« 日光 鳴虫山(16.04.20) | トップページ | 西上州 トヤ山・毛無岩(16.04.26 その2) »

2016年4月27日 (水)

西上州 トヤ山・毛無岩(16.04.26 その1)



① 2016年4月26日(火)天候:晴れ
② トヤ山:1230m、毛無岩:1300m
③ コースタイム(総行動時間:7時間52分)
 黒滝山駐車場(06:15)===不動寺(06:24)===六車分岐(06:51)===高原分岐(07:21)===トヤ山(08:31~08:34)===送電鉄塔(08:58)===巻道分岐(09:38)===毛無岩(10:10~10:18)===巻道分岐(10:47~11:12)===送電鉄塔(11:51)===トヤ山分岐(12:09)===高原分岐(12:52)===六車分岐(13:19)===不動寺(13:53)===黒滝山駐車場(14:07)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:12.237km、累積標高:±1224m)
160426001

 4月4回目の山歩きとなりますが群馬の山歩き130選で岩峰のピークとして紹介されている西上州の毛無岩にツツジ見物を兼ねて行って来ることにしました。

 5年半前は道場集落からの沢コースが台風で荒れて大変苦戦しましたが、今回は黒滝山不動寺から毛無岩を往復することにしました。
毛無岩は群馬の山歩き130選で上級グレードに区分されているピークです…

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口の黒滝山不動寺の第一駐車場(マップコード:292 054 768)までは約45kmで1時間半…、自宅を午前5時に出発すると安中~下仁田と走って現地に向かいます。

 下仁田町から南牧村に入ると道の駅なんもくの少し手前で南牧川を渡り、県道202号線を2kmほど走ると黒滝山不動寺に向かうT字路があり、黒滝山の標識に従ってを走って行くと黒滝山不動寺の駐車場に到着しました。(県道の終点が不動寺です…)

160426002

 駐車場に車を停めて準備をすると県道を少し登って黒滝山不動寺を通過します。(帰りに不動堂に参拝しました…)

160426003

 庭先を抜けると登山道がありスギ林の中を折り返しながら登ります。

160426004

 10分ほどで六車集落からの林道と合わさり、案内標識に従って荒船山に向かいます。

160426005

 この辺りを歩くのは4年前のトヤ山以来ですが前回に比べ林道が大分荒れました。

160426006

 不動寺から25分ほどで六車の分岐点に着くと周辺がヤブになっていました。

160426007

 さらに折り返しの登山道を進んで前方の稜線に上がります。

160426008

 樹林帯を抜けると稜線となり周辺でツツジが咲いていました。

160426009

 ミツバツツジが見頃になっており赤い山ツツジはツボミが開き始めました。

160426010

 稜線沿いの緩やかな登山道を進んで行くと新緑の淡いグリーンが綺麗なものでした。

160426011

 新緑の間からこれから向かうトヤ山の山頂が見えました。(松の木が目印です…)

160426012

 少し進んで左側が開けると新緑の中でヤマザクラが点々と咲いていました。

160426013

 さらに10分ほど歩くと966ピークを巻いて進みます。(標柱だけが立っていました…)

160426014

 新緑の中の気持ちの良い登山道で歩くピッチも自然と高まります。

160426015

 少し進むと崩落個所に単管パイプの橋がありました。(ここは記憶がありません…)

160426016

 さらに進んで登山道の崩落個所を踏み跡をたどって進みます。

160426017

 ほぼ予定通りで六車分岐から30分ほどで高原分岐を通過します。

160426018

 分岐点から左に進んで樹林帯の中を登って行きます。

160426019

 高原分岐から30分ほどで二つ目の崩落個所を通過します。

160426020

 さらに記憶をたどりながら進んでトヤ山に向かいます。(左側に紛らわしいマーカーがありましたが真っ直ぐ稜線に上がるのが正しいルートです…)

160426021

 稜線に上がって少し登るとアカヤシオが咲き始めました。

160426022

 やがて見覚えのある石積みの擁壁を通過します。(崩れると修復は無理でしょうね…)

160426023

 さらに進んで行くと鉄柵の登山道の周辺でアカヤシオが咲いていました。

160426024

 予定より少し早く駐車場から2時間ほどでトヤ山の分岐点となりました。(最終目的地は毛無岩ですがここまで来たのでトヤ山に登ります…)

160426025

 分岐点から右上に折り返すように進んでトヤ山に向かいますが、湿って滑りやすくホールドの少ない急登を慎重に登りました。

160426026

 少し登って行くと西側の開けた展望箇所があったため、一息入れながらこれから歩く稜線を眺めました。

160426027

 送電線の先の1275ピークの右奥に毛無岩の山頂が見えました。

160426028

 1275ピークの左側に残雪の八ヶ岳が霞んでみました。

160426029

 八ヶ岳の主峰群で左側から赤岳~横岳~硫黄岳と並びます。(今年は雪が少ない…)

160426030

 さらに左側を見ると大屋山の左上に大分霞んだ御座山が見えました。

160426031

 大屋山の右奥に大岩と碧岩の岩峰が見えました。(ここもツツジの花が良さそうです…)

160426032

 南東側にはギザギザピークの両神山が白く霞んでいました。

160426033

 展望箇所から痩せた稜線を進んで行くと駐車場から2時間15分でトヤ山に着きました。

160426034

 山頂標識の先に雪が少ない浅間山が見えました。(この日はこんな展望でしょうね…)

160426035

 北側の物語山の先に妙義の岩峰群が見えますがその先は白く霞んで何も見えません。

160426036

 山頂の東寄りに鹿岳の岩峰と四ツ又山が見え、少し右側に稲含山が霞んで見えました。

160426037

 南側は白く霞んで山容がはっきり見えず、少し右側の御座山が良く見えました。

160426038

 最後に八ヶ岳を眺めるとトヤ山から下って毛無岩に向かいます。

160426039

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 日光 鳴虫山(16.04.20) | トップページ | 西上州 トヤ山・毛無岩(16.04.26 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63543496

この記事へのトラックバック一覧です: 西上州 トヤ山・毛無岩(16.04.26 その1):

« 日光 鳴虫山(16.04.20) | トップページ | 西上州 トヤ山・毛無岩(16.04.26 その2) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック