« 奥日光 千手ヶ浜(16.06.11) | トップページ | 草津白根山(16.06.26 その1) »

2016年6月19日 (日)

湯の丸山・角間山(16.06.18)



① 2016年6月18日(土)天候:晴れ
② 湯の丸山:2101m、角間山:1980.8m
③ コースタイム(総行動時間:6時間35分)
 地蔵峠駐車場(06:12)===鐘分岐(06:49)===湯の丸山・南峰(07:33)====湯の丸山・北峰(07:50)==角間峠(08:37)===角間山(09:15~10:06)===角間峠(10:31)===鹿沢温泉分岐(10:42)===九十番観音分岐(11:14)===鐘分岐(12:17)===地蔵峠駐車場(12:47)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:11.168km、累積標高:±866m)
160618001

 6月3回目の山歩きは東御市観光協会のHPでレンゲツツジが見頃を迎えたとの情報もあり、前回から3年ぶりに湯の丸山高原のツツジ見物に行ってくることにしました。

 3年前のツツジ見物では烏帽子岳~湯の丸山と歩きましたが、今回は湯の丸山~角間山と周回し、行き帰りでツツジ平を歩いてみることにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口となる地蔵峠の駐車場(マップコード:516 020 894)までは自宅から約90kmで1時間半ほど…、午前6時15分に自宅を出発すると松井田ICから上信越道を走って長野方面に向かいます。

 小諸ICで高速を降りると浅間サンラインを走り、道の駅・雷電くるみの里の先から地蔵峠に向かいましたが、地蔵峠の大きな駐車場には沢山の車が停まっていました。

160618002

 準備を終えるとスキー場のゲレンデを登ってツツジ平に向かいます。(ロッジ花紋の前にある登山ポストに登山届を投函しました…)

160618003

 少し登って振り返りましたが駐車場近くのレンゲツツジが見頃でした。(左奥のピークは西篭ノ登山です…)

160618004

 15分ほど急登するとリフトの山頂駅を通過します。

160618005

 少し進んでツツジ平の放牧地に入るとレンゲツツジが見頃でした。(沢山のカメラマンが写真を撮っていました…)

160618006

 5月末の寒波襲来でツボミが傷んだのか?、前回に比べると花の数が少ないようです。

160618007

 さらに進むと湯の丸山の次に向かう角間山が見えてきました。(右奥は四阿山…)

160618008

 放牧地のレンゲツツジを少し眺めると登山道に戻って湯の丸山に向かいました。

160618009

 駐車場から35分ほどで鐘分岐を通過します。(角間山の帰りはここに戻ります…)

160618010

 鐘分岐を直進すると湯の丸山の急登が始まりました。

160618011

 少し登ると西篭ノ登山の左奥に浅間山が見えてきます。

160618012

 南寄りに金峰山が霞んで見えますが富士山は見えないようです。(遠望は難しそう…)

160618013

 さらにゴロ岩混じりの登山道を進んで山頂に向かいます。

160618014

 四阿山の右奥に御飯岳~横手山~草津白根山が見えました。

160618015

 鐘分岐から30分ほどで山頂が見えてきました。

160618016

 駐車場から80分ほどで湯の丸山の南峰に到着しました。

160618017

 烏帽子岳の右奥に北アルプスの山並みが見えますが、大分霞んでカメラでは上手く撮ることが出来ません。(肉眼ではもう少し見えました…)

160618018

 南側に奥秩父や八ヶ岳が見えますが、こちらも遠望は難しい状況でした…。

160618019

 一通り周囲を眺めると先に進んで湯の丸山の北峰に向かいます。

160618020

 北峰の岩場に登って南峰を振り返りました。(登山者が次々と登ってきます…)

160618021

 山麓のツツジ平が点々とオレンジ色に染まり沢山のハイカーが見えました。

160618022

 北峰で一通り景色を眺めると当初予定通りに角間山に向かいます。

160618023

 メインルートほどではありませんがハッキリした踏み跡のある登山道が続きます。

160618024

 少し下ると樹林帯に入りますが時々樹林帯が切れると角間山が見えました。

160618025

 北峰から45分ほどで案内図と東屋がある角間峠に下りました。

160618026

 角間峠を直進して少し登ると浅間山方面の展望が広がりました。(左手前は桟敷山…)

160618027

 登山道は角間山の南斜面に続いており4回ほど折り返しながら山頂に向かいます。

160618028

 角間峠から15分ほど登ると湯の丸山の右奥に烏帽子岳が見えてきます。

160618029

 さらに10分ほど進んで緩やかな稜線に上がると前方に角間山の山頂が見えてきます。

160618030

 角間峠から40分ほどで角間山の山頂に到着しました。

160618031

 浅間山の右手前に先日登った鋸岳~仙人岳の稜線が見えました。

160618032

 山頂北側は良く晴れており草津白根山の右奥に白砂山が霞んで見えていました。

160618033

 山頂東側は大分霞んでおり村上山の背後に浅間隠山や榛名山が見えました。

160618034

 山頂で50分ほど昼食タイムを取ると往路を戻って角間峠に戻ります。

160618035

 帰りは角間峠から左に下り湯の丸牧場を経由して鐘分岐に戻ります。

160618036

 角間峠から10分ほど下ると分岐点があり、道標に従って九十番観音に進みます。

160618037

 緩やかな登山道を下って行くと古びた東屋が立っていました。

160618038

 さらに薄い踏み跡をたどって下って行くと前方に西篭ノ登山が見えてきました。(この辺りが牧場だったようでワラビ採りをしている観光客を見かけました…)

160618039

 角間峠から30分ほどで九十番観音の分岐点に下ると、分岐道標に従ってコンコン平(ツツジ平)方面に向かいます。(湯の丸牧場の背後に角間山がそびえています…)

160618040

 湯の丸牧場からコンコン平に向かう人は少ないようですが、シッカリした踏み跡が続いており、何回か折り返しながら標高差で200mほど登り返します。

160618041

 分岐点から40分ほど登ると緩やかな登山道となりました。

160618042

 さらに10分ほど進むと湯の丸山に続く稜線が見えてきます。

160618043

 ほぼ予定した時間で鐘分岐に出るとツツジ平を歩いて駐車場に戻ります。

160618044

 10分ほどツツジ平の牧柵内を歩いて登山道に戻ると湯の丸山に別れを告げました。

160618045

 今回の山歩きで見かけた花々-Ⅰ ①レンゲツツジ、②サラサドウダンツツジ、③クサボケ、④ベニバナイチヤクソウ、⑤ツマトリソウ、⑥ゴゼンタチバナのようです。

160618047

 今回の山歩きで見かけた花々-Ⅱ ①マイヅルソウ、②イワカガミ、③ウマノアシガタ、④シャジクソウ、⑤ニワゼキショウ、⑥アヤメのようです。

160618048

 さらに下って鐘分岐から30分ほどで駐車場に戻ると、総行程6時間35分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る前に休暇村嬬恋鹿沢(入湯料720円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから北軽経由で帰宅しました。

 ※ブログに掲載出来なかった写真はデジブックに掲載しました…

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で100人単位ですが、湯の丸山~角間峠~角間山の間でも30人ほど見かけており、鹿沢温泉側から歩く人たちも多かったようです。

 前々から歩いてみたかった今回のコースですが、二つのピークを踏破するなら鹿沢温泉側から角間山~湯の丸山を周回し、帰りに鐘分岐から湯の丸牧場を経由して鹿沢温泉に下った方が面白そうに思いました。

 この周辺で歩いていないピークは村上山と桟敷山となりましたが、今年のスノーシーズン辺りに挑戦したいと思っています。(鍋蓋山は大分昔に鹿沢スキー場から登ったような覚えがあります…)

« 奥日光 千手ヶ浜(16.06.11) | トップページ | 草津白根山(16.06.26 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

湯の丸山、3年前に登りに行って、
急用ができ、レンゲツツジだけ見て帰りました。
リベンジと思っていますが、
いつのことになるやら??
角間山への周回コースがあるんですね。
やはり、この時期、ツツジの満開の時、
挑戦したいと思いますannoy

 湯ノ丸山は、15日に、烏帽子岳と一緒に歩いてきたばかりです。角間山へも行く計画ではありましたが、午後の天候が心配だったので、北峰まで行ってから断念しました。昨年と比べて、レンゲツツジの花つきがいまいちのような気がしました。
 湯ノ丸山からこんこん平を見下ろすと、オレンジが一面広がるのですが、今年は何かポツンポツンと緑の中に浮いているような感じを持ちました。
 私はいつも、烏帽子岳のハクサンチドリとベニバナイチヤクソウ・スズラン・ウラジロヨウラク等を楽しみにして歩いています。烏帽子岳西側斜面のレンゲツツジも、何となく花つきが悪いような印象を受けました。稜線上のアヤメが全て蕾だったから、時期的に早かった可能性が強いです。
 もう少し脚力があれば、角間山の南に位置する鍋蓋山まで行くのですが、その決心がなかなかつきません。寄れば8時間歩くことになりそうです。「いつかは」と、思いながら、もう3年も過ぎてしまいました。

マイン さん>おはようございます
山頂を目の前にしての帰宅は残念でしたね…
今回は角間山に周回しましたが、烏帽子岳の方が花の種類も多いようですし、
今の季節なら烏帽子岳~湯の丸山が良さそうに思いました。
湯の丸山の山頂からは360度の展望が楽しめますし、冬場はスノーハイクも
楽しめる山なので、是非リベンジされて下さい。

スロー人 さん>おはようございます
雨不足の関係なのか?、5月末の寒波のためなのか?、今年の湯の丸高原は
レンゲツツジの花に元気がなく、花付きが悪かったようでしたね…
今回は角間山に周回してみましたが花を楽しむなら烏帽子岳の登山道の方が
良かったように思いました。
湯の丸三山を歩くと15kmほどの周回コースになるようですし、その先の鍋蓋山
まで行くとなると、余程の健脚ハイカーでないと難しいと思います。
鍋蓋山を歩くなら鹿沢スキー場のユリ園が見頃の頃に、スキー場側から山頂を
往復した方が良いと思いますよ…

こんばんわ!みみたん☆彡です。
いつもぽちっとありがとうございます。

レンゲツツジ綺麗ですねnote
湯の丸山へは、みみも去年登りました~heart04
みみは7月後半ごろだったから全然知らなかった~。
お花の季節っていいですよねshine

また来ますheart02

みみたん☆彡

みみたん さん>こんにちは…
湯の丸山も8月下旬位になると秋の花が見られると思いますが、
7月下旬辺りだと端境期になるのかも知れませんね。
それと湯の丸山より隣りの烏帽子岳の方が花の種類も多いので、
次に登る機会があれば烏帽子岳と一緒に歩く方が面白い
と思いますよ…
VBA頑張って下さい!…confident

レンゲツツジのオレンジに染まる登山道歩き素敵ですねぇ~🌸
山頂からのパノラマも山並みが青い山!
青く見える山並みを眺めながら山メシを食べるのが好きですぅ
登ったことのある山を見るとテンションが上がりますしねup
実は湯の丸山、残雪期にトライしたのでレンゲツツジ色の山は初めて(´▽`)flair
山の良さを知るには春夏秋冬、登らんとダメですねぇ~shoe heart04

tuba姐 さん>こんにちは…
湯の丸山はレンゲツツジの頃が一番賑やかですね…
冬場は雪山入門コースで景色も素晴らしいのですが、あまり知られていないのか、
近くの黒斑山に比べると歩く人が大分少ないです。
季節によって山の印象が大分違いますし、一度登った位でその山が分ったつもりに
なってはダメなんでしょうね
新潟市周辺からは大分遠くて大変でしょうが、チャンスがありましたら花の季節に
再訪して下さい…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63799337

この記事へのトラックバック一覧です: 湯の丸山・角間山(16.06.18):

« 奥日光 千手ヶ浜(16.06.11) | トップページ | 草津白根山(16.06.26 その1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック