« 新潟 角田山(16.03.29 その2) | トップページ | 石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その1) »

2016年4月 7日 (木)

秩父 武甲山(16.04.06)



① 2016年4月6日(水)天候:晴れ
② 武甲山:1304m
③ コースタイム(総行動時間:4時間50分)
 生川・一の鳥居(09:10)===登山道入口(09:35)===大杉の広場(10:25)===階段コース分岐(11:05)===武甲山(11:30~12:25)===階段コース分岐(12:50)===大杉の広場(13:10)===登山道入口(13:45) ===生川・一の鳥居(14:00)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:8.089km、累積標高:±804m)
116040600

 孫の春休みの恒例行事となった山歩きですが、当初は5日に群馬県内の山を歩く予定でしたが、当日の天気が悪かったため山行を翌日に順延し、下山後に孫を送る関係で秩父の武甲山を歩くことにしました。

 武甲山に出かけるのは4年ぶりとなり自分一人なら大持山まで周回したいところですが、今回は孫と一緒の山歩きのため生川の一の鳥居から山頂を往復することにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 生川の一の鳥居(マップコード:150 074 579)までは約65kmで2時間弱…、自宅を7時に出発すると藤岡市内から県境越えのルートを走って現地に向かいます。

 途中、道の駅ちちぶでトイレ休憩しましたが、ほぼ予定した時間で一の鳥居の駐車場に到着すると、先着の車が10数台停まっていました。(駐車場にトイレはありません…)

116040603

 すぐに準備をすると登山届を投函し、登山道案内図を撮って歩き始めます。

116040604

 相方は今年初めての山歩きで初めから気合いが入っていました。

116040605

 歩き始めるとすぐに歩く目安になる丁目石を見つけました。

116040606

 登山道は生川沿いに続いており登山道横の丁目石を探しながら進みます。

116040607

 少し進むと養魚場を通過します。

116040608

 養魚場を通過すると八丁目で初めて登った時はここに登山ポストがありました。

116040609

 林道横の斜面で綺麗なスミレが咲いていました。

116040610

 さらに進むと持山寺の分岐点を通過します。

116040611

 駐車場から25分ほどで十五丁目の登山道入口となりました。

116040612

 登山道に入るとスギ林の中の登山道となり少し登ると不動滝を通過します。 

116040613

 不動滝の横に石仏の祠がありました。(写真は帰りに撮ったもの…)

116040614

 不動滝を通過すると木橋を渡ります。(相方は登山道の橋が物珍しいようです…)

116040615

 登山道はスギ林の中に続いており時々折り返しながら先に進みます。

116040616

 少し登ると二十丁目の武甲山御嶽神社参道の石柱を通過します。

116040617

 二十丁目を通過すると少し登山道の傾斜が増すような感じです。

116040618

 スギ林の中で小さなキブシの花が咲いていました。(相互リンクの我歩人さんに花の名前を教えてもらいました…)

116040619

 花粉の飛ぶ季節には歩くのを避けたいスギ林の登山道がさらに続きます。

116040620

 登山道を40分ほど登ったところに綺麗に苔むした石祠がありました。(お神酒が奉納されています…)

116040621

 さらに登ると大杉の広場手前のスギの枯れ木が見えました。

116040622

 枯れ木のウロの中に小さな石仏が置かれていました。

116040623

 駐車場から約75分で三十二丁目の大杉の広場に着きました。

116040624

 ほぼ中間点となる大杉の広場ですが今日の相方は体調が今一つのようです。 

116040625

 大杉の広場で一息入れると先に進んで山頂に向かいます。

116040626

 四十丁目辺りから木の根が張り出した泥濘の多い登山道となりました。

116040627

 大杉の広場から40分ほどで階段コースの分岐点がありますが、4年前に歩いた時も階段崩壊で通行止めになっていました。

116040628

 分岐点の案内標識に従って一般コースを進みます。

116040629

 山頂手前は急斜面の折り返しで樹林帯の木々の間から明るい空が見えてきました。

116040632

 さらに進むと五十一丁目で橋立からの裏参道と合流します。

116040633

 標識に従って山頂方面に進むと鳥居の先に御嶽神社が見えました。

116040634

 境内にあった説明書を見ると石灰岩の採掘は100年ほど前に始まったようです。

116040639

 予定より少し遅れましたが駐車場から2時間半ほどで山頂に到着しました。

116040635

 相方は双眼鏡を持って来たようですが、生憎の春霞で城峰山の先は見えません。

116040637

 北東方向も同様で大霧山の先は白く霞んでいました。

116040638

 山頂から境内に戻って昼食タイムを取ると、御嶽神社に参拝してから下山を始めました。

116040640

 帰りは泥濘箇所のスリップに注意しながら下り、山頂から大杉の広場まで45分、駐車場には1時間半ほどで下ると、総行程4時間50分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る前に武甲温泉(入湯料:大人700円、子供400円)に寄ることにし、汗を流してサッパリすると孫を送ってから家路につきました。

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で20人ほどですが、駐車場に戻った時にはまだ沢山の車が残っており、武甲山から大持山に周回した人たちや武川岳などに向かった人たちの車も停まっていたようです。

 
山頂で一緒になった登山者も話していましたが、この季節の武甲山では春霞を避けることは難しく、景色を楽しむなら晩秋から春先までの空気の澄んだ時期が良さそうです。

 今回3回目となった武甲山ですがこれまで紅葉の季節には歩いたことがなく、次に武甲山を歩く時は紅葉の頃に大持山への周回コースを歩いてみたいと思っています。

« 新潟 角田山(16.03.29 その2) | トップページ | 石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

お孫さんとの山歩き、恒例ですかあ、いいですね(^^♪
お孫さん、双眼鏡まで持って登ったのにちょっと残念でしたね。
今の時期やはり展望はあまり期待できないかも。
今からは花や新緑を楽しむ山歩きになりそうですね。
アカヤシオが待ち遠しいです。
足腰を痛めて山から遠ざかってます。
そろそろリハビリ登山でとこか行きたくなりました。

kyou さん>こんにちは…
雨が降った翌日ですし、この季節なので眺望は無理かなぁ~と
思っていましたが、連れて行ける日が限られますので仕方ない
ところですね…
ネットでアカヤシオやミツバツツジのレポがアップされ始めましたし、
この後、しばらくの間は花めぐりの山歩きが楽しめますよね
足腰を痛めると後々響きますので、少しづつ身体を慣らして
下さい。

 こんにちは ひまじんさん
 お孫さんとの山歩きは 春休み恒例とのこと。
自然を愛する姿勢が引き継がれ、この先長く続くことを
願っております。
 先月末の角田山、私もまたオオミスミソウに覆われた
「桜尾根~灯台」を佐渡島を眺めながら歩きたく
計画しておりましたが、天候不順で断念。
貴ブログで楽しませていただきました。
(黄色の小花の房が下がっているのはキブシです)

こんにちは✿
お孫さんと武甲山、よい山行でしたねsign03
お目にかかるたびに、大きくなられお顔も大人びて凛々しいですね(゚▽゚*)
武甲山、一度登ってみたい山ですが標高差800mですか^^
ほぼ麓から筑波山登る感じですね(;´▽`A``
三十二丁目あたりで試練が待ち受けていそうですsweat01スタミナ切れwobbly
それに杉の登山道が春先には花粉症で追いうちをΣ(;・∀・)
宝登山からもかっこよく聳える武甲山は花粉の飛ばないよいときに検討してみますhappy01
そういえば、謎の花はキブシなんですねsign01
実は一昨日県北の里山に登った時同じ写真を撮りました。
検索してもわからず、困っていたら偶然にもこちらで(゚ー゚;
俄歩人さんに教えていただく形になりました。
ありがとうございます(_ _)

俄歩人 さん>こんにちは…
埼玉に住んでいる孫ですが今回で7回目の山となりました。
市街地暮らしで坂道なども少ないため、初めての頃は急坂を
下るにしても腰が引けていましたが、最近では山歩きも大分
慣れてきたようです。
何時まで続くのか先は分かりませんが、声がかかる間は一緒に
出かけたいと思っています。
角田山の花見山行の断念は残念でしたね、雪割草の花も
快晴の時の方が綺麗に咲くでしょうし、次の機会を狙って
計画されて下さい。
それと「キブシ」の花は有難うございました。
草花もそうですが初めての花は名前を探すので大変で、今回は
半ばあきらめていましたが、教えてもらって喉の詰まりがスッキリ
したような感じです。
コメント有難うございました…

らるご さん>こんにちは…
初めての山登りは2年生の時の赤城山・地蔵岳(レポはなし…)で
この頃に比べると身体も大分大きくなってきていますよね~confident
今回の武甲山は宝登山の山頂からも良く見えますし、国道140号線を
山梨方面に走ると正面に見えて来る印象的な山と思います。
表参道ルートはほとんどスギ林の中を歩くので、花粉症の人は春先は
辛い山だと思いますが、花粉シーズンを外せば日陰の涼しい登山道と
思います。(景色は見えませんが…)
標高差は確かに800mほどですが、神社の参道が登山道のため急な
坂道はありませんし、考えようによっては歩きやすい道と思いますので、
景色の良い秋口にでも計画されて下さい。
キブシは助かりますよね、草花は割合に見つけやすいのですが、樹木の
花はあまり載っていないので、今回は半分あきらめていたところでした。
アチコチから花の便りが届きますしいよいよ新緑のシーズンですね…♪

お孫さんと山歩き、羨ましいなぁー。
って、思いながら武甲山山行にバーチャル参加です。
ゆるゆると登山口から登り始め、後半は急登もあるコースですね。
双眼鏡を持っての山歩き、気合が入っていたのに春霞で景色が今一で残念でしたねsweat01
前回よりも、お孫さんが逞しい山男に見えました。
成長が楽しみですね(*゚▽゚)ノ

こんにちは
 武甲山から妻坂峠への尾根歩きですが、一昨年の11月5日に歩いた時には、かなりの木が葉を落としてしまってました。それなりにきれいな紅葉の木が見られたのですが、最盛期ならもっときれいだと思いました。
 お孫さんとの山行がとても楽しそうだと、レポから伝わって来ました。あと1~2年で、対等のパートナーになりそうですね。そうしたら、山小屋泊まりのロングコースになりそうな気がします。その時のレポも今から楽しみです。

tuba姐 さん>こんばんは~
tuba姐 さんのお孫さんもアッと言う間に大きくなりますよ…scissors
そして、姐 さんの山歩きに興味を持てば「自分も行く~!」とか言い出して
ケガさせちゃまずいし、どこに連れて行こうかな~…と悩むようになるかも
知れませんよ…(笑)
武甲山の登山道は途中に緩やかな場所はありますが、稜線の鞍部の
ようなところがなく、全体として登り調子の登山道が続きます。
途中に展望がなく面白い山とは言えませんが、首都圏に近く西武などの
駅から登れますので、週末登山で人気がありますね。

スロー人 さん>こんばんは~
4年前に大持山から周回した時はツツジが咲いており、次に
歩くなら紅葉の季節と考えていましたが、行きたいところは
沢山あるし、中々順番が回りません…(笑)
子どもは大きくなるのが早いですし、体力も一緒に歩く度に
成長しているのが分かります。
長時間歩くと疲れるようですが、何せ回復するのが早いので
小学6年生位になると負けそうです…
ただ中学生になると部活があるようですし、この子が行けなく
なったら、下にいる孫と一緒に…とも考えています。
それと小屋泊まりの頃はこっちが登れなくなりそうです…coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63451586

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父 武甲山(16.04.06):

« 新潟 角田山(16.03.29 その2) | トップページ | 石尊山~仙人ヶ岳(16.04.12 その1) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック