« 西上州 トヤ山・毛無岩(16.04.26 その2) | トップページ | 榛名 水沢山・相馬山(16.05.08 その1) »

2016年5月 4日 (水)

赤城 黒檜山(16.05.03)



① 2016年5月3日(火)天候:曇り時々晴れ(強風)
② 黒檜山:1828m
③ コースタイム(総行動時間:4時間30分)
 赤城大沼駐車場(08:20)===黒檜山登山口(08:37)===猫岩(08:58)===駒ケ岳分岐(10:06)===黒檜山(10:10)===展望台(10:18~11:00)===黒檜山(11:09)===黒檜山大神(11:13)===大タルミ(11:43)===駒ケ岳(12:02)===稜線分岐(12:13)===駒ケ岳登山口(12:44)===駐車場(12:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:6.054km、累積標高:±686m)
160503001

 GW期間中は行楽客の車が多く遠出するのも大変ですが、今年の五月連休は孫と一緒に赤城の黒檜山を歩いて来ることにしました。

 朝起きると周辺の山々が見えない曇り空でしたが、赤城山に向かう途中で雲の間から陽が射し始めたこともあり、予定通り黒檜山~駒ケ岳を時計回りで周回することにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる赤城大沼の駐車場(マップコード:261 457 352)までは約35kmで1時間ほど…、午前7時過ぎに自宅を出発すると前橋市内を抜けて赤城山に向かいます。

 当日は曇り空で天気が悪い時は鍋割山でも…と思っていましたが、姫百合駐車場を通過する頃から上空が明るくなり、新坂峠を越える頃には陽が射し始めていました。(ガスは流れていましたが…)

 ほぼ予定通りの時間で大沼の駐車場に到着すると、広い駐車場には登山者の車が沢山停まっており、車を停めて準備をすると黒檜山に向かってスタートします。(相方は今回も気合いが入っていました…)

160503002

 先ずは大沼沿いの県道を歩いて黒檜山登山口に向かいます。

160503003

 駐車場から15分ほどで黒檜山の登山口となりました。(登山口近くの駐車場でも数人の人たちが準備をしていました…)

160503004

 登山口から岩々混じりの登山道が始まり、スリップに注意しながら急登して行きます。

160503005

 少し登ると大きな岩を左に巻くように進みます。

160503006

 緩やかな登山道はすぐに終わって再びガレた急登となりました。

160503007

 15分ほどで稜線に上がると赤城神社が見えました。(地蔵岳はガスで見えません…)

160503008

 ガレた稜線を少し進むと猫岩の案内標柱を通過します。

160503009

 登山道の前方には山頂方面の稜線が見えてきました。

160503010

 今回はGW中でもあり登山道では沢山の登山者と行き会いました。

160503011

 猫岩から20分ほどで二つ目の展望箇所がありますが、ガスが流れて赤城神社が見えるだけでした。

160503012

 さらに進んでガレ場を抜けると稜線が良く見えました。(上の方が天気が良さそう…)

160503013

 大勢の登山者に混じってガレた登山道を折り返しながら登ります。

160503014

 登山口から登り始めて1時間20分…、山頂稜線が大分近付きました。

160503015

 さらに10分ほど登ると駒ヶ岳の分岐点に着きました。

160503016

 分岐点から左に進むと黒檜山の山頂はもう間もなくです。

160503017

 沢山の登山者の合間を縫って記念写真です。(周辺で大勢の人たちが休憩中でした…)

160503018

 賑やかな山頂を通過すると展望台に進んで休むことにしました。(相方が喜んでいるのは昨年登った日光白根山が見えたからのようです…good

160503019

 雲海の先に日光白根山~皇海山~男体山が見えました。(谷川岳は雲の下でした…)

160503020

 展望台で40分ほど休憩すると黒檜山大神を通過して駒ケ岳に向かいます。

160503021

 花見ヶ原の分岐点から右に進み急階段を下って大タルミに向かいます。

160503022

 少し下ると周辺にガスが流れて展望がありません。

160503023

 さらに下って行くとガスが切れて小ピークの登山道が見えてきました。

160503024

 黒檜山大神から20分ほどで小ピークに下ると歩いてきた黒檜山を振り返ります。

160503025

 さらに進んで大タルミの案内標識を通過します。

160503026

 周辺に流れるガスは時々視界が無くなるほどでした。

160503027

 オオタルミからさらに進んで駒ケ岳に登り返します。

160503028

 黒檜山から50分ほどでガスで展望のない駒ケ岳となりました。

160503029

 駒ケ岳を通過するとガスの流れる登山道を下ります。(好天なら地蔵岳が見えますが…)

160503030

 さらにガスの流れる登山道を進んで稜線の分岐点に向かいます。

160503031

 駒ケ岳から15分ほどで分岐点に下ると標識に従って駒ケ岳登山口に向かいます。(好天なら覚満渕に下ろうと思っていましたが…)

160503032

 分岐点から駒ケ岳登山口に向かうとガレた折り返しの登山道が続きます。

160503033

 途中に2ヶ所の鉄階段がありますが、相方は物珍しそうに下っていました。

160503034

 さらに下るとザレた折り返しの登山道になりました。

160503035

 稜線から30分ほどで駒ケ岳登山口に下りました。(相方は急登・急下降で疲れたか?…)

160503036

 登山口から少し道路を歩いて大洞の駐車場に戻ると、総行程4時間40分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で富士見温泉・見晴らしの湯(シニア:300円、小人:250円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途につきました。

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 GW期間中でもあり今回の山歩きで見かけたのは100人以上ですが、駐車場に停まっていた車のナンバーを見ると、中国・九州方面からの100名山狙いの人たちもいたようです。

 今回は天気を心配しながらの山歩きとなりましたが、幸いにして現地の天気が思っていたほど悪くなかったため、山頂展望台の景色を何とか見ることが出来ました。

 この季節の大沼周辺はバイクの排気音が鳴り響いて好きになれないため、グ
リーンシーズンの黒檜山は9年ぶりとなりますが、もう少し静かに走れないものなのかな~と、今回の黒檜山でも感じた次第でした。(静かな湖畔の♪…と言う童謡もあるのですが…)

« 西上州 トヤ山・毛無岩(16.04.26 その2) | トップページ | 榛名 水沢山・相馬山(16.05.08 その1) »

コメント

ひまじんさん、こんばんは

赤城山の方面には四仏山に行っただけですが、この時期は良さそうですね。
登山道も整備されていて、歩き易そうに感じましたが信州にはこの様な山が
中々無いんですよね。一度は行ってみたいと思いました。

 例年だとまだ大ダルミ辺りには残雪もあったりするんですけど
今年はもうすっかり無くなってますね!
お孫さんを連れて登られるのにいい状態だった
みたいですねsign01

岳 さん>おはようございます
駐車場の標高が1350m、山頂までの標高差が500m弱なので、長野の皆さんから
すれば何でもない山でしょうね…。
ただ首都圏からも近い山ですし、冬場は雪山入門の山として知られていますので、
四季を通して登山者が絶えることのないピークと思います。
それと一応は深田100名山の一つなので、周辺の外輪山を含めてコース設定すると、
長い距離も歩けますので、季節の良い時に訪ねてみて下さい。

鍬岳 井助 さん>おはようございます
今頃の季節は歩いたことがないので、残雪の状況などは分かりませんが、
昨日の上毛新聞に尾瀬沼の雪が例年より1ケ月早く消えた…と言う記事が
載っていましたし、今シーズンは赤城山も雪が少なかったんでしょうね…
(この夏の水不足が心配です…)
今回はGW期間中でしたし親子連れを何組も見かけましたよ…confident

おはようございます✿
今回は黒檜山~駒ケ岳周回ルート、お孫さんとよい山行でしたね(゚▽゚*)
赤城山は何度かお邪魔してますが、やはり展望台からの景色がすっきり見えるときは少なくガスに邪魔されてcloud
でもすごくよい山ですし、茨城からも3時間ちょっとなので比較的近いのが嬉しいですo(*^▽^*)o
急登、急降下ですがお孫さんも楽しめたのではないでしょうか^^
他にも地蔵岳や長七郎山、などたくさんのコースがありいいですねnote
そそ、雪山入門の山でも有名で、条件によってま霧氷がきれいですねshine
私は入門編で滑落して雪山封印しましたcoldsweats01
何かと思い出多い赤城山です✿

らるご さん>こんにちは…♪
何日か前の天気予報はあまり良くなかったのですが、天気が少し良くなって
山頂の周囲を少し眺めることが出来てラッキーでした。
赤城山は首都圏からも近いですし、この日も沢山の登山者が登っていて、
子供連れの人たちも何組か見かけました。
黒檜山は急登・急下降の場所があるので、新雪が降ったりすると少し登り難い
ところがありますね。
それでも駒ヶ岳側からの方が少し登りやすいと思いますし、地蔵岳や長七郎山
でも雪歩きが楽しめますので、是非チャレンジしてみて下さい。

お孫さん、どんどん健脚になっていきますねえ。
頼もしい限りです。
晴天の赤城山はもちろんいいですが、ガスで刻一刻変化する山の景色も何とも言えずいいもんですよね。
赤城はツツジや新緑にはちょっと早かったんですね。
アカヤシオはまだ見かけなかったんでしょうか?

kyou さん>こんばんは…
一番上は5年生ですが急登箇所は先に行きますし、少し休むと体力が
回復するので、しばらくすると「遅いよ!…」と言われそうです…(笑)
今回は事前の天気予報が悪かったので、景色が見えただけでラッキーと
言うところです。
アカヤシオは荒山の中腹がピンク色になっていましたので、篭山周辺は
今週末位に見頃になるかも知れませんね
新緑の中を歩くのも良いですよね、一度位は十日町の美人林に行って
みたいと思っていますよ…

一月前に、赤城山、同じルートで行ってきました。
まだ、残雪があり、黒檜山~駒ケ岳までは、雪が腐って
ドロドロでした。だいぶ歩き安すくなりましたね。
頂上ではガス、視界ゼロ、
今度行くときは、絶景見たいですfuji
お孫さん、先頭にいい山行でしたねshine

マイン さん>こんにちは
今回のコースは黒檜山の一番歩かれているコースですね…
この日も登山道が湿ったところもありましたが、ぬかるんだ場所はなく
比較的歩きやすい登山道でした。
晩秋の頃の好天の日なら山頂の展望台から素晴らしい眺望が楽しめる
と思いますので是非リベンジしてください。
今回はGW中の山歩きだったので子供連れのハイカーさんを沢山
見かけましたよ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63577803

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城 黒檜山(16.05.03):

« 西上州 トヤ山・毛無岩(16.04.26 その2) | トップページ | 榛名 水沢山・相馬山(16.05.08 その1) »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック