となりました。朝の内はそれ程賑やかと思わなかったのですが、時間が経つにつれて見かける人たちが多くなり、某大手旅行会社のバッチを付けた人たちも歩いていました。(軽装で歩ける観光地です…)

 以前から一度行って見たかった栂池自然園で、出来れば白馬岳を含めて歩きたいところでしたが、実行出来るかどうかは別にしてその想いをさらに強くしたように思いました。

 今回の栂池自然園は紅葉の季節を狙って歩いてみましたが、次回、同じコースを歩くとすればミズバショウやワタスゲの穂が開く季節が良さそうです。

« 新潟 金城山(16.09.30 その2) | トップページ | 志賀高原 岩菅山(16.10.15 その1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、こんばんは

台風一過の秋空に恵まれましたね!
白馬三山の表情にうっとりしています。
実は私も6日に、隣の五竜遠見から五竜岳を目指しましたが、
テレキャビンから上は雨、それでも晴れるだろうと期待し上に
晴れるどころか、冷たい雨に心が折れ撤退しました。
来週リベンジの予定です。


岳 さん>こんばんは…
現地入りした時点では全くの曇り空で、岳さんお薦めの虫倉山に
変更することも考えました…(笑)
それでも天気予報を信じたのが良かったようで、途中でガスが湧きましたが、
綺麗な白馬岳が見えて良かったと思っています。
北アルプスも群馬から日帰りできそうな山が幾つかあるようですが、今年も
天候不順で出かけることが出来ませんでした。
ガスが湧いてもいいや…と思えば行く機会はありますが、景色が見えないと
再挑戦になりますし、好天を狙うと出かける機会が少なくなりますね。
リベンジの際は好天になることを遠くから祈っていますよ…good

こんにちは~
栂池自然園の様子~参考になりました。
出かけたいと思いながら、まだ散策したことがありません。
8月、白馬岳の帰りは自然園に立ち寄る余裕がなく通過でした。
白馬大雪渓は雪不足のため、通常の半分くらいで歩きにくかったです。
9月からは通行止めになってしまいました。

ゆず茶 さん>こんばんは…
日が落ちて暗くなるのが大分早くなりましたね。
急げば白馬大池位まで行って来られそうですが、少し忙しいため紅葉の
景色をメインに、栂池自然園をユックリ歩くことにしました。
PLフィルターを使っているため、青空のコントラストが強くなっていますが、
これはこれで面白い写真になったと思っています。
展望台から大雪渓の崩落個所が見えましたが、あの様子だと危険すぎて
とても歩けないと思いましたよ…。
それにしてもこの冬の降雪で、クレバスなどが埋って歩けるようになるのか、
来シーズンの大雪渓が少し心配になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64315260

この記事へのトラックバック一覧です: 栂池自然園(16.10.07):

« 新潟 金城山(16.09.30 その2) | トップページ | 志賀高原 岩菅山(16.10.15 その1) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック