« 浅間連峰 高峰山(16.02.12) | トップページ | 秩父 小鹿野アルプス(16.03.03 その1) »

2016年2月27日 (土)

安中 石尊山(16.02.26)



① 2016年2月26日(金)天候:晴れ
② 石尊山:571m、戸谷山:605m
③ コースタイム(総行動時間:3時間37分)
 安中榛名駅駐車場(08:15)===四十七士石像(08:42)===石尊山遊歩道分岐(09:11)===石鳥居(09:21)===石尊山(09:43~09:48)===風戸峠分岐(10:05)===戸谷山(10:40~10:55)===風戸峠(11:10)===駅近道分岐(11:28)===安中榛名駅駐車場(11:52)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:10.228km、累積標高:±548m)
160226000

 先週はB型インフルに罹って出かけることが出来なかったため、2週間ぶりとなる山歩きは足慣らしを兼ねて近場の里山を歩くことにし、安中市内の群馬100名山・石尊山を歩いて来ることにしました。

 今回は群馬100名山のガイドブックを参考に北陸新幹線の安中榛名駅をベースに周回しましたが、安中市が選定した「歴史とこもれびの道」のコースには赤穂四十七義士石像が祀られており一度歩いてみたいと思っていたコースでした。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 北陸新幹線の安中榛名駅(マップコード=705 072 878)までは自宅から約20kmで40分ほど…、現地スタート時間から逆算して午前7時半前に自宅を出発すると旧榛名町経由で安中榛名駅に向かいます。

 朝の通勤時間帯と重なり途中の道路が少し渋滞気味でしたが、国道406号線~県道48号線と走って行くと、ほぼ予定した時間で安中榛名駅の市営駐車場に到着しました。

 すぐに車を停めて準備をすると先ずは赤穂四十七義士石像に向かって歩き始めます。(新幹線で通勤する人たちの車が沢山停まっていました…)

160226002

 駅前の交差点から妙義山の岩峰群が良く見えていました。

160226003

 安中榛名駅の背後に見えるのが石尊山で帰りは駅の北口側に下ってきます。

160226004

 駅前から道路沿いに進んで行くと赤穂四十七義士石像の案内標識が立っています。

160226005

 さらに進んで新幹線の陸橋を渡ります。(右奥が御殿山のようです…)

160226006

 駅前の交差点から15分ほどで四十七義士石像の入口交差点がありました。

160226007

 標識に従って少し登ると義士石像の入口が見えてきます。(左奥に進むと石尊山…)

160226008

 石像入口から山道を進んで行くと御殿山の岩陰に義士石像が祀られていました。

160226009

 赤穂義士石像の前の説明書きで安中市の指定史跡でした。

160226010

 義士石像を参拝して入口に戻ると道標に従って石尊山に向かいます。

160226011

 山道を10分ほど進んで荒廃した竹藪を抜けると長岩集落が見えました。

160226012

 さらに道路横の案内標識に従って石尊山に向かいます。(左側が公民館…)

160226013

 上長岩集落から雉子ヶ尾峠に向かう分岐点を見落としたようで、集落内を進んで行くと石尊山遊歩道の標識がありました。(帰りは右上から戻りました…)

160226014

 Y字路の手前に安中榛名駅の分岐点があり、ここが駅近道の分岐点になっていました。

160226015

 綺麗に咲いた梅林の向こうに東・西御荷鉾山が並んでいます。

160226016

 道路沿いに点在する梅林で沢山の白梅が咲いていました。

160226017

 石尊山遊歩道の標識に従って進んで行くと再び妙義山が見えてきました。 

160226018

 白雲山の左奥に真っ白な八ヶ岳(赤岳)が見えていました。

160226019

 Y字路から10分ほど進むと遊歩道の案内図が立っていました。

160226020

 案内図の隣りに石尊山登山口の石鳥居がありました。

160226021

 案内図に従って階段を登って行くと中腹の道路を横切り、遊歩道の標識に従って山頂に向かいました。

160226022

 ガイドブックでも紹介されていたように石鳥居からは560段の階段登りが続きました。

160226023

 案内図にあったように登る途中に不動明王の石像がありました。

160226024

 石鳥居から20分ほどで沢山の石祠が並ぶ石尊山の山頂に到着しました。(山頂の案内標識が一部が外されており、尾根通しの登山道は廃道扱いになったようですが、風戸峠に向かう尾根道のヤブの中に赤テープが残っていました…)

160226025

 山頂の周囲は樹林帯で南東側を中心に展望が広がっていました。(手前が安中榛名駅と駅前の分譲住宅地です…)

160226026

 一通り景色を眺めると往路を戻って戸谷山に向かいます。

160226027

 風戸峠に向かう県道の分岐を左に進んで行くと戸谷山の道標が立っています。

160226028

 太陽光発電所の横を通過すると戸谷山に向かって道なりに進みます。

160226029

 分岐点から15分ほどで戸谷山と関東ふれあいの道の標識がありました。(分岐点の少し先にトイレが見えました…)

160226030

 標識に従って少し進むとガイドブックに載っていた東屋が立っていました。

160226031

 さらに標識に従って戸谷山に向かいます。

160226032

 途中から関東ふれあいの道から分かれて右に進むと戸谷山の標識が立っています。

160226033

 ガイドブックの通り案内標識の横に群馬TVの中継施設が作られていました。

160226034

 周辺を少し探しましたが中継施設の横に戸谷山の標識と三角点がありました。(ここで赤穂四十七義士石像で行き会った茨城の夫婦連れの人たちと再会し情報交換しました…)

160226035

 茨城の人たちと別れると帰りは尾根通しの登山道を下って風戸峠に向かいます。

160226036

 戸谷山から15分ほどで風戸峠に下りましたが、石尊山側の標識は外してありました。

160226037

 風戸峠から道路を歩いて安中榛名駅まで戻りますが、途中から見えた妙義山が見事なものでした。

160226038

 中央左に裏妙義の丁須岩が見えており、西大星の右側が上信国境の山々です。

160226039

 さらに道路を歩いて駅近道の分岐点まで戻ると安中榛名駅に向かいます。

160226040

 イノシシの楽園のような耕作放棄地を下って駅前の駐車場に戻ると、総行程3時間40分ほどで陽だまりの里山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で箕郷温泉・まねきの湯(割引入湯料で260円)に寄って汗を流し、昼食を食べてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで行き会ったのは茨城から遠征してきた二人連れだけで、ローカルな里山とは言え群馬100名山ならもう少し歩かれて良さそうに思いました。

 群馬100名山のガイドブックは上長岩の集落から尾根通しで石尊山~戸谷山まで歩けるようになっていますが、途中の登山道が大分荒れて案内標識なども外してあるため、ガイドブックを頼りに歩くとなると少し困惑するコースと思いました。

 茨城からの人たちとも話しましたが、群馬100名山として他県の人たちにも紹介するなら、も
う少しコース整備しないと100名山の名前が泣くように思いました。

« 浅間連峰 高峰山(16.02.12) | トップページ | 秩父 小鹿野アルプス(16.03.03 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは✿
ひまじんさん、B型インフルエンザでしたか(´Д⊂
もう体調は回復されたのでしょうか?
どうぞご自愛くださいね(_ _)

石尊山は群馬100名山なんですね!(゚▽゚*)
随所から妙義山の眺めがいいですfuji
道中、赤穂四十七義士石像があったり、不動明王の石像などあり味わいある山ですね。
梅林越しに見る東西の御荷鉾山は、もう春景色ですねcherryblossom

戸谷山までは少し登山道が荒れてるのでしょうか?
迷いそうなところに道標がきちんとあると安心ですがheart02

お天気のもと、ひまじんさんにとりまして、よい復帰登山になりましたねsign01
これからは、お花とともに春山に突入でしょうかtulipfuji

らるご さん>こんにちは…
インフルエンザはリレンザを吸って回復しましたが、今年は正月早々に寝込んだり
歳なんだだなぁ~と感じています…sweat01
今回はガイドブックを参考に歩きましたが、コースが荒れて標識が無くなった場所も
あり、標識通りに歩いたら今回のルートとなりました。
戸谷山の方がルートがハッキリした感じで、石尊山は尾根通しの登山道がヤブに
なったりしているため、石鳥居のルートが一番分かりやすいように思いました。
近くに県内で一番大きな秋間梅林がありますし、下山後に花見cherryblossomに寄るのも
面白いと思いますよ…good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63269264

この記事へのトラックバック一覧です: 安中 石尊山(16.02.26):

« 浅間連峰 高峰山(16.02.12) | トップページ | 秩父 小鹿野アルプス(16.03.03 その1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック