« 秩父 武甲山(16.04.06) | トップページ | 石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その2) »

2016年4月13日 (水)

石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その1)



① 2016年4月12日(火)天候:晴れ
② 石尊山:486.4m、深高山:506m、仙人ヶ岳:662.9m
③ コースタイム(総行動時間:7時間25分)
 石尊下バス停(07:07)===石尊山(08:12)===深高山(08:44~08:55)===猪子峠(09:27)===猪子山(10:32)===知ノ岳(11:51~12:26)===熊ノ分岐(12:39)===仙人ヶ岳(13:06)===熊ノ分岐(13:34) ===生不動尊(13:58) ===岩切登山口(14:28)===駐車場所(14:32)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:13.297km、累積標高:±1292m)
160412000

 4月2回目の山歩きは足利周辺の栃木100名山でまだ歩いていなかった石尊山と深高山を歩くことにしましたが、今回は深高山から先に進んでアカヤシオが見頃になった仙人ヶ岳まで周回することにしました。

 当初は石尊下登山口から深高山まで往復する予定でいましたが、ネット仲間のkyouさんから「それでは勿体ない…」との助言もあり、トレーニングを兼ねて仙人ヶ岳まで歩いてみることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 仙人ヶ岳の岩切登山口(マップコード:34 889 564)までは約60kmで1時間ほど…、自宅を5時半に出発すると関越道~北関東道を走って現地に向かいます。

 太田桐生ICで一般道に下りるとカーナビの指示に従って走りましたが、早朝で走る車も少なくほぼ予定した時間で岩切登山口近くの駐車場所に到着しました。(石尊下登山口に駐車しても良いのですが帰りの車道歩きが辛いため岩切登山口に車を停めました…)

160412002

 今回の周回コースは初めに岩切登山口~石尊下登山口までの県道を4kmほど歩き、その後は左回りで周回コースを歩いて岩切登山口に戻る予定でした…

 車を停めて準備をすると岩切登山口の写真を撮ってから石尊下登山口に向かって県道を歩き始めます。

160412003

 県道を少し歩くとコースマップに載っている小股北町のバス停がありました。(写真は帰りに撮ったもの…)

160412004

 山間部のバス停で7時前では路線バスはないだろうと思いましたが、興味本位に時刻表を見ると「何と!…」15分ほどで足利市の生活路線バス(料金:200円)が来るようです。

1604120041

 居合わせた近所の人と仙人ヶ岳トレランの話などしながら路線バスを待ち、時刻表通りに到着したバスに乗り込むと5分ほどで石尊下のバス停に到着しました。(歩けば1時間ほどの距離があり今日は幸先の良いスタートです…good

160412005

 バスを降りてGPSを再セットすると石尊不動尊に向かって歩き始めます。

160412006

 県道から左折して参道を進んで行くと石尊不動尊の境内を通過します。(境内にトイレがありましたが緊急用の感じでした…)

160412007

 境内を通過すると丁目石が置かれた登山道が続いており、ガイドブックで紹介されていた石仏が八丁目になっていました。

160412008

 さらに進むと九十九折れの登山道となりました。

160412009

 石尊不動尊から15分ほど登ると女人禁制の石柱を通過します。

160412010

 良く踏まれた登山道を進んで行くと間もなく擬木の階段登りとなりました。(先行したのは毎週歩いていると言う言う地元の人でした…)

1604120111

 石尊不動尊から25分ほどで稜線に上がると岩場混じりの登山道となりました。

160412012

 さらに進んで前方が開けると前方に奥宮のピークが見えました。

160412013

 登山道の周辺ではミツバツツジが咲いていました。

160412014

 所どころで山ツツジも咲いています。

160412015

 少し進んで南側の展望が開けると湯殿山が見えました。

160412016

 さらに岩々の登山道を進んで先に進みます。

160412017

 岩稜を進んで西側の展望が開けると残雪の赤城山が見えました。

160412018

 石尊不動尊から50分ほどで石尊神社奥宮が見えました。

160412019

 奥宮を通過すると展望台となりますが樹木が育って展望は良くありません。(展望台の人たちは地元のハイカーで展望のない石尊山には行かないようです…)

160412020

 地元の人たちと別れると先に進んで石尊山に向かいます。

160412021

 途中で展望が開けると南東側に行道山~大岩山の稜線が見えました。(東京方面などは白く霞んで見えません…)

160412022

 さらに進むと石尊不動尊から1時間ほどで石尊山の山頂に着きました。

160412023

 石尊山は写真を撮って通過すると先に進んで深高山に向かいます。

160412024

 緩やかな稜線上に登山道が延びており自然にピッチが上がります。

160412025

 石尊山から10分弱で湯殿山分岐ですが登山道崩落の危険があって通行止でした。

160412026

 分岐点を通過して少し進むと木々の間に深高山が見えました。

160412027

 さらに緩やかにアップダウンしながら先に進みます。

160412028

 石尊山から30分ほどで深高山に到着すると少し休んで行動食を摂りました。

160412029

 深高山で10分ほど休憩すると東側の急坂を下って猪子峠に向かいます。

160412030

 少し下ると緩やかな岩場混じりの登山道となりました。

160412031

 登山道の所どころで綺麗な山ツツジが咲いています。

160412032

 緩やかな登山道を少し進むと補助ロープの付いた急坂を下りました。

160412033

 深高山の山頂から15分ほどで緩やかな樹林帯の登山道となりました。

160412034

 踏み跡をたどって進んで行くと粟谷町の分岐点を通過します。

160412035

 さらに仙人ヶ岳の標識に従って下って行くと林道脇を通過します。(林道を下ると猪子トンネルの松田側に出るようです…)

160412036

 ここは踏み跡をたどって先に進み猪子峠の分岐点に向かいます。 

160412037

 下る途中で右に延びる踏み跡をたどると仙人ヶ岳に向かう稜線が見えました。

160412038

 登山道に戻ってさらに下ると深高山から30分ほどで猪子峠に下りました。(分岐点の先に見覚えのある石祠がありました…)

160412039

 猪子峠の道標に従って仙人ヶ岳に向かい10分ほど登ると明るい稜線に上がります。

160412040

 登山道周辺のあちこちで綺麗な山ツツジが咲いていました。

160412041

 登山道周辺の綺麗なツツジを探しながら高度を稼ぎます。

160412042

 猪子峠から30分ほど登ると周辺の斜面でアカヤシオが咲き始めました。

160412043

 さらに綺麗なツツジを探しながら進むと岩場混じりのガレた登山道となりました。

160412044

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 秩父 武甲山(16.04.06) | トップページ | 石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63479698

この記事へのトラックバック一覧です: 石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その1):

« 秩父 武甲山(16.04.06) | トップページ | 石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その2) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック