« 美ヶ原(16.09.10 その2) | トップページ | 富士山 遠望-Ⅱ »

2016年9月15日 (木)

富士山 遠望-Ⅰ

 8月中旬から不安定な天気が続いていますが、山歩きに出かけることが出来ず少しヒマな時間があったため、この間の山歩きで撮ってきた富士山の写真を整理してみました。



 山歩きを始めたのは2007年春の水沢山からですが、それ以来、先日の美ヶ原まで347回の山歩きに出かけ289ヶ所のピーク(数え方によって違いますが…)を踏みましたが、その中で富士山の写真が撮れたのが63ヶ所のピークでした。

 この他、丹沢山のように当日の天気が悪く富士山が見えなかった山もあったので、好天に恵まれれば富士山が見える山はもっと沢山あったと思っています。

00013

 同じ山であっても何回か富士山が見られた山もありますが、今回はその中から一番良さそうな写真を選んで日付順に並べてみました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

1.群馬県 浅間隠山(2007年5月12日)

 山歩きを始めて11回目に登った浅間隠山で初めて富士山が見えましたが、山頂から微かに富士山が見えた時はとても感動したことを覚えています。(その後、この山には3回ほど登りましたが、富士山が見えたのは最初の時だけでした…)

 ※山名をクリックすると当日のレポが見られます…

00022

 当時使っていた500万画素のコンデジで撮っていますが、コントラストや画質など当時の技術レベルが良く分かる写真と思います。

2.群馬県 日光白根山(2007年10月21日)

 紅葉を楽しみに登りましたが寒波の到来で思わぬ降雪があり、軽アイゼンを持たなかったため苦戦の登山となりましたが、雪で白くなった南側の稜線の先に富士山を見ることが出来ました。(その後、日光白根山では富士山を見る機会がありません…)

00031

3.山梨県 雲取山(2007年11月24日)

 当時、通行可能だった後山林道を使って登りましたが、三条ダルミと山頂から富士山を眺めることが出来ました。(二度目は小袖乗越側からと考えていますが長丁場のコースになるため二の足を踏んで中々足が向きません…)

00041

 ※ 県名は登山口の位置で決めました…

4.長野県 甲武信ヶ岳(2008年10月12日)

 川上村から千曲川源流コースで登りましたが、水源地から少し急登して奥秩父主脈縦走ルートに合わさると、間もなく見え始める富士山を見ながら山頂に向かいました。(右手前に乾徳山の三角ピークが見えています…)

00051

 山歩き2年目から1,001万画素のコンデジとなりRAW撮影が出来るようになりました。

5.山梨県 金峰山(2008年11月3日)

 初めての金峰山は最短ルートの大弛峠から登りましたが、あいにくの天気で少し霞んだ景色となりましたが、途中の大ナギから富士山を眺めることが出来ました。(冒頭の写真は二度目の金峰山で撮ったものです…)

00061

6.神奈川県 金時山(2008年12月6日)

 ガイドブックに載っていた金時神社からの周回コースを歩きましたが、山頂周辺の樹木には白い霧氷が付いており、その先に見える富士山が大変綺麗なものでした。(下山する時は某私鉄主催の大規模ツアーに遭遇して大変でした…)

00071

7.山梨県 権現岳(2009年6月20日)

 天女山駐車場の登山口ではガスが流れていましたが、途中の前三ッ頭に到着した時は富士山が見えており、その後は時々富士山を眺めながら登ることが出来ました。

00081

 山歩き3年目辺りから1200万画素のデジイチを使い始めました。

8.長野県 燕岳(2009年8月23日)

 初めての北アルプスは初心者向けと紹介されている燕岳に登ることにしましたが、山頂に到着すると南東側の雲海上に見事な富士山を見ることが出来ました。(合戦尾根の途中でも少し見えましたが…)

00091

9.群馬県 榛名・水沢山(2010年1月1日)

 初日の出を眺めに水沢山に登りましたが、日の出を待ちながら周囲を眺めていると、南側の高崎市街地の先に真っ白な富士山が見えていました。(右手前が両神山…)

00101

10.長野県 男山(2010年5月9日)

 県道2号線の馬越峠から天狗山を経由して男山を往復しましたが、途中の垣越山を通過した辺りから少し霞んだ富士山が見え始め、男山の山頂からは瑞牆山の右奥に富士山が見えていました。

00111

11.群馬県 袈裟丸山(2010年5月15日)

 アカヤシオを楽しみに袈裟丸山に向かいましたが、あいにくアカヤシオの見頃には少し早かったようで、小丸山に向かう途中で富士山が見えました。(右手前に雲取山…)

00121

12.栃木県 庚申山(2010年6月6日)

 コウシンソウを目当てに登ってみましたが、コウシンソウの開花には少し早かったようで、ただのピークハントで終わってしまいました。
 富士山は山頂手前の富士見台で見ることが出来ましたが、ズームアップせずに撮っているため雲海上に山頂がチョコっと見えるるだけの写真になっています。(右側に連なる山並みは袈裟丸連峰です…)

00131

13.長野県 横岳(2010年10月11日)

 南牧村海ノ口の横岳登山口から杣添尾根を登って横岳~赤岳を往復しましたが、横岳・三叉峰の手前で見事な富士山が見えていました。(右手前は県界尾根…)
 その後はガスが湧き始め赤岳に向かう頃には富士山が見えなくなっていました。

00141

14.山梨県 金ヶ岳(2010年11月28日)

 この日は深田記念公園入口から茅ヶ岳~金ヶ岳と歩きましたが、あいにくの天気で霞んだような景色となり、金ヶ岳からの帰り道で一番富士山が良く見えていました。(右手前の陰になったピークが茅ヶ岳です…)

00151

15.群馬県 榛名・天狗山(2010年12月5日)

 この日は2回目の天狗山で南榛名林道からの南面ルートで登りましたが、山頂からの展望は素晴らしく、富士山を始め南アルプスの北岳や甲斐駒ヶ岳なども見えていました。(富士山のすぐ右側が雁坂嶺のようです…)

00161

16.群馬県 赤城・黒檜山(2010年12月28日)

 この日の赤城山は素晴らしい好天で東京方面には雲がかかっていましたが、富士山を始め周囲360度の見事な展望を楽しむことが出来ました。(富士山の手前左側が雲取山、右側が飛龍山です…)

00171

17.長野県 美ヶ原(2011年1月14日)

 この日は2回目のスノーハイクで初回よりも富士山が見えましたが、北アルプスの山々は厚い雲に包まれていました。(初回は北アルプスも見えて大変感動しました…)

00181

18.長野県 三峰山(2011年2月13日)

 無雪期ならビーナスライン沿いの展望台から30分ほどで登れるようですが、冬期はビーナスラインが通行止めになっているため、和田峠から3時間40分ほどかかって展望の山頂に到着しました。(西寄りの冷たい強風で指先が凍えました…)

00191

19.長野県 御嶽山(2011年9月7日)

 大滝村の田の原登山口から登って行くと、9合目手前の富士見石辺りから富士山が見え始め、山頂に到着すると富士山の三角ピークの形が良く分かりました。(富士山の左手前が中央アルプスの三ノ沢岳、右側が南アルプスの塩見岳になります…)

00201

20.群馬県 浅間・黒斑山(2012年2月19日)

 冬場は3度目となった黒斑山でしたが、過去2回と比べると天気が素晴らしく、周辺の見事な景色を眺めることが出来ました。

00211

21.長野県 唐松岳(2012年8月)

 3回目となる北アルプスは中腹までロープウェーとリフトで登れる唐松岳に出かけることにしましたが、素晴らしい好天にも恵まれ八方池に映りこんだ白馬三山がとても印象に残っています。(雲海上に浮かぶ八ヶ岳と富士山の写真は扇雪渓の手前で撮りました…)

00212

22.長野県 木曽駒ケ岳(2012年9月14日)

 初めての木曽駒ケ岳はロープウェーが混雑する紅葉前に登ることにしましたが、山頂駅に到着した頃からガスが上がり始め、乗越浄土に上がった時には富士山が見えなくなっていました。(この写真は山頂駅のテラスから富士山を撮ったもので、農鳥岳と塩見岳の間に雲のかかった富士山が見えています…)

00221

 富士山 遠望-Ⅱ に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 美ヶ原(16.09.10 その2) | トップページ | 富士山 遠望-Ⅱ »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64207654

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山 遠望-Ⅰ:

« 美ヶ原(16.09.10 その2) | トップページ | 富士山 遠望-Ⅱ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック