« 霧ヶ峰(16.07.07 その2) | トップページ | 北八ツ 天狗岳(16.07.19 その2) »

2016年7月20日 (水)

北八ツ 天狗岳(16.07.19 その1)



① 2016年7月19日(火)天候:晴れ
② 天狗岳:2645.8m
③ コースタイム(総行動時間:10時間55分)
 麦草峠駐車場(05:00)===丸山(06:00)===高見石小屋(06:20)===中山展望台(07:35~07:45)===中山峠(08:20)===東天狗岳(09:35~09:45)===西天狗岳(10:05~10:45) ===黒百合平分岐(11:20)===黒百合ヒュッテ(12:25) ===ニュウ分岐(12:45)===ニュウ(13:45)===白駒荘(15:05)===麦草峠駐車場(14:55)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:15.571km、累積標高:±1253m)
160719001

 梅雨空が続いたこともあり前回から12日ぶりの山歩きとなりますが、3年ぶりに北八ヶ岳の天狗岳に行ってくることにしました。

 3年前の天狗岳では桜平の駐車場周辺にアブが多くて閉口したため、今回は歩く距離が長くなりますが少し標高の高い草麦峠から歩いてみることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 麦草峠の駐車場(マップコード:218 806 593)までは約110kmで2時間ほど…、午前3時前に自宅を出発すると中部横断道の南佐久ICから一般道を走って現地に向かいます。

 早朝で走る車も少なく予定より少し早めに現地入りすると、駐車場には先着の車が5~6台停まっており、自分も車を停めるとすぐに準備を始めました。

160719002

 準備を終えると麦草ヒュッテ前の登山口から丸山方面に向かいます。(ヒュッテの玄関先に登山ポストがありました…)

160719003

 ヒュッテ前の草原を抜けると樹林帯の登山道を進みます。

160719004

 周辺の倒木や岩などに綺麗なコケが沢山付いており、白駒池周辺では苔の観察会などが行われているようです。

1607190051

 しばらく進むと歩き難い岩々の登山道となりました。

160719006

 駐車場から1時間ほどで丸山に着きました。(樹林帯の先は中山のピーク…)

160719007

 丸山を通過すると高見石に向かって下ります。

160719008

 15分ほどで高見石小屋に下りましたが高見石の岩峰はスルーします。

160719009

 高見石小屋を通過するとオコジョの森を抜けて中山に向かいます。(運が良ければオコジョに会えるそうですが…confident

160719010

 樹林帯の登山道ではあちこちでゴゼンタチバナが群生していました。

160719011

 さらに飛び石を渡るようにして岩々の歩き難い登山道を進みます。

160719012

 高見石小屋から1時間15分で中山展望台に上がりました。(二人連れは黒百合ヒュッテに泊まったそうです…)

160719013

 標識から少し進むと南側に天狗岳が見えてきます。(左奥は硫黄岳…)

160719014

 南西方向の雲海上に中央アルプスと御嶽山が見えました。

160719015

 少し右側が乗鞍岳と北アルプスで梅雨の晴れ間にこれだけ見えれば御の字です。

160719016

 北アルプス南部の山々で穂高連峰~槍ヶ岳~常念岳~大天井岳が見えました。

160719017

 さらに右側に立山と劔岳が見えますが北アルプス北部はガスに覆われていました。

160719018

 展望台で一休みすると先に進んで中山の山頂を通過します。

160719019

 さらに進むとニュウの岩峰が見えますが奥秩父の山々は雲海の下でした。

160719020

 中山の展望台から20分ほどでニュウの分岐点を通過します。

160719021

 分岐点から少し下ると谷間の先に稲子岳が見えてきました。

160719022

 切れ落ちた崖の縁に沿うように下って中山峠に向かいます。

160719023

 少し下って展望台に出ると硫黄岳~東天狗岳~西天狗岳が見えました。

160719024

 さらに5分ほど下って中山峠を通過します。

160719025

 中山峠を直進して樹林帯を抜けると天狗岳が見えてきます。

160719026

 右側の稜線の先には槍穂が見えますが、気温が上がってガスが上がってきました。

160719027

 少し進んで緩やかな稜線に出ると歩いてきた中山の稜線が見えました。

160719028

 さらに進むと岩々の急登が始まりました。

160719029

 20分ほど登って一息入れると中山の右側にニュウの岩峰が見えました。

160719030

 さらに左側の切れた岩稜を進んで行くと前方に天狗の鼻の岩峰が見えてきます。

160719031

 中山峠から50分ほどで黒百合平の分岐点を通過しました。

160719032

 分岐点から先に進んで天狗の鼻を巻いて登ると前方に東天狗の山頂が見えました。

160719034

 麦草峠から4時間半ほどで東天狗岳に上がりました。

160719035

 山頂の南東側には3年前に歩いた根石岳からの登山道が続いています。

160719036

 南側に南八ヶ岳の主峰群が見えますが、東天狗から横岳が見えないようです。

160719037

 湧き始めたガスの間から南アルプスの甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳が見えました。

160719038

 西天狗の左側に中央アルプスが見えますがガスが湧いて山座同定は出来ません。

160719039

 西天狗の右奥に北アルプスが見えますがこちらもガスが湧いてしまいました。

160719040

 デジカメをアップしてみると辛うじて槍ヶ岳のピークが見えていました。

1607190401

 中山展望台で見えなかった蓼科山ですが、こちらは少しガスが晴れてきたようです。

160719041

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 霧ヶ峰(16.07.07 その2) | トップページ | 北八ツ 天狗岳(16.07.19 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63941485

この記事へのトラックバック一覧です: 北八ツ 天狗岳(16.07.19 その1):

« 霧ヶ峰(16.07.07 その2) | トップページ | 北八ツ 天狗岳(16.07.19 その2) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック