« 富士山 遠望-Ⅰ | トップページ | 富士山 遠望-Ⅲ »

2016年9月16日 (金)

富士山 遠望-Ⅱ

富士山 遠望-Ⅰ からの続き…

23.長野県 高妻山(2012年9月26日)

 ネットで噂通りのアップダウンが連続する厳しい登山道が続き、胸突き八丁の急登が終わって前方に山頂が見えた時は思わずホッとしたことを覚えています。
 登る途中でガスが上がり始め山頂からの展望は今一つでしたが、南側の雲海上に微かに霞んだ富士山が見えていました。(右側は八ヶ岳連峰の山並み…)

 ※山名をクリックすると当日のレポが見られます…

0023

24.山梨県 瑞牆山(2012年10月13日)

 折からの紅葉を期待して二度目の瑞牆山に登ってみましたが、山頂周辺の針葉樹林帯を見るとあちこちに赤や黄色の紅葉が点在し、少し色付いた稜線の先にシルエットになった富士山が見えていました。

0024

 ※画像をクリックすると大きくなります…

25.山梨県 雪頭ヶ岳(2012年11月21日)

 奥御坂随一の展望の山と紹介されている鬼ヶ岳~十二ヶ岳を歩くことにしましたが、西湖の駐車場から歩き始め展望のない樹林帯を抜け出すと、眼下に見える西湖の先に少し逆光になった富士山が聳えていました。(この時撮った富士山の写真を2013年正月の年賀はがきで使いました…)

0025

26.東京都 大岳山(2013年1月7日)

 2013年の初詣を兼ねて奥多摩の御岳山~大岳山を歩きましたが、御岳神社に参拝してから大岳山に向かい、岩場混じりの登山道を急登して大岳山に到着すると、山頂の南西側に雲一つない富士山が見えていました。

0026

27.群馬県 浅間連峰・水ノ塔山

 シーズン初めてのスノーハイクで水ノ塔山~篭ノ登山を歩きましたが、高峰温泉から登る途中で富士山が見え始め、山頂に到着した時には高峰山の稜線の先に白く霞んだ富士山が見えていました。(富士山の手前が瑞牆山です…)

0027

28.長野県 四阿山(2013年3月15日)

 四度目となった四阿屋山はあずまや高原から登ることにしましたが、残雪のトレースをたどって山頂に向かって登っていくと、南東側に見える篭ノ登山の先に真っ白な富士山が見えてきました。

0028

29.長野県 編笠山(2013年22日)

 この日は穏やかな好天に恵まれたこともあり、当初予定を変更して西岳から編笠山経由で下山することにしましたが、編笠山の山頂からは少し霞んだ甲府盆地の先に、見事な富士山を眺めることが出来ました。

0029

30.山梨県 笠取山(2013年5月17日)

 多摩川源流の山と紹介されている笠取山ですが、この時は作場平登山口から笠取小屋を経由する周回コースを歩き、山梨100名山の西峰に上がると南西寄りの柳沢峠の先に見事な富士山が聳えていました。

0030

31.群馬県 堂岩山(2013年5月24日)

 5年半前のリベンジを果たすべく野反湖畔の登山口から白砂山に向かいましたが、途中の八間山分岐の手前で堂岩山の山頂に上がると、南西側の山並みの上に白く霞んだ富士山が見えていました。

0031

32.長野県 浅間連峰・烏帽子岳(2013年6月23日)

 見頃になった湯の丸高原のツツジを楽しみに烏帽子岳~湯の丸山と歩きましたが、烏帽子岳の山頂から前烏帽子を振り返ってみると、南側の雲海上に富士山がちょこっと頭を出していました。(6月23日は富士山の世界遺産が決定した日でした…)

0032

33.群馬県 カモシカ平(2013年7月20日)

 この日はノゾリキスゲを見るため三壁山を経由してカモシカ平に向かいましたが、高沢山の分岐点からカモシカ平に下って行くと、満開のノゾリキスゲで黄色くなったカモシカ平の先に影絵のような富士山が見えていました。(右手前は奥秩父の国師ヶ岳です…)

0033

34.長野県 赤岳(2013年8月28日)

 二度目の赤岳は県界尾根コースで登りましたが、野辺山の登山口から1時間ほど登った崩壊箇所から見事な赤岳が見えていました。(左手前は茅ヶ岳と金ヶ岳…)
 その後、大天狗の先のクサリ場まで富士山が見えていましたが、赤岳展望荘が見える頃にはガスに包まれてしまいました。

0034

35.福島県 会津駒ケ岳(2013年9月18日)

 初めての挑戦だった会津駒ケ岳でしたが、寝不足の関係があったのか苦戦の山歩きとなり、長い登りが終わって避難小屋の手前から富士山が見えた時は、ホッとすると同時に苦労した甲斐があったことを実感しました。

0035

 会津駒ケ岳から富士山までの距離は約195kmで、これまで見えた富士山の中では一番遠いところになっています…

36.群馬県 角間山(2013年10月10日)

 冬場のスノーハイクの偵察を兼ねて雪山賛歌発祥の地の旧鹿沢温泉から登って行くと、角間峠を通過した辺りから富士山が見え始め、山頂からは地蔵峠の先の雲海上に富士山が頭を出していました。

0036

37.山梨県 三ツ峠山(2013年11月5日)

 富士山の展望台と紹介される三ツ峠山は表口登山道から歩きましたが、途中の股のぞき辺りから富士山が見え始め、見頃になった紅葉の先に白く冠雪した富士山を見ることが出来ました。(三ツ峠山で撮った写真は翌春の年賀はがきで使いました…)

0037

38.神奈川県 陣場山(2013年12月5日)

 奥高尾縦走路の偵察を兼ねて陣場山を歩くことにし、都県堺の和田峠から景信山までを往復しましたが、陣場山の山頂から見える富士山が一番良かったように思いました。

0038

39.群馬県 赤城・鍋割山(2013年12月24日)

 寒波の到来でこのシーズン初めて雪山歩きとなりました。
 北寄りの風が少し吹いていたものの素晴らしい好天となり、富士山を始め筑波山や東京スカイツリー、南アルプスなどが見えていました。(富士山の右手前は飛龍山です…)

0039

40.東京都 高尾山(2014年1月7日)

 2014年の初詣を兼ねて初めての高尾山を歩くことにし、高尾山~城山~小仏バス停の周回コースを歩いてみました。
 コース途中に富士山の展望箇所が何か所かありましたが、高尾山から見える富士山が一番良かったように思いました。

0040

41.栃木県 大小山(2014年1月16日)

 ガイドブックで低山ながら好展望と紹介されている栃木県足利市の大小山~大坊山を歩いてみました。
 大小山の標高は300mほどですが好天の時なら周囲の展望は素晴らしく、この日も南西側の市街地の先に白い富士山を眺めることが出来ました。(富士山の右手前は川苔山、左手前は御前山です…)

0041

富士山 遠望-Ⅲ に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 富士山 遠望-Ⅰ | トップページ | 富士山 遠望-Ⅲ »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/64210956

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山 遠望-Ⅱ:

« 富士山 遠望-Ⅰ | トップページ | 富士山 遠望-Ⅲ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック