« 榛名 相馬山(16.08.09) | トップページ | 尾瀬 至仏山(16.08.31 その2) »

2016年9月 1日 (木)

尾瀬 至仏山(16.08.31 その1)



① 2016年8月31日(水)天候:晴れ
② 至仏山:2228m
③ コースタイム(総行動時間:7時間35分)
 鳩待峠駐車場(05:35)===山ノ鼻(06:40)===至仏山登山口(06:50)===中間点(08:10~08:15)===至仏山(10:00~10:40)===小至仏山(11:25)===オヤマ沢田代分岐(11:55)===原見石(12:20)===鳩待峠駐車場(13:10)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:12.006km、累積標高:±1056m)
160831001

 不安定な天気が続いて前回から3週間ぶりの山歩きとなりますが、7月に出かけることが出来なかった尾瀬の至仏山に行ってくることにしました。

 過去三回の至仏山ではいずれも天気に恵まれず、山頂からの展望が今一つだったこともあり、今回は台風一過の快晴を期待して登って見ることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口の鳩待峠(マップコード:94 751 879)までは約80kmで1時間45分…、午前4時に自宅を出発すると関越道~R120~R401を走って現地に向かいます。

 尾瀬戸倉の交差点から標識に従って鳩待峠(紅葉シーズン前は平日のマイカー規制がありません…)に向かいましたが、早朝のため予定より少し早めの時間に鳩待峠の駐車場に到着しました。

 鳩待峠の手前に新設された駐車場(1日2500円)には先着の車が10数台停まっており、北東側の稜線上に至仏山が見えていました。(尾瀬戸倉に向かう途中では尾瀬方面の雲が多く天気が少し心配でした…)

160831002

 準備を終えると鳩待峠から歩き始めますが、正面に進んで左奥から戻ってきます。(以前の駐車場だったところは樹林帯になるようです…)

160831003

 先ずは石畳の遊歩道を下って山の鼻に向かいます。

160831004

 10分ほど下ると尾瀬名物の木道歩きが始まりました。

160831005

 下る途中で至仏山が見えますが上空の青空が増えていました。

160831006

 さらに下って幾つかの枝沢を渡ります。

160831007

 今年はクマの目撃情報が大変多いそうでアチコチに注意書きが立っていました。

160831008

 目撃情報の多いテンマ沢湿原では水芭蕉や周辺のヤブが刈り払われていました。(クマは水芭蕉の実が好物のようです…)

160831009

 さらに下って行くと樹林帯の光芒が綺麗でした。

160831010

 鳩待峠から1時間弱で人影のない山の鼻まで下ってきました。

160831011

 山の鼻は通過すると分岐点を左に進んで至仏山に向かいます。

160831012

 標識に従って研究見本園に進むと正面に至仏山が見えてきました。(雲一つない快晴になりました…)

160831013

 木道を進んで振り返ると湿原の先の燧ヶ岳が見事なものでした。(周辺ではワレモコウやイワショウブなどが沢山咲いていました…)

160831014

 秋めいた研究見本園を通過すると至仏山登山口から登り始めます。

160831015

 登り始めは階段混じりの登山道ですが少し進むと石敷きの登山道となりました。

160831016

 さらに登ると登山道に赤茶けた蛇紋岩が目立ってきます。

160831017

 登山口から40分ほど登ると森林限界を通過しさらに登ると尾瀬ヶ原が見えてきます。

160831018

 南東側に見える稜線には鳩待峠から登れる横田代の湿原が見えました。

160831019

 至仏山の東面登山道は滑りやすい蛇紋岩のガレた登山道が続きます。

160831020

 登山口から1時間ほど登ると尾瀬ヶ原の手前に山の鼻の山小屋が見えてきます。

160831021

 さらに階段混じりのガレた登山道を進んで山頂に向かいます。

160831022

 登山口から1時間半ほどで東登山道の中間点に到着すると小休憩して軽い行動食(最近はミニ羊羹を持参しています…)を摂りました。

160831023

 眼下に見える尾瀬ヶ原ですが少し色付いて草紅葉が始まっていました。

160831024

 東登山道には2ヶ所のクサリ場がありますが濡れていなければ特に問題ありません。

160831025

 急登の途中で時々景色を眺めて一息入れます。(稜線のピークは景鶴山…)

160831026

 さらに階段混じりの急登が続きますがここにもクマ注意の案内がありました。

160831027

 燧ヶ岳の左奥には会津駒ケ岳が見えています。

160831028

 快晴で強い日差しですが南西寄りの冷たい風が吹いて夏山装備では涼しい位でした。

160831029

 南東側に鳩待峠の駐車場が見え始め、その先の日光白根山は雲の中でした。

160831030

 高天原の手前まで登ってきましたが、この辺りで山の鼻が見納めとなりました。

160831031

 北側に見えてきた平ヶ岳の左奥に中ノ岳と越後駒ケ岳が見えました。

160831032

 山の鼻の登山口から2時間40分ほどで高天原のベンチを通過します。(家に帰ってから尾瀬保護財団のHPを見るとこの辺りでクマを見かけたようです…)

160831033

 さらに登ると小至仏山と上州武尊山が見えてきました。

160831034

 山頂手前の稜線を左に巻くように進んで行くと山頂のピークが見えてきました。

160831035

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 榛名 相馬山(16.08.09) | トップページ | 尾瀬 至仏山(16.08.31 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ

山頂からの尾瀬ヶ原、ばっちり堪能できてよかったですね。
上から見ると池塘がいっぱいあるのがよくわかります。
燧ヶ岳も中々格好いいです。
花はそろそろ秋模様に変わってきましたね
これから紅葉が待ち遠しいです。

kyou さん>こんにちは…
至仏山はニッコウキスゲの頃に出かける予定でしたが、
花の見頃と天気が折り合わずこの時期になりました。
今回は紅葉には早かったのですが、台風一過の快晴で
富士山が見えるかな?と思って出かけました。
結局、富士山はダメでしたがまぁ~まぁ~の天気ですし、
草紅葉が始まって初秋の湿原風景を楽しめました。
もう半月ほど経てば紅葉が始まりますね…
一年がアッと言う間です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64139638

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬 至仏山(16.08.31 その1):

« 榛名 相馬山(16.08.09) | トップページ | 尾瀬 至仏山(16.08.31 その2) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック