« 富士山 遠望-Ⅱ | トップページ | 尾瀬の山旅 »

2016年9月17日 (土)

富士山 遠望-Ⅲ

富士山 遠望-Ⅱ からの続き…

42.群馬県 浅間連峰・湯の丸山(2014年1月24日)

 新年初めてのスノーハイクで3年ぶりに湯の丸山と烏帽子岳に登ってきましたが、当日は雲一つない素晴らしい好天となり、南東側に見える瑞牆山の右奥に見事な富士山が見えていました。

 ※山名をクリックすると当日のレポが見られます…

0042

 浅間山系からの富士山は湯の丸山が一番と思います…

43.長野県 入笠山(2014年1月29日)

 八ヶ岳を見渡す最高のステージと紹介される南信の入笠山ですが、この日も素晴らしい好天に恵まれたため、山頂からは周囲360度の見事な展望が広がり、南アルプスの左奥に大きな富士山が聳えていました。

0043

 ※画像をクリックすると大きくなります…

44.山梨県 乾徳山(2014年3月28日)

 6年ぶりの乾徳山は南側の徳和コースを往復しましたが、登る途中の扇平辺りから富士山が見え始め、薄い春霞がかかっていたものの山頂からも見事な富士山を眺めることが出来ました。

0044

45.群馬県 赤久縄山(2014年11月13日)

 この日は御荷鉾スーパー林道の4つのピークを歩くことになり、最初に登った赤久縄山の山頂から、南側の赤岩尾根の先に真っ白な富士山の山頂が見えていました。

0045

46.栃木県 晃石山(2014年12月7日)

 栃木県のおすすめハイキングコースで晃石山と大平山が紹介されており、縦走コースの途中で晃石山に登ると南西側の市街地の先に富士山が見えていました。(富士山の右手前が御前山、左手前が大岳山のようです…)

0046

47.東京都 三頭山(2014年12月13日)

 富士山の眺めを楽しみに都民の森の駐車場から歩きましたが、三頭山の西峰に上がると山頂に雪煙の舞う富士山が見事なものでした。(右側は三つ峠山の稜線です…)

0047

48.埼玉県 関八州見晴台(2014年12月19日)

 初めての関八州見晴台は群馬側から行きやすい黒山三滝の登山口から歩きましたが、休憩ベンチの置かれた関八州見晴台に到着すると、南西方向の稜線の先に富士山が頭を出していました。(富士山の左手前は御前山です…)

0048

49.神奈川県 大山(2015年1月4日)

 2014年の初詣は関東総鎮守とされる大山阿夫利神社に参拝することにし、帰りに大山に登って富士山を眺めることにしましたが、山頂西側の展望所に進むと笠雲?のかかった富士山を眺めることが出来ました。(右手前は三ノ塔で避難小屋が見えました…)

0049

50.群馬県 赤城・長七郎山(2015年1月14日)

 二回目となる長七郎山~地蔵岳のスノーハイクは、小沼駐車場からの周回コースを歩くことにしましたが、初回に比べると天気が良く南西寄りの市街地の先に少し霞んだ富士山が見えていました。(富士山の左手前は雲取山で一番手前が城峰山のようです…)

0050

51.埼玉県 日和田山(2015年1月29日)

 この日は日和田山から始まる奥武蔵自然歩道を歩くことにしましたが、日和田山から物見山に向かう途中の富士見茶屋付近から富士山が見えました。(日和田山の金毘羅神社の鳥居前からも富士山が見えていました…)

0051

52.栃木県 両涯山(2015年3月13日)

 この日は足利市の織姫神社から行道山に向かって歩きましたが、鏡岩の展望台を通過してさらに登って行くと、両涯山の少し手前で富士山が見えていました。(富士山の右手前の三角ピークが蕎麦粒山となります…)

0052

 それにしても足利周辺の里山は富士山が良く見えるところと思います…

53.山梨県 小楢山(2015年5月22日)

 山梨市のおすすめハイキングコースを参考に小楢山に向かいましたが、登山口から3時間弱で山頂に到着すると、南寄りの市街地の先に綺麗な富士山が見えていました。(富士山の右手前に節刀ヶ岳が見えています…)

0053

54.山梨県 甘利山(2015年6月13日)

 レンゲツツジが見頃になったと言うネット情報があり、富士山とのコラボを期待して甘利山に行ってみましたが、あいにくの空模様で遠望が難しく見頃になったレンゲツツジの先に微かな富士山が見えただけでした。

0054

55.群馬県 野反湖(2015年7月20日)

 2年ぶりのノゾリキスゲを楽しみに富士見峠からカモシカ平に向かいましたが、南側に見える浅間隠山の左奥に影絵のような富士山の山頂を見ることが出来ました。

0055

56.群馬県 鹿俣山(2015年7月26日)

 この日はラベンダーを眺めるために玉原高原から鹿俣山に登りましたが、ブナの原生林などを通過して到着した山頂からは微かに見える富士山を確認できました。(肉眼ではもう少し見えています…)

0056

57.群馬県 アヤメ平(2015年10月7日)

 紅葉を楽しみに富士見下からアヤメ平に向かうと、途中で流れていたガスはアヤメ平に到着する頃にはすっかり晴れ上がり、草紅葉で色付いたアヤメ平から白く霞んだ富士山が見えていました。(左手前は飛龍山…)

0057

58.山梨県 白谷丸(2015年10月14日)

 紅葉と富士山の景色を楽しみに小金沢連嶺を歩くことにしましたが、湯の沢峠から少し登って白谷丸に上がると、紅葉で色付いた稜線の先に見事な富士山が見えました。(富士山の手前が三ツ峠山…)

0058

59.埼玉県 三ッツドッケ(2015年10月22日)

 有馬峠の駐車場所から東京~埼玉の都県境にある蕎麦粒山~三ッツドッケ(天目山)を往復しましたが、紅葉が見頃になっていた三ッツドッケに到着すると南西側の鷹ノ巣山の稜線の先に、大分霞んだ富士山が姿を見せてくれました。

0059

60.山梨県 竜ヶ岳(2015年12月19日)

 ダイヤモンド富士の名所と紹介されている竜ヶ岳に出かけることにし、登る途中で何とかダイヤモンド富士に間に合いましたが、帰りは目の前に聳える富士山を眺めながらゆっくり下ってきました。

0060

61.栃木県 日光・社山(2016年2月7日)

 2年半ぶりの社山は雪のある季節に登ることにしましたが、阿世潟峠から雨量計のピークに登る途中で見事な富士山を眺めることが出来ました。(富士山の手前は雲取山の石尾根辺りのようです…)

0061

62.群馬県 上州武尊山(2016年5月29日)

 三度目となる上州武尊山はオグナほたかスキー場から登りましたが、スキー場のゲレンデトップを過ぎると富士山が見え始め、家の串山から見えた富士山が見納めの展望となりました。(富士山の左側のピークが飛龍山…)

0062

 ※三度目の正直で富士山が見られました…

63.長野県 霧ヶ峰(2016年7月7日)

 5年ぶりにニッコウキスゲの霧ヶ峰を訪ねましたが、ニッコウキスゲは咲き始めたばかりのようで、車山の山頂からは少し雲のかかった富士山を眺めることが出来ました。(富士山の左手前は編笠山となります…)

0063

 こうして富士山を眺めた63ヶ所の山の記録を振り返ってみると、それぞれの山に色んな感動・感激があったことを改めて思い出しました。(終わり)

                                       …ページの先頭に戻る

« 富士山 遠望-Ⅱ | トップページ | 尾瀬の山旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

いやあいろんな山からの富士山、たくさん撮りためましたねえ。
山の上から富士山が見えると、いつも感動します。
冠雪した富士山はくっきり見えていいですね。
山によっていろんな見え方があるんだなあと改めて思いました。
やはり富士山は日本一の山ですね。
遠望-Ⅲ トップの富士山は前景の山並みも素晴らしく、富士山を引き立たせてくれますね。
大好きな構図です。

kyou さん>こんにちは…
山に登って富士山が見えるとなぜか嬉しくなりますよね…confident
県内も西上州に行くと奥秩父の山並みがあるので富士山が見える山が
少ないようですが、東毛なら金山とか鳴神山でも見えるようですよ。
ただ、季節によって空が霞みますし晩秋~早春がねらい目でしょうね~
遠望-Ⅲのトップは湯の丸山ですが、ここまで西に行くと瑞牆山が邪魔に
ならないので、5合目から上の方が良く見えると思います。
昔、パソコンが壊れて写真のデータを失くしたことがあるので、今は外付けの
HDDとBDにも保存していますよ。
それにしてもsunマークが付きませんね~coldsweats01

沢山のバラエティーに富んだ富士山~

何度も山へ足を運ばなければ撮れない写真の数々。
どれがいいとは言い難く。。。。どれも素敵です。
全体が見えるのもいいし、少し頭を覗く感じもまたいい~
ぼんやりな感じもいいし、くっきりもカッコイイ~

富士山って色々な姿見せてくれるけど、どれも素晴らしい~
だからこそ日本一の富士山!!なんですね。

これだけの富士山を集めて編集してアップするのは大変だったのではないですか?
でも、、、楽しんでレポートされてるようで、それがまた素晴らしいです。

このシリーズは永久保存版ですネ。

野花 さん>こんにちは…
天気が悪くて山に行けず(雨でも行けますが景色が見えないと面白くないし…)
と言うことで、昔のレポを見返して富士山の写真を整理することにしました。
想いついてから1週間ほどかかりましたが、今回調べた中で見えるハズの山で、
見えなかった山がざっと30ヶ所ほどありました。
次に挑戦する楽しみが増えたように思いますし、見えた時には富士山データに
追加保存していきたいと思っています。
人気の山には方位盤があって、富士山が見えるかどうか分かりますが、
思いがけないような山で見えた時は、何か秘密を知ったような気持ちになりますね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64212672

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山 遠望-Ⅲ:

« 富士山 遠望-Ⅱ | トップページ | 尾瀬の山旅 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック