« 上州武尊山(16.05.29 その1) | トップページ | 浅間 仙人岳(16.06.03 その1) »

2016年5月30日 (月)

上州武尊山(16.05.29 その2)

その1)から続く…

 さらに進むと岩稜帯の先に沖武尊と中ノ岳が良く見えました。

160529040

 登山道はヤセた岩稜沿いに続いており転倒・滑落に注意しながら先に進みます。

160529041

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 少し進んで歩いてきた家ノ串山を振り返りました。

160529042

 ヤセ尾根のアップダウンの登山道はさらに続きます。

160529043

 最低鞍部から10分ほど進んで樹林帯を抜けると中ノ岳が大分近付きました。

160529044

 家ノ串山から30分ほどで中ノ岳の分岐点に着きました。

160529045

 標識に従って少し進むと武尊山(沖武尊)が見えてきます。(この先が結構長い…)

160529046

 少し進むと笹清水の水場がありますがパイプの水は流れていません。(今年は雪不足で渇水なんでしょうね…

160529047

 登山道から南側の展望が広がりますが富士山は雲に隠れてしまいました。

160529048

 さらに進んで三ツ池の標識を通過すると小さな雪田が残っていました。

160529049

 さらに進んで少し登り返すと山頂手前の日本武尊像を通過します。

160529050

 山頂方面を見ると沢山の登山者で賑やかなようです。

160529051

 さらに登って歩いてきたルートを振り返りました。

160529052

 登山口から5時間弱で武尊山(沖武尊)に到着しました。(山頂は賑やかでした…)

160529053

 山頂西側には見事な展望が広がっていました。

160529054

 すぐ西側に谷川岳~一ノ倉岳~茂倉岳の稜線が続いています。

160529055

 その右側が馬蹄形縦走の山々で真ん中辺りに先日の白毛門が見えました。

160529056

 南西方向の四阿山と草津白根山の間に槍と穂高が霞んで見えました。

160529057

 少し右側に白馬槍ヶ岳~白馬岳の山並みが見えました。

1605290571

 苗場山の右奥に残雪の妙高山が霞んでいました。

160529058

 北西方向に残雪の巻機山が良く見えました。

160529059

 少し右側の稜線の先に八海山の山頂が見えました。

1605290591

 さらに北寄りに中ノ岳と越後駒ケ岳、兎岳が見えました。

160529060

 至仏山の左側に平ヶ岳が見え、その左奥は荒沢岳のようです。

160529061

 北東方向の燧ヶ岳の左奥に会津駒ケ岳が見えています。

160529062

 日光白根山の左奥に女峰山、右側に男体山が見えました。

160529063

 山頂で30分ほど昼食タイムを取ると往路を戻って下山を始めます。

160529064

 帰りは流石に早く山頂から15分ほどで三つ池を通過します。

160529065

 中ノ岳の分岐点まで戻って山頂を振り返りました。

160529066

 帰りは往路で撮り忘れた綺麗な花を探しながら戻ります。

160529067

 山頂から1時間弱で岩稜帯の最低鞍部を通過しました。

160529068

 さらに進んで家ノ串山を通過するとゲレンデ中腹のレストランが見えました。

160529069

 帰りに登ったトサカ岩の岩峰から沖武尊~中ノ岳~家ノ串山を振り返りました。(巻道の方が無難です…)

160529070

 さらに戻って前武尊を通過すると片品村の中心部を眺めました。

160529071

 山頂から2時間40分ほどでスキー場のゲレンデトップまで下ってきました。

160529072

 さらにゲレンデ内を下って林道出合から樹林帯に入りますが、ここまで下れば駐車場まで残り20分ほどになりました。

160529073

 今回の山歩きで見かけた花々-Ⅰ ①ムラサキヤシオ、②ミツバオウレン、③ムシカリ、④ミネザクラと思います。(ミツバオウレンとミネザクラを沢山見かけました…)

160529074

 今回の山歩きで見かけた花々-Ⅱ ①アズマシャクナゲ、②イワカガミ、③イワナシ、④マイズルソウと思います。(アズマシャクナゲとマイズルソウを沢山見かけました…)

160529075

 さらに往路を下って山頂から4時間弱で駐車場に戻ると、総行程9時間25分で今回の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で花の駅・花咲の湯(入湯料:650円、ロッカー100円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で50人ほどですが、川場野営場から歩いた人たちを含め、岩稜帯のコースで行き会ったのは10人ほど、帰りに登山口の駐車場に停まっていた車は5~6台でした。(武尊神社から登った人たちが多かったようです…)

 前々から計画だけは作ってあったオグナほたか口コースですが、ゲレンデ内で日陰がなく少し暑いのが残念ですが、登る途中でも周辺の景色も楽しめるため、もう少し歩かれても良さそうなコースと思いました。

 今回のオグナほたか口コースで上州武尊山の3方面のコースを歩きましたが、次に歩く機会があれば川場スキー場からのルートか、武尊牧場コースのリベンジに挑戦したいと思っています。

 今回は暑さを想定して2.2㍑ほどのスポーツドリンクを持ちましたが、帰りの道中が暑かったこともあり、登山口に到着した時は残量ゼロとなっていました。
 一応、予備として昼食用のお湯の入った山専ボトルがありましたが、普通のペットボトルを持った方が融通が利くのかも知れません。

« 上州武尊山(16.05.29 その1) | トップページ | 浅間 仙人岳(16.06.03 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
素晴らしい天気に恵まれ木々の緑が青空に映えてますね。
このコースは上州武尊山の数ある登山コースの中で唯一歩いていません。
ゲレンデトップまでの距離が長くゲレンデ歩きはつらそうというのが原因です(*_*;
ひまじんさんのレポでその思い込みが間違いだったのかなと思いました。
ゲレンデ歩きはつらそうですが時々山道に入るんですね。
展望もよさそうだし、いつか歩いてみてもいいかなあと思った次第です。
でじブックもしっかり堪能させていただきました。
上州武尊山、やはりいい山ですねえ。

kyou さん>こんばんは…
三度目の正直でようやく周囲の景色を楽しむことが出来ました…
家ノ串山を通るコースは川場野営場から登るのが一般的ですが、ガイド本を
見るとオグナほたか口コースの展望が良さそうなため、こちらの登山口から
登ってみました。
ただ景色が良い分日影がなく、林道出合から一番上のゲレンデの中間まで、
約2kmほどは皇海山などを背にしてゲレンデ内を歩くことになります。
なので日が高くなると暑くて大変なため、早めのスタートで高度を稼ぐことに
しましたが、今回は風もあったので帰りもそれほど暑くはありませんでした。
景色が良い山だし国体の登山競技に使われるのが分かりますね…


武尊山いいお山ですね~!
360度の展望、
いろいろな山が手に取るように見えて素晴らしいです
先日登った山から、武尊山が見えてました。
行程9時間体力いりますね。
アップダウンもかなり。
もう少し体力つけてから挑戦したいです。

マイン さん>こんばんは…
今回は特別天気が良かったのかも知れません。
10時頃には富士山が見えなくなりましたが、湿度が低く空気が澄んで
いたのか、周辺の100名山のオンパレードでした。
武尊山は4方向に登山口があり、一番歩きやすそうなのが武尊牧場の
コースで、夏山リフトを使って往復8時間位と思います。
マインさんの体力・持久力がどの位なのか分かりませんが、100名山の
体力度順で見ると越後駒ケ岳と同じ難易度・体力度なので、越後駒が
OKなら行けると思います。(山頂近くに避難小屋はありませんが…)
山歩きは気持ちの問題もありますし、体力に自信が付いたら、好天を
狙って挑戦してみて下さい…

こんにちは✿
上州武尊山はたくさんの登山口があるのですね!
ひまじんさんは、今回オグナほたかから登られたのですね。
ゲレンデを登るのだけでも暑いと、体力消耗するような
以前、磐梯山登ったとき猪苗代スキー場?だったかと思うのですがかなりゲレンデ登りましたが木陰がなく結構な斜度で登山道に到着すると結構ヨレヨレでした(^^ゞ
そんなことを思い出しながら拝読しました^^
冬、川場スキー場から見る武尊は北アルプスにも劣らないような山容でスキー場からアイゼン付けて登る人が羨ましかったです
百名山、群馬を代表する名峰なので体力が付いたら登りたい山ですが、冬は無理としてどこの登山口がおすすめですか?(゚▽゚*)
今回の山行、お天気に恵まれ、山頂からこんなにたくさんの山々が見えるなんて驚きです
因みに、この日は筑波山周辺は暑く、完全に靄がかかり近くの霞ヶ浦、スカイツリーもまったく確認できずでしたこの差はなんでしょう
これはひまじんさんの日頃の行いのよさが山に表れたのですね

らるご さん>こんばんは…
上州武尊の登山口は大きく分けると4方向です。
今回は南東側の前武尊経由のコースで、スキー場と前武尊で川場野営場からの
コースと一緒になっています。
今回は日差しが強かったものの、湿度が低くて風もあり、比較的に過ごしやすかった
ように思いました。(風がないと暑くて大変です…)
川場スキー場からのコースは歩いてみたいと思っていますが、今年は雪が少なかった
こともあり、行きそびれてしまいました。
これまで武尊神社と武尊牧場のコースを歩いていますが、三つを比べると夏山リフト
が使える武尊牧場コースが標高差も少なく歩きやすいと思いますね。
いずれも途中にクサリ場がありますが、武尊牧場の方が登りやすいと思いました。
今回の好展望は北から冷たい寒気が入ったためのようで、筑波山辺りまで寒気が
届かなかったせいだと思いますよ…(笑)
それにしてもこんなに見えるのは珍しいことだと思いましたね…

こんにちは♪
9時間25分の山行、お疲れ様でした。
いいなぁ~♪
山頂からの展望バッチリですね(*゚▽゚)ノ
こんな風に360度のパノラマが楽しめたらなぁ~って(^^♪
2度の武尊山トライで、まだ、良い景色をGET!できずにいます
次に挑戦する時は、アタシもいい景色を見るぞぉー!

tuba姐 さん>こんにちは…
自分も三度目の正直の上州武尊山で、今回は展望に恵まれましたが
今の季節でこんなに見えるのは珍しいことだったと思います。
武尊山は山頂までのアプローチが長く、どの登山口から登っても簡単では
ありませんが、好天なら遠望が楽しめと言うことを実感しましたね。
関東も梅雨入りして1週間ほど経ちますが、ハッキリしない天気が続いて
山歩きのタイミングが難しいようです…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上州武尊山(16.05.29 その2):

« 上州武尊山(16.05.29 その1) | トップページ | 浅間 仙人岳(16.06.03 その1) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック