« 北秩父 皆野アルプス(16.09.25 その2) | トップページ | 新潟 金城山(16.09.30 その2) »

2016年10月 1日 (土)

新潟 金城山(16.09.30 その1)



① 2016年9月30日(金)天候:晴れ
② 金城山:1369m
③ コースタイム(総行動時間:8時間40分)
 中川新田登山口(05:50)===二合目(06:30)===四合目(07:20)===六合目(08:20)===雲洞分岐(09:00)===高棚分岐(09:40)===金城山(10:20~10:35)===避難小屋(09:40)===九合目(10:50~11:20)===五合目(12:50)===二合目(14:00)===中川新田登山口(14:30)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:8.461km、累積標高:±1168m)
1609300011

 前日の天気予報で9月30日は晴れる…との予報がTVで流れたため、新・分県登山ガイドで展望の良い巻機山前衛峰…と紹介されている金城山に行ってくることにしました。

 山と高原地図やガイドブックを見ると金城山の登山口は数か所あるようですが、今回は中川新田の登山口から滝入コース~水無コースと周回することにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 中川新田の登山口(マップコード:417 096 860)までは約110kmで1時間半ほど…、午前4時過ぎに自宅を出発すると関越道を走って現地に向かいました。

 六日町ICで高速を下りると魚野川を渡って三国川ダム方面に向かい、五十沢温泉の先で右折して塩沢方面に少し走ると、中川新田入口から集落内を抜けて先に進みます。

 県道から1kmほど走ると林道ゲートの先に登山口が見え、その手前に数台分の登山口駐車場がありました。(登山口にトイレはありません…)

160930002

 すぐに準備をすると登山ポストに登山届を投函して歩き始めますが、少し歩くと右前方に険しそうな金城山の稜線が見えてきました。

160930003

 さらに進むと分岐点があり往路は右に進んで左奥から帰ってきます。

160930004

 分岐点から少し進むと渡渉箇所がありました。(以前は橋があったようです…)

160930005

 沢を渡るとスギ林の登山道となり踏み跡をたどって先に進みます。

160930006

 ホンの数分でスギ林を抜け出すと朝日が射す稜線が見えました。

160930007

 さらに進むと沢沿いの岩場混じりの登山道となりました。

160930008

 登山道の横でノコンギクが沢山咲いていました。(朝露が付いて綺麗です…)

1609300081

 小さな青い花を付けたヤマハッカも沢山見かけました。

1609300082

 長雨で苔むした岩場は水を含んで滑りやすく足場に注意しながら進みました。

160930009

 さらに進むと岩場の斜面がありクサリとロープを使って慎重にトラバースしました。

160930010

 岩場を通過すると二合目の標識があり、ここで沢を渡渉して右岸側に渡ります。

160930011

 右岸側の登山道は小さな滝を高巻くように続きました。

160930012

 高巻いた箇所は三段の滝が落ちており、一段目の滝が一番落差がありました。

160930013

 登る途中で展望が開けると山麓の景色が良く見えました。

160930014

 さらに沢の右岸側を高巻くようにしながら急登していきます。

160930015

 急る途中で振り返ると八海山と中ノ岳が見えました。(手前右が高倉山…)

160930016

 最初の滝から30分ほど登ると二つ目の滝がありました。

160930017

 二つ目の滝も左に高巻いて先に進みます。

160930018

 二合目から50分ほどで四合目の標識を通過しました。(三合目はなかったようです…)

160930019

 四合目を通過するとすぐに三度目の渡渉箇所がありました。

160930020

 沢を渡ったところにダイモンジソウが咲いていました。

1609300201

 左岸側に戻ると枝沢沿いに進んで高度を稼ぎます。

160930021

 渡渉箇所から30分ほど急登して稜線に上がると五合目の標識がありました。

1609300221

 さらに稜線を進んで背後の展望が開けると八海山の右奥に越後駒ケ岳が見えました。

160930024

 直登するような急登はさらに続きますが要所にクサリやロープが付いていました。

160930025

 五合目から30分ほど急登すると六合目を通過します。

1609300251

 六合目を通過すると緩やかな登りとなり、左前方に山頂側が見えてきました。

160930026

 高度が上がって見事な展望はさらに広がり、権現堂山の先に守門岳が見えました。

160930027

 六合目から20分ほど進むと七合目を通過します。

160930028

 七合目から15分ほど急登すると雲洞コースの分岐点に上がりました。(倒れている道標の右上が坂戸山でした…)

160930029

 西側のスキー場の先に米山の三角ピークが見えました。

160930030

 さらにクサリの付いた岩場などを進んで山頂に向かいます。

160930031

 クサリ場を通過すると南西方向に妙高山と火打山が見えました。

160930032

 さらに15分ほど急登すると八合目を通過します。(右上が山頂辺りのようです…)

160930033

 八合目から一登りして南西方向が開けると佐武流山~苗場山~鳥甲山が見えました。

160930034

 展望箇所からさらに進んで山頂に向かいます。

160930035

 水場の分岐を通過すると高棚コースの分岐点がありましたが、下降点には赤いテープが張られており、南西寄りに万太郎山~仙ノ倉山~平標山が見えていました。

160930036

 さらに進むと九合目を通過しますが、すぐ先の右斜面が崩落していました。

160930037

 さらに山頂に向かって急登が続きました。(急登続きでいい加減嫌になりました…think  )

160930038

 九合目から30分ほど登って稜線に上がるとすぐ目の前に巻機山が聳えていました。

160930039

 (その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 北秩父 皆野アルプス(16.09.25 その2) | トップページ | 新潟 金城山(16.09.30 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64283748

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟 金城山(16.09.30 その1):

« 北秩父 皆野アルプス(16.09.25 その2) | トップページ | 新潟 金城山(16.09.30 その2) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック