« 浅間 仙人岳(16.06.03 その2) | トップページ | 湯の丸山・角間山(16.06.18) »

2016年6月12日 (日)

奥日光 千手ヶ浜(16.06.11)



① 2016年6月11日(土)天候:晴れ
② 高山:1667.5m、千手ヶ浜:1270m
③ コースタイム(総行動時間:7時間00分)
 竜頭の滝駐車場(06:20)===竜頭の橋 (06:33)===高山(07:49)===熊窪分岐(08;22)===熊窪(08:50)===千手ヶ浜(09:07)===仙人庵(09:16~09:56)===西ノ湖(10:42~11:15)===千手ヶ浜(11:54)===熊窪(12:09)===赤岩(12:42)===竜頭の滝駐車場(13:20)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:17.029km、累積標高:±733m)
160611001

 前回から8日ぶりの山歩きはクリンソウが見頃になったと言うネット情報もあり、奥日光・中禅寺湖畔の千手ヶ浜に行ってくることにしました。

 今回で2度目となる千手ヶ浜ですが、前回は帰り道で小田代原を回ってみましたが、今回は高山に登ってからを群生地の仙人庵に向かうことにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点の竜頭の滝駐車場(マップコード=735 024 498)までは金精峠経由で自宅から約100kmで2時間弱…、午前4時過ぎに自宅を出発すると関越道~国道120号線を走って現地に向かいます。

 週末でしたが金精峠越えの国道を走る車も数えるほどで、ほぼ予定した時間で竜頭の滝の駐車場に到着すると、トイレのある駐車場には10台ほどの車が停まっていました。

160611002

 準備を終えると竜頭の滝沿いの遊歩道を登って高山に向かいます。

160611003

 遊歩道の途中に竜頭の滝の撮影ポイント(観瀑台?)が作られています。

160611004

 さらに登って竜頭の橋から滝の流れを撮ってみました。(今回は面倒がらずSSを落として滝を写してみました…)

160611005

 橋を渡ると高山の案内標識が立っており、少し進むとシカ避けゲートを通過します。

160611006

 高山に向かう登山道は1506ピークを右に巻くように続いています。

160611007

 少し進むと登山道の周辺で沢山のカラマツソウが咲いていました。

160611008

 15分ほど進むと稜線に向かう急傾斜の登山道となりました。

160611009

 登る途中で木々の間から日光白根山が見えました。(見えたのはここだけでした…)

160611010

 10分ほど急登して稜線に上がるとアップダウンの登山道となりました。

160611011

 ゲートから50分ほどで1565ピークを通過します。(案内図がありました…)

160611012

 さらに10分ほど進むと中禅寺湖が見えました。(湖面が見えるのはここだけです…)

160611013

 展望箇所から少し進むと山頂手前の急登箇所となりました。(2人連れが先行します…)

160611014

 シカ避けゲートから70分ほどで高山の山頂に着きました。

160611015

 山頂でサラサドウダンが咲いていましたが途中で見かけたシロヤシオとシャクナゲは花が終っていました。

160611016

 山頂の写真を撮ると千手ヶ浜に向かって山頂西側に下ります。(シロヤシオの花びらが沢山落ちていました…)

160611017

 岩場混じりの急斜面ですが左右に折り返しながら熊窪分岐に向かいます。

160611018

 山頂から25分ほどで熊窪分岐に下りました。(前回の高山の時は右に進みました…)

160611019

 道標に従って左手に進み中禅寺湖に向かって下ります。

160611020

 分岐点から20分ほど下ると緩やかな登山道となりました。(ここで行き会った人からクリンソウは最盛期を過ぎたようだと聞いて少し気を落としましたが…)

160611021

 さらに10分ほど進んで熊窪に下ると中禅寺湖周遊歩道に合さります。

160611022

 遊歩道から湖畔に出ると南東側に半月山~社山の稜線が見えました。

160611023

 遊歩道に戻ると先に進んで千手ヶ浜に向かいます。

160611024

 少し進むと左前方に黒檜岳が見えてきました。

160611025

 さらに進んで千手ヶ浜に到着するとバスに乗って来た人たちで賑やかになりました。

160611026

 遊覧船の船着き場の先には男体山が見えました。(今回は少し霞んでいます…)

160611027

 船着き場からさらに進んでクリンソウ群生地に向かいます。

160611028

 乙次郎橋を渡って仙人庵の群生地に到着するとクリンソウの花が見事でした。(1段目の花が終った株もありますが2段目の花が咲いて見応え確かなものでした…shine

160611030

 今回は日が高くなって明暗差が大きく、写真を撮るのが難しい時間になっていました。

160611031

 野生のクリンソウは赤い花のようですがこの群生地は白と赤が混じっています。

160611032

 風が少し吹いていたため水鏡の花が揺らいでいました。

160611033

 この日もカメラを持った人たちが沢山訪れていました。

160611034

 鮮やかな新緑の中でスポットに照らされたような紅白の花がとても綺麗でした。

160611035

 群生地内を30分ほど巡って写真を撮ると、当初の予定通り西ノ湖に向かいました。

160611036

 さらに千手の森歩道を進んで行くと周囲がミズナラからカラマツ林になりました。

160611037

 30分ほどで西ノ湖バス停からの遊歩道と合わさると柳沢川に架かる吊り橋を渡ります。

160611038

 橋を渡ると林道のような遊歩道を進んで西ノ湖に向かいます。

160611039

 ネット情報で見たように冬場の雪不足で西ノ湖の水が大変少なくなっていました。(これを見ればダムの水が少ないのが良く分かります…)

160611040

 西ノ湖で30分ほど昼食タイムを取るとUターンして千手ヶ浜に向かいます。(小田代原に向かうことも考えましたが予定通り周遊歩道から帰ることにしました…)

160611041

 吊り橋から10分ほど歩くと赤岩からの低公害バスが走る林道に合さりました。

160611042

 15分ほど歩いて観光客で賑わうバス停を通過すると間もなく千手ヶ浜が見えてきます。

160611043

 賑わう千手ヶ浜を通過すると周遊歩道を進んで菖蒲ヶ浜方面に向かいます。

160611044

 15分ほどで熊窪を通過しさらに15分ほど進むとトチノキが群生する栃窪を通過します。

160611045

 栃窪から少し進むと岩場と階段の混じった遊歩道となり、千手ヶ浜から50分ほどで赤岩の道標が立った展望箇所を通過します。

160611046

 赤岩からさらに40分ほど歩いて竜頭の滝駐車場まで戻ると、最後に竜頭の滝の写真を撮ってから帰ることにしました。

160611047

 帰宅の途中で奥日光方面の定番となった湯元温泉の休暇村日光湯元(入湯料:900円)に寄ることにし、汗を流してさっぱりしてから家路に就きました。

 ※ブログに掲載出来なかった写真はデジブックに掲載しました…

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の高山の登山道で見かけたは4人だけですが、クリンソウ群生地には100人単位の人たちが訪れており、帰りの周遊歩道でも5~60人の人たちを見かけました。

 2回目となる千手ヶ浜のクリンソウですが、現地到着が9時を過ぎて日が高くなっており、写真がメインならもう少し早い時間の方が良さそうです。

 今回はガイドブックで紹介していた高山のシロヤシオに淡い期待がありましたが、訪問時期が1週間ほど遅かったようで、途中の登山道に沢山の花びらが落ちており、クリンソウと一緒に楽しむのは次の機会に持ち越しとなりました。

« 浅間 仙人岳(16.06.03 その2) | トップページ | 湯の丸山・角間山(16.06.18) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

 シロヤシオとクリンソウの情報、ありがとうございました。両方を楽しめなくて、残念でしたね。
 私の方は同じ日に、奥志賀の裏岩菅山を歩いてました。烏帽子岳までの稜線歩きができたらと思っていたのですが、気力・体力共に伴わず手前で断念しました。360度の展望でしたが、歩いた山の数が少なすぎて、どこがどの山か全然わかりません。
 ひまじんさんが隣にいれば、どの山なみかたちどころに答えて下さったろうに、と思ってしまいました。この山行でたまたま一緒に歩くことになった長野市の方から北アルプスの山なみを教えて頂いたのに、全然歩いたことのない場所なので、ご教示頂いた中で唯一分かったのが槍ヶ岳だけでした。「山と高原地図」を忘れたのが、痛かったです。
 ノッキリから見る岩菅山は、野反湖の堂岩山分岐から見上げる白砂山の雰囲気によく似た山容です。2時間~3時間で到達できる岩菅山は、11時になったら急に続々と登山者が詰めかけてきて、賑やかな山頂になってしまいました。あと1時間かけて裏岩菅山まで行かれる方は、その前に岩菅山を通過していました。
 ここは、ひまじんさんにお勧めの山と思います。県庁から約100㎞なので、日帰りにはちょっと厳しいかなとおもいます。私は、前日車中泊で行って来ました。

スロー人>こんばんは…
高山のシロヤシオは1週間ほど早ければ両方見られたようですが、行きたい山は
アチコチありますので、今回はメインのクリンソウで良しとしました。
裏岩菅山から烏帽子岳は標準CTで往復4時間ですが、途中に3点確保の岩場が
あるようですし、健脚ハイカーでないと日帰りは大変なようです。
自分は2008年に裏岩菅山まで歩きましたが、雲が多く展望が今一つだったため、
展望のよい季節にリベンジしたいと思っています。
現在、草津白根の規制で早朝は万座経由になりますが、二度上峠越えで何とか
日帰り可能と思っています。

クリンソウ、綺麗ですねぇ~🌸
ひまじんさんが歩いたコースの近くに日光植物園があるのですが、そこでクリンソウの花を見たことがあるだけです。
湖面に咲く逆さクリンソウも素敵lovely
途中で山を眺めながら歩くのってイイですよねぇ~

17km超えの行程、お疲れ様でした。

tuba姐 さん>こんにちは…
仙人庵の群生地は個人の所有地で、持ち主の伊藤さんと言う方がクリンソウを
育成・管理しており、所有者の好意で一般開放しているようです。
元々千手ヶ浜周辺ではクリンソウが自生したようで、現在も林道沿いのあちこちで
野生の赤い花が咲いていました。
中禅寺湖の周遊歩道は所どころで湖畔を歩くことも出来ますし、健脚な人の中には
ここを一周する人もいるようですよ…coldsweats01

こんにちは~

昨年、千手ヶ浜へ出かけて同じクリンソウに風景を散策したので、懐かしく思いながら拝見させていただきました。
やっぱりここのクリンソウは素晴らしいですよね。
私はバスで行ったのですが、バスから見る風景も素敵で。。。。
川で鹿が水浴び?なのか。。。水のみをしていたのか。。。。
そんな自然の姿が見られました。

西ノ湖は。。。昨年よりも水が少ないように感じます~
何処も今年は水が少ないのかしら。。。。。
それにしても。。。。
よく歩かれたのではないでしょうか~
自分の足でこれほど歩けるのは財産ですね~

野花 さん>こんにちは…
自分は2年ぶりの再訪で前回が西ノ湖から小田代原に回ったので、今回は
シロヤシオに淡い期待を抱いて高山経由で歩きました。
おっしゃるように仙人庵のクリンソウは水面に映える花が、周囲の新緑とも
上手く調和して、何とも言えない良い雰囲気になると思います。
2年前の西ノ湖が湖畔に溢れそうなほど水が多かったこともあり、今回の水の
少なさには驚きましたし、これでは水不足になるな~と思いましたね…
次はバスを使うことも考えたいと思いますが、あのバス停の長い順番待ちを
見ると???になるんですよね~coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63766131

この記事へのトラックバック一覧です: 奥日光 千手ヶ浜(16.06.11):

« 浅間 仙人岳(16.06.03 その2) | トップページ | 湯の丸山・角間山(16.06.18) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック