« 赤城 黒檜山(16.05.03) | トップページ | 榛名 水沢山・相馬山(16.05.08 その2) »

2016年5月 9日 (月)

榛名 水沢山・相馬山(16.05.08 その1)



① 2016年5月8日(日)天候:晴れ
② 水沢山:1194.4m、相馬山:1411m
③ コースタイム(総行動時間:8時間30分)
 水沢寺駐車場(06:50)===お休み石(07:29)===12石仏の尾根(08:04)===水沢山(08:25~08:34)===水沢山西登山口(08:59)===オンマ谷分岐(09:31)===オンマ谷駐車場(10:04)===相馬山登山口(10:29)===相馬山(11:17~11:50)===相馬山登山口(12:27)===オンマ谷入口分岐(12:36)===森林公園管理棟(13:08)===水沢山西登山口(13:32)===船尾滝分岐(13:40)===船尾滝(14:35)===水沢寺駐車場(15:20)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:18.513km、累積標高:±1392m)
160508001

 週明けの天気予報が芳しくないためGW最終日の山歩きとなりますが、道中のツツジを期待して前回から7年半ぶりに榛名の二ツ岳に行って来ることにしました。

 しかし、少し早めに水沢観音をスタートし水沢山までは順調でしたが、西登山口の手前で二ツ岳の登山道が岩壁崩落で通行禁止と言う話しを聞いたため、途中でルートを変更し今回は二ツ岳をスルーして相馬山まで行って来ることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口の水沢観音の駐車場(マップコード:94 818 325)までは約15kmで30分ほど…、午前6時に自宅を出発すると県道25号線~15号線と走って伊香保方面に向かいます。

 途中のコンビニに寄って昼食を準備しましたが、ほぼ予定した時間で水沢観音の駐車場に到着すると、大きな駐車場には登山者の車が10数台停まっており、数人の常連さん?が歩く準備をしていました。

 すぐに車を停めて準備をすると駐車場の先に聳える水沢山に向かってスタートします。

160508002

 駐車場の裏側の林道を進んで登山口に向かいます。(左は水沢観音からの登山道…)

160508003

 駐車場から10分ほどで登山口を通過します。

160508004

 登山道に進むとボランティアで整備された登山道を登ります。(初めから急登です…)

160508005

 登山口から15分ほどで稜線に上がると山頂まで1.35kmの標識が立っています。

160508006

 さらに良く整備された階段道を登りますが、10分ほど登ると山ツツジが咲き始めました。

160508007

 予定より少し早く登山口から30分ほどでお休み石に到着しましたが、行き会った常連さんから二ツ岳の登山道が崩落したと言う話しを聞きました。(この時は通行禁止になっているとは思っていませんでした…)

160508008

 お休み石を通過すると岩場混じりの登山道が始まりました。

160508009

 しばらく登ると登山道周辺でトウゴクミツバツツジが咲き始めました。

160508010

 駐車場から75分ほどで12石仏の尾根に上がりました。

160508011

 ここからは素晴らしい展望を広がりますが今回は大分霞んで遠望が難しいようでした。

160508012

 南西側に見える妙義山の右奥に八ヶ岳の山々が霞んでいました。

160508013

 一通り周囲を眺めると先に進んで山頂に向かいます。

160508014

 登山道の周辺ではトウゴクミツバツツジが見頃になっていました。

160508015

 少し進むと展望の良い小ピークがありますが、南東方向は白く霞んで何も見えません。

160508016

 さらに進むと稜線の先に水沢山の山頂が見えてきます。

160508017

 少し進んで山頂の東肩に上がると石祠の周囲でツツジが沢山咲いていました。(赤い山ツツジはツボミでした…)

160508018

 振り返ると歩いてきた稜線の先に赤城山が霞んでいます。

160508019

 さらに進むと駐車場から1時間半ほどで水沢山に着きました。(山頂に居合わせた人たちとGW中の遭難事故などを情報交換しました…)

160508020

 南西側の妙義山に右奥に白く霞んだ八ヶ岳が何とか見えました。

160508021

 北側は少し霞んでいますが上越国境の山々が良く見えています。

160508022

 小野子三山の中ノ岳の先が谷川岳ですぐ左側に一ノ倉岳が見えました。

160508023

 小野子山の先に笠ヶ岳と朝日岳が見えました。

160508024

 北東方向の子持山の先に雪の少ない上州武尊山が見えています。

1605080241

 さらに右側が日光方面で日光白根山と皇海山が見えました。

160508025

 一通り景色を眺めると山頂西側に進みますが少し下ると無線中継等が見えてきます。

160508026

 山頂から10分ほど下ると緩やかな稜線となりました。

160508027

 15分ほどで電波中継塔となりますが登山道は施設の手前を右に下ります。

160508028

 さらに水沢山の西登山口に向かって進んで行きますが、ここで行き会った夫婦連れの人たちから二ツ岳の登山道が通行禁止になっており、こちらに来たと言う話しがありました。

160508029

 水沢山から25分ほどで西登山口に下ると林道を渡って二ツ岳方面に向かいます。

160508030

 すこし進むと先ほどの話しのように通行禁止の案内チラシがありました。(雄岳の登山道の岸壁が崩れたため登山道が通行止めでした…)

160508031

 新緑の季節でもあり二ツ岳周辺をハイキングするコースも良いのですが、前に水沢山~二ツ岳~相馬山の往復コースを下調べしたこともあり、今回は二ツ岳をスルーして相馬山まで行って来ることにしました。(長時間コースのため実行を見送っていました…)

160508032

 少し進んでつつじヶ峰の東屋に寄って見ると上越国境の山々が良く見えました。

160508033

 北西方向に残雪の少ない白砂山が見えますが、その右手前に薄く霞むのが遭難事故のあった高田山のようです。(ご冥福をお祈りします…)

160508034

 さらに進むと樹林帯越しに二ツ岳の雌岳が見えてきます。

160508035

 登山口から25分ほどで通行禁止になった相馬山の分岐点を通過します。(このルートが再整備されて通行可能になると面白い周回コースになるのですが…)

160508036

 分岐点から少し進むと樹林帯の先に相馬山が見えてきます。

160508037

 上野原林道から30分ほどでオンマ谷の分岐点に着くと雌岳側にロープが張られて通行禁止になっています。(チラシの通行禁止区間は雄岳側だけでしたが…)

160508038

 分岐を直進してオンマ谷に下ると木道を改修していました。(改修工事は休工中…)

160508039

 さらに進んで岩々の登山道を抜けるとマユミの原を通過します。

160508040

 マユミの群生地を抜けて少し登るとオンマ谷風穴が見えました。

160508041

 分岐点から30分ほどでオンマ谷を抜けると駐車場になりました。(トイレが改修工事中で雄岳に向かう登山道に通行禁止のロープが張ってありました…)

160508042

 オンマ谷を通過すると先に進んでヤセオネ峠に向かいます。(左前方が相馬山…)

160508043

 ヤセオネ峠に向かって進むと雄岳の裏側が見えてきました。

160508044

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 赤城 黒檜山(16.05.03) | トップページ | 榛名 水沢山・相馬山(16.05.08 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63603339

この記事へのトラックバック一覧です: 榛名 水沢山・相馬山(16.05.08 その1):

« 赤城 黒檜山(16.05.03) | トップページ | 榛名 水沢山・相馬山(16.05.08 その2) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック