« 両神堂上の節分草(16.03.03) | トップページ | 三毳山(16.03.22 その1) »

2016年3月17日 (木)

鍬柄岳・大桁山(16.03.16)



① 2016年3月16日(水)天候:晴れ
② 鍬柄岳:598m、大桁山:835.9m
③ コースタイム(総行動時間:3時間46分)
 鍬柄岳登山口駐車場(09:04)===大桁山分岐(09:35)===鍬柄岳(09:49~09:57)===大岳山分岐(10:08)===鉄バシゴ(10:21)===林道出合(10:42)===大桁山(11:17~11:28)===林道出合(11:55)===川後石峠(12:10)===大桁やすらぎの森入口(12:37)===鍬柄岳登山口駐車場(12:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:7.548km、累積標高:±684m)
160315000

 前回から13日ぶりの山歩きは山梨100名山の横尾山などを予定していましたが、R141を走って野辺山高原に着いた頃には甲信国境の稜線にガスが湧いていたため、今回の山行は断念して引き返すことにしました。(朝の天気予報は午前中晴れでしたが…think

 久しぶりの山行でしたが雪山装備を家に置いてきたため、稜線が見えていた浅間連峰の黒斑山などは行けそうになく、手持ち装備でどこか歩けそうなコースを考えた結果、何時か歩こうと考えていた西上州の鍬柄岳と大桁山を歩くことにしました。(地図などはありませんがGPSがあれば何とかなりそう…)


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 R141~R254と走って下仁田町まで戻ると、登山計画書を作った時の記憶を頼りに鍬柄岳登山口の駐車場(マップコード=247 544 269)に向かいました。

 上信電鉄の千平駅近くの三叉路に大桁山の案内標識が立っており、標識を頼りにさらに走って行くと鍬柄岳登山口の少し先に3~4台分の駐車場がありました。

160315002

 駐車場から鍬柄岳の岩峰が見えておりすぐに準備を始めましたが、直後に到着した高崎市内のTさんと一緒に歩くことになりました。

160315003

 駐車場から少し戻って鍬柄山登山口から歩き始めます。

160315004

 林道のような幅広い登山道には所どころに標識が立っています。(Tさんにモデルになってもらいました…)

160315005

 最初の分岐を左に進んで行くと阿夫利神社がありました。

160315006

 神社を通過するとスギ林の中を急登して行きます。

160315007

 登山口から20分ほどで稜線に上がると着衣を調整しました。

160315008

 さらに進んで行くと鍬柄岳に突き当たり、大桁山に向かう分岐点がありました。(岩峰の基部を左下に進むと大岳山に向かいます…)

160315009

 標識に従って右に進むと岩峰の取り付き点があり、ステンレス製の長い鎖を使って山頂に向かいます。(足場が刻まれており慌てず進めば特に問題はないと思います…)

160315010

 一登りするとR254沿いの集落や御荷鉾山が見えました。

160315011

 南西側には西上州の山々が並んでおり、四ッ又山の左奥に御座山が見えました。

160315012

 さらにクサリを使って稜線に向かいます。

160315013

 東側に神成山や赤城山が見えており、天気が良ければ筑波山が見えそうです。

160315014

 稜線を折り返すように進んで行くと山頂のポールが見えました。

160315015

 登山口から45分ほどで小さな石祠が祀られた鍬柄岳の山頂となりました。(左奥に残雪の荒船山が見えています…)

160315016

 北西側のすぐ先にこの後で向かう大桁山が見えています。

160315017

 南側には御荷鉾スーパー林道沿いの山々が見えました。

160315018

 さらに右側の南西方向は南牧村方面の山々が並びます。

160315019

 北東方向は赤城山で肉眼ではその左奥に日光白根山が見え、左側の鉄塔の先に榛名山が見えています。

160315020

 一通り景色を眺めるとクサリ場を下って分岐点まで戻り、今度は左下に下って大桁山に向かいます。

160315021

 登山道の踏み跡は少し薄いようですが所どころマーカーテープが付いていました。

160315022

 岩峰基部から15分ほどで林道横の鉄バシゴを登ります。(標識もありました…)

160315023

 ハシゴを登ると尾根通しの登山道を進んで大桁山に向かいます。

160315024

 樹林帯の急登を20分ほど登ると林道を横切りました。(帰りは林道を右に進みます…)

160315025

 林道を通過してさらに登ると階段混じりの登山道となりました。

160315026

 先日の雪が残る登山道を進んで山頂に向かいます。

160315027

 所どころの案内標識に従って進んで行くと関東ふれあいの道の標柱がありました。

160315028

 さらに階段混じりの登山道を登って稜線に上がりました。

160315029

 稜線を5分ほど進むと稜線の先に青空が見えてきました。(山頂が近づいたようです…)

160315030

 鍬柄岳から約80分で大岳山の山頂に着きました。

160315031

 山頂の北側に妙義山や上越国境の山々が見えました。

160315032

 樹林帯の先に妙義の白雲山が見えますが、金洞山は樹林帯で見えないようでした。

160315033

 妙義山の少し右側に白砂山が見えました。

160315034

 さらに右側は平標山~仙ノ倉山~万太郎山が並んでいます。

160315035

 北東方向には榛名山のピークが見えました。

160315036

 北東側の赤城山の左奥に日光白根山と皇海山が見えました。

1603150361

 南側に御荷鉾山と稲含山が見えますが、周囲に樹林帯が多く眺望は今一つでした。

160315037

 一通り景色を眺めると帰りは川後石峠経由で下りますが、林道出合の少し先に大桁山の登山口がありました。

160315038

 さらに下ると舗装された林道になりました。

160315039

 山頂から40分ほどで川後石峠に下りました。

160315040

 川後石峠の標識に従って林道を下って行くと林道をショートカットするようです。

160315041

 ショートカットの登山道を下ってやすらぎの森の入口を通過し、さらに下ると下仁田フィッシングパークが見えますが、ここまで下れば駐車場はもう間もなくとなります。

160315042

 川後石峠から40分ほどで鍬柄岳の登山口駐車場に戻ると、総行程3時間45分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で磯部温泉・恵みの湯(入湯料:500円)に寄ることにし、汗を流してサッパリすると遅い昼食を食べて帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の山歩きで見かけた人たちは全部で5人ですが、マイナーな里山の割に歩く人たちが多いようです。(週初めの降雪で歩く場所が限られることもあったのでしょうが…)

 今回は途中で行き先を変更しての鍬柄岳・大桁山でしたが、ネットで皆さんのレポなどを見ていたこともあり、資料がなくてもそれほど迷うことなく周回することが出来ました。

 その内に歩こうと思っていた鍬柄岳・大桁山ですが、実際に歩いてみるとスリルと眺望の楽しめる面白いコースで、次に歩く機会があれば紅葉の頃に歩いてみたいと思いました。

« 両神堂上の節分草(16.03.03) | トップページ | 三毳山(16.03.22 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

急遽予定変更…
でも日頃から情報収集がしっかりしているので、すぐ代替えの山が浮かんでくるんですねえ。
見習わなくっちゃね。
鍬柄岳は小振りでも鎖や岩場で楽しい山ですね。
したからみあげるといやあ、あそこを登るのかあって感じですが…
鎖場はモデルがあるとよりスリルを感じますね。
20年ほど前に歩いたことがありますがその頃はデジカメがなく写真がありません。
懐かしく拝見させていただきました。

kyou さん>こんばんは…
ほんとは火曜に出かければ良かったのでしょうが、雨の翌日は手足が
濡れるので一日空けたのが失敗でした。
群馬100名山を完登する予定はないのですが、あの辺りの山はほとんど
歩きましたし、下調べしてあった大桁山に行くことにしました。
ガイドブック通りの小さな岩峰ですが、山頂に上がると周囲の景色が
楽しめていいですね。
平日でマイナーな山の割に歩く人がいるんだなぁ~と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63355115

この記事へのトラックバック一覧です: 鍬柄岳・大桁山(16.03.16):

« 両神堂上の節分草(16.03.03) | トップページ | 三毳山(16.03.22 その1) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック