« 日光 社山(16.02.07) | トップページ | 安中 石尊山(16.02.26) »

2016年2月13日 (土)

浅間連峰 高峰山(16.02.12)



① 2016年2月12日(金)天候:晴れ一時曇り
② 高峰山:2091.6m
③ コースタイム(総行動時間:4時間25分)
 高峰高原ホテル駐車場(08:18)===車坂山(08:41)===槍ヶ鞘(09:47)===中コース分岐(09:52)===ASAMA2000スキー場分岐(10:16)===車坂峠(10:33)===高峰温泉分岐(11:08)===高峰山(11:28~11:57)===高峰温泉分岐(12:16)===高峰高原ホテル駐車場(12:43)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:7.879km、累積標高:±745m)
160212000

 週末の天気予報が思わしくなく天気が崩れる前に…と言うことで1月に予定していた浅間の黒斑山を歩いて来ることにしました。(前日の山行でも良かったのですが好天の祝日で激混みが予想されたため1日遅らせて出かけることにしました…)

 4年ぶりの黒斑山は仙人岳まで往復する予定でスタートしましたが、登る途中からガスが湧き始め槍ヶ鞘に上がった頃には前掛山が見えなくなっていたため、槍ヶ鞘から黒斑山に向かうのを諦めることにし、展望箇所から山頂が見えていた高峰山を歩くことにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口の車坂峠(マップコード=85 866 141)までは自宅から約85kmで1時間半…、午前6時半前に自宅を出発するとR18~上信越道と走って長野方面に向かいます。

 中部横断道の北佐久ICで高速を下りると一般道を走って高峰高原に向かい、浅間サンライン~チェリーパークラインと走って行くと、ほぼ予定した時間で車坂峠に到着しました。(途中に凍結箇所もあるため冬タイヤなどが必要です…)

 平日で高峰高原ホテルの駐車場が少し空いていたため、下山後に汗を流す予定だった高峰高原ホテルの駐車場を借りることにしました。(すぐ先にビジターセンターの駐車場もありますが…)

160212002

 道路を渡ると登山口で良く踏まれた登山道のため、最初からアイゼンを履いて歩くことにしました。

160212003

 ポストに登山届を投函すると槍ヶ鞘に向かって歩き始めます。

160212004

 15分ほどで車坂山に上がると八ヶ岳に雲がかかっていました。(高速で見た時は蓼科山辺りに雲があっただけでしたが…)

160212005

 この時点では金峰山と瑞牆山の先に富士山が見えていました。

160212006

 車坂山から鞍部まで少し下ると展望箇所に向かって登り返します。

160212007

 鞍部から20分ほど登り返すと展望の斜面に出て来ました。

160212008

 高峰山の先に真っ白な槍穂が見えています。

160212009

 水ノ塔山の右奥に北信の山々が霞んでいます。(黒姫山~火打山~妙高山…)

160212010

 さらに登って樹林帯を抜けると黒斑山にガスが湧き始めていました。

160212011

 天気予報より早めに天気が崩れ始めたようですが、途中でガスの晴れるのを期待して先に進みました。(途中のコース変更も検討…)

160212012

 槍ヶ鞘の取り付きの急登箇所を登ると雪を被ったシェルターの横を通過します。

160212013

 登山口から1時間半ほどで槍ヶ鞘に着きましたがガスが流れて景色が見えません。(このまま黒斑山に向かっても景色が見えそうにないため、今回は黒斑山を諦め展望箇所から山頂が見えていた、高峰山に向かうことにしました…)

160212014

 槍ヶ鞘からこんな雪景色(2012年2月19日撮影)を予定していましたが…think

160212015

 槍ヶ鞘から中コース分岐に下ると道標に従って中コースを下ります。

160212016

 中コースも良く踏まれており山頂から戻って来た人たちと前後しながら下ります。

160212017

 中コースの展望箇所まで下ると高峰山が見えており、標高2200m辺りから下ではガスが湧いていないようでした。

160212018

 展望箇所から少し下るとASAMA2000スキー場に向かうスノーシューのコースが出来ていました。

160212019

 さらに下って樹林帯が切れると高峰山が見えますが、これなら山頂からの景色も大丈夫そうでした。

160212020

 中コースの分岐点から40分ほどで車坂峠に戻ると、高峰高原ホテルの裏を抜けて高峰山の登山口に向かいます。(少し先に見えるのが車坂峠の公衆トイレです…)

160212021

 ホテル裏側の駐車場を抜けると登山口となる高峰神社の鳥居がありました。

160212022

 高峰山側の登山道も良く踏まれたトレースが残っていました。

160212023

 登山口から20分ほどで稜線に上がると高峰山の山頂が見えてきます。

160212024

 稜線からは見事な展望が広がり南東方向に奥秩父方面の山々が見えました。(富士山は雲に隠れました…)

160212025

 背後を振り返ると黒斑山や槍ヶ鞘などに雲に覆われていました。

160212026

 アップダウンの稜線を進んで行くと高峰温泉に向かう分岐点がありました。(スノーシューのツァーの人たちが歩いていました…)

160212027

 さらに高峰山の山頂に向かって進みます。

160212028

 左背後を振り返ってみると黒斑山を覆っていた雲が薄くなっていました。

160212029

 展望箇所からさらに進むと車坂峠から1時間ほどで高峰山の山頂となりました。(地形図の山頂は少し手前のピークにあったようです…)

160212030

 山頂からの展望は見事なもので西側に白銀の北アルプスが並んでいました。

160212031

 三方ヶ峰の先に爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~五竜岳が見えています。

160212032

 少し左側の穂高連峰と槍ヶ岳に雲がかかっていました。

160212033

 南西方向の車山や美ヶ原の先には雲がかかっていました。(好天なら中央アルプスや御嶽山が見えそうです…)

160212034

 南側に見える八ヶ岳のピークは雲に隠れました。

160212035

 南東方向に西上州や秩父方面の山々が並びます。

160212036

 山頂標識の少し下に高峰神社がありました。(豊穣と水の神様のようです…)

160212037

 東側を見ると雲が薄れて槍ヶ鞘の左奥に前掛山が見えていました。(ガスが晴れた頃に黒斑山に登っていた人たちはラッキーです…)

160212038

 北東側の歩いてきた稜線の先に谷川連峰の山々が見えました。

160212039

 一通り景色を眺めると少し休憩して昼食タイムとしました。

160212040

 30分ほど休んで行動食を取ると往路を戻りましたが、黒斑山にはガスがかかって山頂が見えなくなっていました。

160212041

 山頂から20分ほどで高峰温泉の分岐を通過し、さらに25分ほど歩いて高峰高原ホテルに戻ると、総行程4時間25分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、高峰高原ホテルの雲上の温泉(冬場の入湯料は500円)で汗を流しサッパリしてから帰宅しました。

 ※ブログに掲載出来なかった写真はデジブックに載せています…

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で3~40人ほどですが、高峰山側の登山道でも予想以上の人たちが歩いていました。(小諸市のHPで登山・下山届をダウンロードするとハイキングマップが付いています…)


 これまで高峰山は歩いたことがなく今回は途中で行き先を変えて歩きましたが、高峰山を歩く時は車坂峠から水ノ塔山の向かう時に立ち寄る予定だったため、次回の高峰山は当初予定のコースを歩きたいと思っています。

 今回は綺麗な樹氷とエビの尻尾を目当てに黒斑山としましたが、浅間山周辺は先月の大雪以降はあまり降っていないようで、槍ヶ鞘まで登っても枝先に残った雪も僅かでし
た。春先の残雪歩きを楽しむためにももう一回位はまとまった量の雪が欲しいものです。

« 日光 社山(16.02.07) | トップページ | 安中 石尊山(16.02.26) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは✿
去年、黒斑山に登ったときの登山道を思い出しながら拝見しました(゚▽゚*)
雪に覆われると雰囲気が違いますね。あの日は曇りで遠くの展望はあまりなく。
北アをはじめ様々な山がきれいに見えるのですねhappy01
槍ヶ鞘でガスってしまい、浅間山のゼブラ模様が見えなくて残念でした(>_<)
高峰山からの風景、雄大ですばらしいです!(^^)!
こちらにルート変更して正解でしたねnote
高峰山ですが、危険な箇所はありますか?
登れなくてもこの周辺いつかスノーシューでハイクもいいかなnoteなんて想像してしまってcoldsweats01
高峰高原ホテルの温泉から八ヶ岳など見えましたか?
私どもの行った日は、雲上の温泉もガスってなにも見えず残念でした(;´Д⊂

らるご さん>こんばんは…
好天なら黒斑山のコースで周囲の景色を楽しめますが、ガスが出ると
折角の景色が台無しになりますよね。
高峰山は特に危険な個所はなく、夏場の標準コースタイムが登り40分、
下り30分だったと思いますが、雪があるともう少し時間がかかります。
確か高峰温泉で初心者向けのスノーシューツァーをやっていて、高峰山と
水ノ塔山のコースがあったように思います。
高峰高原ホテルはラウンジからの景色も良く、雲上の湯からも八ヶ岳などが
見えたと思います。

こんばんは♪
昨年の浅間山山行は中止になりましたけど、
今年は浅間山を眺めに黒斑山に会山行でトライすることになりました。
ひまじんさんが観る予定だった縦縞の浅間山を越後のノボラー隊が、眺めてきますscissors
高峰山への登山道から眺める景色、素晴らしいですね(*゚▽゚)ノ
空の青と真っ白な雪、憧れますぅー♡
アタシも、こんな冬山歩きがしたいなぁ~lovely

tuba姐 さん>こんにちは…
4年ぶりにゼブラ模様を眺めに黒斑山に向かいましたが、生憎の天気と
なって山頂は断念してしまいました。
その代わりに行った高峰山でしたが、山頂からの展望が良かったことも
あり、グリーンシーズンの山行が楽しみになりました。
今年は1月の大雪以来あまり降っていないようで、高峰山からちょこっと
見えた前掛山に大分地面が出ていたのが気になりました。
越後ノボラー隊が登った時に綺麗なゼブラ模様が見られるよう
自宅から見える浅間山に雪乞いしておきますかね…♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63203447

この記事へのトラックバック一覧です: 浅間連峰 高峰山(16.02.12):

« 日光 社山(16.02.07) | トップページ | 安中 石尊山(16.02.26) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック