« 鍬柄岳・大桁山(16.03.16) | トップページ | 三毳山(16.03.22 その2) »

2016年3月22日 (火)

三毳山(16.03.22 その1)



① 2016年3月22日(火)天候:晴れ
② 三毳山:229m
③ コースタイム(総行動時間:4時間25分)
 西口駐車場(08:45)===中岳(09:23)===三毳神社(09:32)===かたくりの園(10:00~10:30)===野草の園(10:40)===湿性植物園(11:00)===青竜ヶ岳(11:30~11:55)===かたくりの里(12:10~12:35)===西口駐車場(13:10)
※花々の写真を撮りながら歩いているため参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:9.237km、累積標高:±633m)
160322000

 佐野市観光協会の最新花情報によると三毳山のかたくりの花が見頃を迎えた言うことで、3月3回目の山歩きは前回から4年ぶりに栃木県の三毳山に行って来ることにしました。

 新・花の100名山として紹介されている三毳山ですが、4年前は南口広場から青竜ヶ岳を越えてかたくりの里を往復しましたが、今回は西口広場から三毳山を周回するように歩いてみることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点のみかも山公園西口広場の駐車場(マップコード:64 525 571)までは自宅から約70kmで1時間半ほど、7時過ぎに自宅を出発すると北関東道経由で現地に向かいます。

 連休明けの通勤時間帯でしたがそれほど渋滞することもなく、ほぼ予定した時間で西口広場の駐車場に到着すると先着の車が10台近く停まっていました。(駐車場は8時半開門のようです…)

160322002

 車を停めて準備をするとハーブ園を抜けて歩き始めます。

160322003

 みかも山公園のハイキングマップを参考に中岳に向かって行くと10分ほどで山頂広場の登山口がありました。(公園のHPでハイキングマップを入手できます…)

160322004

 擬木で作られた階段を登って稜線に向かいます。(歩き難いんですがね~think

160322005

 10分ほど急登すると見覚えのあるみかもの関跡の東屋がありました。

160322006

 道標に従って稜線上の登山道を進んで行くと犬石を通過します。

160322007

 さらに進むと登山道の横で山ツツジが咲いていました。(あちこちで見かけました…)

160322008

 駐車場から30分ほどで山頂広場を通過しました。

160322009

 山頂広場の写真を撮って通過すると中岳に進みます。

160322010

 駐車場から40分ほどで中岳に到着しました。(ほぼ予定通りのペースです…good

160322011

 中岳から先に進むとパラグライダーの離陸場を通過します。(肉眼では春霞のかかった筑波山が見えましたが写真では中々上手く撮れません…)

160322012

 さらに進んでローソク岩を通過します。(説明書きに炎の形の岩とありました…)

160322013

 中岳から10分ほどで三毳神社に着きました。

160322014

 境内から南側の展望が広がりますが春霞で遠望は難しいようでした。

160322015

 神社から中継広場経由の予定でしたが神社の参道を下ってショートカットします。

160322016

 三毳神社から10分ほど急下降するとあじさいの路に向かう道路に下りました。

160322017

 参道から周遊道路を少し進むと彼岸桜?が咲いていました。(銘板を見忘れ!…)

160322018

 南斜面で暖かいのかミツバツツジも咲いていました。

160322019

 さらにあじさいの路に向かって進みます。(沢山の人たちが散歩していました…)

160322020

 パラグライダー場のモノレールを通過すると間もなくかたくり群生地の入口がありました。

160322021

 標識に従って階段を登って行くとニリンソウが群生していました。

160322022

 大半はツボミの状態でしたが陽当たりの花が咲いていました。

160322023

 さらに登って行くと沢山のカタクリが咲いています。

160322024

 今回もかたくりの里で撮影タイムの予定でしたが良さそうな花を幾つか撮ってみました。

160322025

 かたくりの花に混じってアズマイチゲが咲いていました。

160322026

 周辺の綺麗な花を探しながら先に進みます。

160322027

 陽当たりの斜面では沢山のタチツボスミレが咲いていました。

160322028

 さらにかたくりの園に向かって進んで行くとモミジイチゴが咲いていました。

1603220281

 花を撮りながら歩きましたが登山口から20分ほどで中岳からの登山道と合わさりました。

160322029

 標識に従って下って行くとかたくりの園となり沢山の人たちが写真を撮っていました。

160322030

 前回は時間が早くてツボミの状態でしたが、今回は花が咲き揃って見事なものです。

160322031

 ここでも綺麗なかたくりの花を幾つか撮って先に進みます。

160322032

 かたくりの園を通過すると東口広場に向かいます。

160322033

 案内標識に従って下って行くとアズマイチゲが群生する野草の園を通過しました。

160322034

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 鍬柄岳・大桁山(16.03.16) | トップページ | 三毳山(16.03.22 その2) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63382013

この記事へのトラックバック一覧です: 三毳山(16.03.22 その1):

« 鍬柄岳・大桁山(16.03.16) | トップページ | 三毳山(16.03.22 その2) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック