« レンゲショウマ | トップページ | 篭ノ登山・池の平湿原(16.07.30 その2) »

2016年7月31日 (日)

篭ノ登山・池の平湿原(16.07.30 その1)



① 2016年7月30日(土)天候:曇り後晴れ
② 東篭ノ登山:2227.2m、水ノ塔山:2202m、見晴岳:2095m
③ コースタイム(総行動時間:6時間45分)
 池の平駐車場(07:30)===東篭ノ登山(08:15)===西篭ノ登山(08:45)===東篭ノ登山(09:15)===水ノ塔山(10:05~10:40)===東篭ノ登山(11:35)===池の平駐車場(12:10) ===三方ヶ峰(12:45~13:00)===見晴岳(13:25~13:30)===池の平駐車場(14:15)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:9.691km、累積標高:±825m)
160730001

 ようやく梅雨が明けしましたが今一つ天気が安定しないため、トレーニングと暑さしのぎを兼ねて近場の山に出かけることにし、土曜日の天気予報を見比べた結果、久しぶりに浅間連峰の篭ノ登山に行ってくることにしました。

 グリーンシーズンの篭ノ登山は7年ぶりになりますが、篭ノ登山~水ノ塔山だけでは少し物足らないこともあり、今回は高山植物の宝庫として紹介されている湯の平湿原にも足を延ばしてみることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口の湯の平駐車場(マップコード:85 893 215)までは約90kmで2時間ほど、湯の丸高峰林道の通行時間(07:00~17:00)から逆算して午前5時半に自宅を出発すると、上信越道経由で長野方面に向かいます。

 中部横断道の北佐久ICで高速を下りると一般道を走って高峰高原に向かい、車坂峠の分岐を左折して林道に入ると高峰温泉を抜けて池の平に向かいます。

 早朝で走る車も少なく湯の平駐車場(駐車料:500円)に午前7時過ぎに到着すると、広い駐車場には先着の車が5~6台停まっていました。(駐車場の水洗トイレが使えます…)

160730002

 自分も車を停めて準備をすると篭ノ登山の登山口からスタートします。

160730003

 歩き始めは緩やかな登山道でカラマツの樹林帯を抜けて先に進みます。

160730004

 5分ほどで前方が開けるとガスに包まれた東篭ノ登山が見えてきます。(高速の佐久JC辺りからは稜線が見えていましたが…think

160730005

 登山道の周辺では綺麗な花が咲いており、左上から①コオニユリ、②ヤナギラン、③オトギリソウ、④マルバダケブキのようで、今回は花を探しながら歩くことになりました。

1607300051

 15分ほど進むと樹林帯の緩やかな登りが始まりました。

160730006

 ここまでの間で新たに見かけた花で①アキノキリンソウ、②シシウド、③ハナチダケサシ、④シュロソウと思います。

1607300061

 30分ほどで樹林帯を抜けるとガレた岩々の登山道となりました。

160730007

 背後を振り返ると池の平の先に三方ヶ峰や見晴岳が見えました。

160730008

 さらに岩々の歩き難い登山道を進んで山頂に向かいます。

160730009

 駐車場から45分ほどで東篭ノ登山ですがガスが流れて周囲の展望はありません。(先着の人たちは水ノ塔山側から来たようです…)

160730010

 ガスは北側の嬬恋方面から湧いており、池の平湿原は何とか見えていました。

160730011

 山頂の写真を撮るとガスが切れるのを期待しながら西篭ノ登山に向かいます。

160730012

 少し進むと西側が開けますが湯の丸山はガスに覆われて見えません。

160730013

 さらに進むと西篭ノ登山が見えてきます。(時々ガスが薄れて山頂が見えます…)

160730014

 東篭ノ登山から15分ほどで最低鞍部を通過します。(樹林帯の先に山頂が見える…)

160730015

 鞍部から10分ほどで樹林帯を抜けると岩ゴロの登山道となりました。

160730016

 東篭ノ登山から30分ほどで西篭ノ登山に着きました。(二人連れが休憩中でした…)

160730017

 山頂から少し進むとガスの下に地蔵峠のスキー場が見えました。

160730018

 西篭ノ登山で写真を撮ると往路を引き返して東篭ノ登山に戻ります。

160730019

 鞍部から10分ほど登り返すと東篭ノ登山の山頂標識が見えてきました。(肉眼ではもう少し見えます…)

160730020

 東篭ノ登山に戻ると北東側に下って水ノ塔山に向かいます。(ガスで見えませんが…)

160730021

 少し下ると周囲が樹林帯となり岩場混じりの登山道を下って稜線に向かいます。

160730022

 山頂から10分ほど下るとアップダウンの稜線となりました。

160730023

 ここまでの間で新たに見かけた花で①コキンレイカ、②イチヤクソウ、③ジャコウソウ、④マツムシソウと思います。

1607300231

 少し進んで南東方向が開けると車坂峠の手前にアサマ2000スキー場が見えました。

160730024

 さらに進んで前方が開けると赤ゾレの先に水ノ塔山が見えてきました。

160730025

 振り返ると東篭ノ登山の山頂が見えていました。

160730026

 東篭ノ登山から30分ほどで赤ゾレの稜線を通過します。

160730027

 赤ゾレの稜線上の案内標識でここが中間点のなる感じです。

160730028

 ここまでの間で新たに見かけた花で①カワラナデシコ、②ミネウスユキソウ、③ハナニガナ、④イタドリと思います。

1607300281

 中間点を通過すると前方に水ノ塔山の山頂が見えてきます。

160730029

 少し進むと稜線の右下に高峰温泉が見えてきました。

160730030

 中間点から二つの小ピークを越えると水ノ登山が目前になりました。

160730031

 水ノ塔山の西側が岩壁のため北側を巻くように進んで山頂に向かいます。

160730032

 東篭ノ登山から50分ほどで水ノ登山に着きました。

160730033

 時々青空が見えて日が射しますが相変わらずガスが流れて展望は今一つです。

160730034

 水ノ登山の山頂で景色を眺めながら30分ほど昼食タイムを取りました。 

160730035

 昼食タイムを終えると往路を引き返して東篭ノ登山に戻ります。

160730036

 稜線の左下には赤茶けた斜面が見えますがここから落ちると無事では済みません。

1607300361

 転落に注意しながら稜線沿いの登山道を進みます。

160730038

 赤ゾレを通過すると時々樹林帯に入りますが前方の東篭ノ登山が大分近づきました。

160730039

 林道の先に見える高峰温泉はこれが見納めとなりました。

160730040

 さらに樹林帯を進んで東篭ノ登山の山頂に向かいます。

160730041

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« レンゲショウマ | トップページ | 篭ノ登山・池の平湿原(16.07.30 その2) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63991694

この記事へのトラックバック一覧です: 篭ノ登山・池の平湿原(16.07.30 その1):

« レンゲショウマ | トップページ | 篭ノ登山・池の平湿原(16.07.30 その2) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック