« 浅間 仙人岳(16.06.03 その1) | トップページ | 奥日光 千手ヶ浜(16.06.11) »

2016年6月 4日 (土)

浅間 仙人岳(16.06.03 その2)

その1)から続く…

 稜線北側には見事な展望が広がりました。(御飯岳と横手山の間の小さなボッチは志賀の笠ヶ岳のようです…)

160603041

 稜線北東方向には尾瀬や日光方面の山々が霞んでいます。(二つの岩場の間に登ってきました…)

160603042

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 西側稜線の先に最終目的地の仙人岳が見えました。(最初の小ピークの手前で登山者が休んでいるようです…)

160603043

 鋸岳から少し進むとJバンドの分岐を通過します。

160603044

 最初の小ピークに上がると蛇骨岳から黒斑山に向かう稜線が見えてきます。(ここで休んでいたのは埼玉からの2人連れで車坂峠から歩いてきたと話していました…)

160603045

 稜線の先には黒斑山が見え第二外輪山の雄大な火口壁が見えました。

160603046

 南西側の八ヶ岳の稜線の先に南アルプスの仙丈ヶ岳が霞んでいました。

160603047

 南八ヶ岳の赤岳~横岳~硫黄岳が見え、少し右側に東・西天狗岳が見えました。

160603048

 剣ヶ峰の左側に金峰山と瑞牆山が見え、金峰山右上の雲間に富士山が見えました。

160603049

 さらに北アルプスを眺めながら虎ノ尾の岩稜帯を通過します。

160603050

 虎ノ尾を通過すれば仙人岳の山頂はもう間もなくです。

160603051

 駐車場所から3時間30分で仙人岳に到着しました。

160603052

 山頂からは見事な展望が広がっており北西側をパノラマ風に撮ってみました。

160603053

 左から蓮華岳~立山~剣岳~鹿島槍のようです。(手前は西篭ノ登山と湯の丸山…)

160603054

 少し右側に五竜~唐松岳~天狗尾根~白馬三山が並びます。

160603055

 北西側に火打山と妙高山が見え、左側の焼山から噴煙が上がっていました。(右手前は根子岳のようです…)

160603056

 山頂北側もパノラマ風に撮ってみました。

160603057

 岩菅山の右側に苗場山~佐武流山~堂岩山~白砂山が見え、佐武流山の手前に草津温泉街が見えました。

160603058

 北東方向には平標山~仙ノ倉~万太郎山~一ノ倉岳~谷川岳などが見えました。

160603059

 少し右側に至仏山と燧ヶ岳が霞んでおり、その右側が先日の上州武尊山のようです。

160603060

 さらに右側に日光白根山~女峰山~男体山~皇海山が見えました。(少し手前は小野子三山と子持山です…)

160603061

 浅間山の右奥に白岩山~雲取山~和名倉山~飛龍山が見え、白岩山の左手前に両神山が見えました。(手前に荒船山や兜岩山など西上州の山々が並びます…)

160603062

 金峰山の先の富士山は雲に隠れたようです。

160603063

 山頂で一緒になった100名山狙いの大阪の人と情報交換を行い、景色を眺めながら40分ほど昼食タイムを取りました。

160603064

 休憩を終えると往路を戻って下山を始めます。

160603065

 帰りは虎ノ尾の岩稜を左に巻きました。

160603066

 鋸岳まで戻ってくると仙人岳の山頂に別れを告げました。

160603067

 さらに鋸岳の先端まで進むと見納めの赤城・榛名の山々に別れを告げました。(山腹の黒い箇所は天明大噴火の溶岩流です…)

160603068

 最後に八ヶ岳に別れを告げて馬鹿尾根を下り始めました。

160603069

 帰りのルートには往路の踏み跡も残っており、ザレた斜面をピッチを上げて下りました。

160603070

 稜線から20分ほど下ると前方に2046ピークのシラハゲケルンが見えてきます。

160603071

 シラハゲケルンを通過すると左下に見えてくる尾根山頂に向かって下ります。(この辺りはガスに包まれると迷いそうなところでした…)

160603072

 稜線から30分ほどで大分下ったことが分かりました。(一番右が仙人岳のピーク…)

160603073

 山頂から1時間10分で尾根山頂に下りました。

160603074

 帰りは屋久島シャクナゲを見ることにし、下る途中から東登山口に向かいます。

160603075

 山頂から1時間50分で遊歩道入口近くまで下ると駐車場所はもう間もなくです。

160603076

 今回の山歩きで見かけた花々-Ⅰ ①アズマシャクナゲ、②ゴゼンタチバナ、③マイズルソウ、④ミネズオウのようです。(ミネズオウを一番多く見かけました…)

160603077

 今回の山歩きで見かけた花々-Ⅱ ①コマクサ、②コケモモ、③ツガザクラ、④イワカガミのようです。(尾根頂上の前後の登山道はイワカガミ・ロードでした…)

160603078

 シャクナゲ園で見かけた屋久島シャクナゲです。(紅白混じって咲いていました…)

160603079

 受付テントに寄って入園料を支払い、さらに歩いて駐車場所に戻ると、総行程6時間15分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る途中で嬬恋高原・ツツジの湯(入湯料:600円)に寄りましたが、車に着替えを積み忘れたのに気付きやむなく直帰することになりました…coldsweats01

 ※ブログに掲載出来なかった写真はデジブックに掲載しました…

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で3人ですが、埼玉からのカップルは自分たちもシャクナゲ園からのコースを登りたいと話しており、100名山の91座を登ったと言う大阪の人は入山規制で前掛山に登れないのが残念と話していました。

 ネットで調べると幾つかのレポが見つかる今回のルートですが、悪天候でガスが湧かなければ特に危険な個所もなく、登山道の途中にポールを立てるなど少し整備してもらい、火山情報に注意して対応すれば、展望の良い人気コースになると思いました。
(その後、一部の区間が私有地のためルートの整備・公表は出来ないとの情報を頂きました…)

 前回の反省を踏まえ少し多めのスポーツドリンクを準備しましたが、冷たい風が吹いて湿度が低かったこともあり、0.5㍑程度使っただけで大半は処分することになりましたが、当日の天気によって消費量が大分違ってくると改めて実感しました。(天気予報で蒸し暑いとかは聞きますが、湿度まで確認しないハイカーが一般的なんでしょうね…)

« 浅間 仙人岳(16.06.03 その1) | トップページ | 奥日光 千手ヶ浜(16.06.11) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじん様
いつもブログ拝見させていただいております。
今回は通称バカ尾根を使っての浅間外輪山でしたね。
お疲れ様でした。
展望に優れたこのルートを広く紹介すれば高峰からの一極集中も分散されると思うのですが、このルートの表記されたものはありません。
何故かというと、個人の私有地を通るからです。
なので、今後も一般に公開はできないそうです。
残念ですね。
よろしくお願い致します。

GAZA さん>こんにちは…
このコースはネットのレポートで知りましたが、シャクナゲ園が村有地のようですし、
浅間山の火山災害の関係で利用を抑えているんだろうと思っていました。
立派な駐車場がありますし整備すれば人気コースになると思いましたが、私有権の
関係があるとすれば整備・公表は難しいことでしょうね…
ネットで調べるとシラハゲの標識が写っている写真もあり、シラハゲの名称からして
地元の人たちの隠れコースとも思いました。
私有地を通過させていただきましたしその旨はレポートに記載したいと思います。
貴重な情報有難うございました…

ひまじん様
対応ありがとうございます。
当方「グラフぐんま」という県の広報誌で名山探訪という群馬の山を紹介するコーナーを担当している者です。
以前に記載しようと関係各所に取材したときに解った事です。
今、群馬ロングトレイルと称して白毛門~四阿山をトレイルで結ぶ計画に参加しているのですが、地権がらみのややこしい事がたくさんあります。
よろしくお願い致します。

GAZA さん>こんばんは…
自分のレポが原因でトラブルになっても不本意なことですし、正確なところを
教えてもらって良かったと思っています。
グラフぐんまは現役時代に良く読ませてもらいましたが、リタイヤ後は目にする
機会もないので懐かしく思いました。
ロングトレイルの話しは上毛新聞で見た覚えがあり、稲包山と白砂山の間が
大変だろうな~と思ったことがありました。
あの辺りは人里離れた県境稜線ですし、管理・運営サイドもエスケープルートの
設定だけでも大変だろうな~と思いますね。
信越トレイルのように上手く運営できるよう頑張って下さい…
色々有難うございました。

素晴らしい眺望の数々。
これだけのお山が一度に見られるのはなかなかないのでは?
お天気も良く、最高な登山日和でしたね。
自分が登ったお山が眺められると、特に感動します。

お花もいろいろ見られたし、いうことなしすね。
なかでも。。。。屋久島シャクナゲは美しいですね。
屋久島で最初に発見された花なのでしょうネ。

コマクサも。。。美しく咲いて。。。。この花は永遠の憧れ!です。
もうこの時期から咲くのですね。

野花 さん>こんにちは…
この季節には珍しく2回連続で景色を楽しむことが出来ました…。
これで稜線に上がった時にクリアな富士山が見えればもっと良いのでしょうが、
そんなに見えちゃうと次が行き難くなりますのでこれでいいんでしょうね~
屋久島シャクナゲは屋久島で見つかった花ですが、近年は園芸品種化されて
おり、シャクナゲ園の花は地元の園芸業者が全部寄付したそうです。
今年はコマクサの開花も早いんでしょうかね~、首都圏方面から少し時間が
かかりますが、草津白根山には地元の人たちが管理している大変大きなコマ
クサ群落がありますので、まだ行ったことがなければ是非一度訪れてみて
下さい…。
ハイキングと花と温泉を一緒に楽しめますよ…scissors

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63729678

この記事へのトラックバック一覧です: 浅間 仙人岳(16.06.03 その2):

« 浅間 仙人岳(16.06.03 その1) | トップページ | 奥日光 千手ヶ浜(16.06.11) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック