« 石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その1) | トップページ | 日光 鳴虫山(16.04.20) »

2016年4月13日 (水)

石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その2)

その1)から続く…

 少し登って東側の展望が開けると行道山の左側に大小山と大坊山が見えました。

160412051

 さらに登ると綺麗なレンゲツツジが咲いています。

160412052

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 猪子峠から30分ほどで稜線に出ると北西方向に向きを変えて進みます。

160412053

 さらに進むと樹林帯の折り返しの登山道となりました。(ここは下った覚えがあります…)

1604120541

 樹林帯を抜けて少し進むと展望が広がり赤雪山と松田川ダムが見えてきました。

160412055

 登山道は稜線沿いに続いておりアップダウンしながら先に進みます。

160412056

 周辺ではアカヤシオが咲いていますが見頃を過ぎたようで花の勢いがありません。

160412057

 小ピークを通過すると前方に猪子山(511ピーク)が見えました。

160412058

 さらにアップダウンの岩場混じりの登山道が続きます。

160412059

 途中で見かけたアカヤシオは大変綺麗な3連の花でした…。

160412060

 猪子峠から1時間ほどで猪子山に着きました。(ここで昼食タイムを取る予定でしたが先に進んで知ノ岳で休憩することにしました…)

160412061

 猪子山を通過すると稜線の先に知ノ岳(561ピーク)と仙人ヶ岳が見えました。

160412062

 さらに下って馬の背のような岩場の横を巻くように通過します。

160412063

 稜線を進んで行くと時々花の多い綺麗なアカヤシオを見かけます。

160412064

 少し進んで左側の展望が広がると歩いてきた深高山~石尊山が見えました。

160412065

 登山道の途中では綺麗なミツバツツジや山ツツジが咲いています。

160412066

 猪子山を下って鞍部を通過すると次のピークに向かってガレた登山道を登ります。

160412067

 小ピーク(維ノ岳)を通過して少し進むと犬帰りのクサリ場を通過します。(右側に巻き道もありますが久しぶりなので息を切らせながら登りました…coldsweats01

160412068

 犬帰りのピークを通過すると次の宗ノ岳(530ピーク)に向かいます。

160412069

 時々綺麗なアカヤシオを眺めて一息入れました。

160412070

 アップダウンの多い疲れる登山道ですが猪子山から1時間ほどで宗ノ岳に着きました。

160412071

 宗ノ岳を通過して少し下ると前方に知ノ岳(561ピーク)の稜線が見えました。

160412072

 知ノ岳に登る途中に大きな山ツツジが咲いていました。

160412073

 知ノ岳手前まで登って歩いてきた稜線を振り返りました。(アップダウンが分かります…)

160412074

 猪子山から1時間20分ほどで知ノ岳に着きました。

160412075

 北東方向に1年半前に歩いた赤雪山の稜線が見えています。

160412076

 知ノ岳の一角を借りると景色を眺めながら昼食タイムを取りました。(今回はダム周辺の桜が見頃を過ぎたようです…)

160412077

 30分ほど休憩すると先に進んで仙人ヶ岳に向かいます。

160412078

 稜線の南側斜面でアカヤシオが咲いていました。

160412079

 何年か前に南側斜面が山火事になりましたがヤマザクラは焼けなかったようです。(すぐ下に見える谷間を下って岩切登山口に向かいます…)

160412080

 知ノ岳から10分ほどで熊の分岐を通過します。

160412081

 分岐点を直進すると焼け跡の残る稜線を進んで仙人ヶ岳に向かいます。

160412082

 稜線の北側斜面にはアカヤシオの群生した箇所がありました。

160412083

 熊の分岐から10分ほど登ると前方に山頂稜線が見えました。

160412084

 さらに稜線沿いを進んで行くと赤雪山の分岐点を通過します。

160412085

 知ノ岳から40分ほどで仙人ヶ岳の山頂に到着しました。(昼食タイム前は仙人ヶ岳はパスしても良いと思っていたのですが予定通り登ってきて正解でした…)

160412086

 山頂の北西側には袈裟丸山~皇海山~日光白根山が見えました。

160412087

 山頂で写真を撮ると往路を下って熊の分岐まで戻り、今度は南側の急斜面を下って岩切登山口に向かいます。

160412088

 稜線から15分ほど急下降すると緩やかな谷間に下りました。

160412089

 涸れた沢沿いを少し下ると水が流れ始めました。

160412090

 さらに沢沿いに下ると水の流れる沢の中を歩きます。

160412092

 熊の分岐から25分ほどで生(ねり)不動尊を通過しました。 

160412093

 登山道は少し広くなった不動沢を左右に渡りながら続きます。

160412094

 生不動尊から10分ほどで不動沢の滝の横を通過します。

160412095

 さらに10分ほど下ると不動沢の先に林道が見えました。

160412096

 生不動から30分ほどで古びた鳥居をくぐると岩切登山口は間もなくとなります。

160412097

 さらに歩いて岩切登山口から駐車場所まで戻ると、総行程7時間半ほどで今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で桐生温泉 湯らら(入湯料:500円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途につきました。

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で20人ほどですが、その内5人ほどが石尊山展望台までのコースで、残りは仙人ヶ岳の周回コースでスライドした人たちでした。

 何時もマイカー中心の山歩きのため、公共交通機関を使う山歩きは数えるほどしかありませんが、今回の周回コースでは大変便利に使うことが出来ましたし、下りのバスを使えば時計回りのコースも設定できそうでした。

 なお、家に帰ってから足利市の生活路線バスのHPを見ると、仙人ヶ岳の他に行道山の山歩きでもバス路線が使えそうな感じでした。(精査していませんが…)

 仙人ヶ岳で挨拶を交わした赤雪山からの登山者によると、こちらの周回コースでもツツジが咲
いていたと言うことであり、機会があればこちらを周回しても良いと思いました。

« 石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その1) | トップページ | 日光 鳴虫山(16.04.20) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、こんにちは

魅力的なルートですね!
アカヤシオの色は大好きです。こちらでは一ヶ月位先でしょうね?
昨日は里山を歩いて来ましたが、未だロウバイが咲いていました。


岳 さん>こんにちは…
今年はアカヤシオの花も1週間ほど早いようです。
仙人ヶ岳周辺は一足早く開花する山域なので、首都圏方面からも
歩きに来るようです。
花見をするだけなら仙人ヶ岳~猪子峠を歩けば良いのですが、今回
歩いていなかった石尊山~深高山を含めて歩いてみました。
長野県のアカヤシオの咲く山は良く分かりませんが、5月連休明け位に
咲き始めるんでしょうかね…
未だロウバイが見られると言うことは開花の時期が2ヶ月位遅いと言う
ことなんでしょうね~
コメント有難うございました…

こんにちわ
こうやってレポを読ませていただくと、中々歩きがいのあるコースだなあと思いました。
アカヤシオやツツジが一番きれいな時でしょうか?
木々も新緑となり、一気に春が来たって感じですね。
今度はのんびり歩いてみたくなりました。
岩切の方に降りず白葉峠へ降りるコースも面白いです。

kyou さん>こんばんは…
お蔭さまで歩き甲斐のある面白いコースになりました。
kyou さんの言う仙人ヶ岳から白葉峠に向かうコースも考えたのですが、
石尊下に車を停めると猪子峠や熊の分岐で簡単にリタイヤ出来ないので、
先ずは今回のコースを歩くことにしました…(笑)
それにしてもこのアップダウンのコースを1時間4~50分で周回すると言う
トレランで優勝した人は怪物のような体力ですね…^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63480597

この記事へのトラックバック一覧です: 石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その2):

« 石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その1) | トップページ | 日光 鳴虫山(16.04.20) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック