« 北横岳~縞枯山(16.01.27 その2) | トップページ | 浅間連峰 高峰山(16.02.12) »

2016年2月 8日 (月)

日光 社山(16.02.07)



① 2016年2月7日(日)天候:晴れ
② 社山:1826.6m
③ コースタイム(総行動時間:6時間33分)
 歌ヶ浜駐車場(07:38)===狸窪(08:18)===阿世潟(08:49)===阿世潟峠(09:15~09:26)===雨量計のピーク(10:01)===社山(11:15~11:48)===雨量計のピーク(12:26)===阿世潟峠(12:45)===阿世潟(13:04)===狸窪(13:33)===歌ヶ浜駐車場(14:11)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:12.547km、累積標高:±894m)
160207000

 前回から10日ぶりとなる山歩きとなりましたが、2年半ぶりに日光の社山に出かけることにしました。(当初は戦場ヶ原のスノーハイクも考えましたが現地の雪が少なそうなため次の機会としました…)

 2年半前の社山は5月の連休期間中の山歩きで、中禅寺湖畔の林道脇でアカヤシオが咲き始めていましたが、今回は冬場の日光方面では初めての雪遊びと言うことで、比較的に歩きやすそうな社山を選んでみました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点となる歌ヶ浜駐車場(マップコード:947 239 278)までは自宅から100kmほどで2時間半ほど…、早朝5時過ぎに自宅を出発すると大間々~足尾経由の一般道を走って現地に向かいます。

 国道122号線の日足トンネルを抜けて国道120号線に出ると、第2いろは坂を登って中禅寺湖畔に向かいましたが、途中の明智平周辺から見えた男体山には少し雲がかかっていました。(日陰などで道路が凍結しているため冬タイヤなどが必要です…)

 早朝で走る車も少なく予定より少し早めに歌ヶ浜駐車場に到着すると、数台の車が停まっており先着した人たちが準備をしていました。(駐車場のトイレには鍵がかかっていましたが少し手前にある立木第2駐車場の公衆トイレが使えました…)

160207002

 車を停めて準備をすると湖畔道路を歩いて阿世潟に向かいます。

160207003

 駐車場から15分ほどでイタリア大使館別荘記念公園前を通過します。

160207004

 少し進んで湖畔に出るとこれから向かう社山が見事なものでした。

160207005

 北西方向には日光白根山(奥白根山)の綺麗な山頂が見えていました。

160207006

 駐車場から40分ほどで狸窪となりました。(ここまで湖畔道路が除雪されていました…)

160207007

 ゲートを抜けて半月峠の分岐点を通過するとトレースをたどって阿世潟に向かいます。

160207008

 少し進んで湖畔出ると見事な男体山が見えていました。

160207009

 駐車場から1時間ほど進んで社山が大分近付いてきました。

160207010

 雪道のため予定より少し遅れて阿世潟の分岐点を通過しました。

160207011

 さらに良く踏まれたトレースをたどって阿世潟峠に向かいます。

160207012

 阿世潟から25分ほどで阿世潟峠が見えてきました。(北西からの強風でした…)

160207013

 阿世潟峠で一休みするとアイゼンを履いて先に進みます。

160207014

 少し登って小ピークに上がると雨量計のピークの先に山頂が見えてきました。

160207015

 南南西の方向に真っ白な富士山が見えていました。(左手前は備前楯山…)

160207016

 さらに雨量計のピークに向かって急登して行きます。(夏場は折り返しの登山道…)

160207018

 阿世潟峠から25分ほどで雨量計のピーク(1567ピーク)に上がりました。

160207019

 稜線の右奥に日光白根山が見えますが少しガスが湧いたようです。

160207020

 雨量計のピークから少し下ると山頂に向かって登り返します。(前方に先行ハイカー…)

160207021

 南側には足尾周辺の山々や遠く秩父方面の山々が見えています。

160207022

 10分ほど登って小ピークに上がると山頂手前の小ピークが見えてきます。

160207023

 稜線の北東方向に男体山が見えており、中禅寺湖の左側に上野島が見えました。

160207024

 少し進んで次の小ピークに上がると半月山を眺めながら一休みです。

160207025

 さらに直登するトレースをたどって先に進みます。(身体にきつい登りでした…)

160207026

 男体山の左奥に山王帽子山と太郎山が良く見えました。

160207027

 雨量計のピークから50分ほどで展望の良い稜線となりました。

160207028

 稜線の南西方向には袈裟丸連峰が見えてきました。

160207029

 北東方向の雲が少し薄れ高原山の中腹が見えてきました。

160207031

 さらに登ると登山道の傾斜が少し緩やかになりました。

160207032

 駐車場から3時間半ほどで社山の山頂に到着しました。(前回より40分オーバー…)

160207033

 南側から南東寄りが首都圏方面ですが白く霞んでハッキリ見えません。

160207034

 山頂から少し進むと袈裟丸山~庚申山~鋸山~皇海山などが見えました。

160207035

 北東方向には錫ヶ岳と日光白根山が見えました。

160207036

 山頂に到着する頃には風が弱まり景色を眺めながら昼食タイムとしました。

160207037

 山頂西側で30分ほど休むと往路を戻って下り始めます。

160207038

 山頂標識の裏側から日光連山が良く見えました。

160207039

 高原山にかかっていた雲も大分薄くなりました。

160207040

 山頂から少し下ると半月山の右側に駐車場が見えてきました。

160207041

 下る途中で北側を眺めると戦場ヶ原の赤沼周辺が見えるようです。

160207042

 さらに周辺の綺麗な景色を眺めながら下って行きます。

160207043

 山頂から30分ほど下ると前方に雨量計のピークが見えました。

160207044

 鞍部から少し登り返して雨量計のピークに上がると山頂に別れを告げました。

160207045

 さらに往路を戻って山頂から1時間10分ほどで阿世潟に下り、阿世潟からさらに1時間ほど歩いて歌ヶ浜駐車場に戻ると、総行程6時間半ほどで今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で水沼駅温泉センター(入湯料480円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。(前回寄った湖畔の湯は改装工事中で休業していました…)

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で8人ほどで、日曜日としては意外に少ない感じがしました。(危険個所もなく冬山としては比較的に取り付きやすいところと思いましたが…)

 阿世潟峠から雨量計のピークを通過する頃には冷たい強風が吹いており、ゴーグルを車に置いてきたためこれは大変だな…と思いましたが、山頂に近付く頃には風も弱まり山頂では風を気にせずユックリ休むことができました。

 次回の社山は秋の紅葉時期に歩きたいと思っていますが、単調な湖畔道路を往復2時間ほど歩くも味気ないため、半月山の駐車場から歩くことも検討したいと思いました。

« 北横岳~縞枯山(16.01.27 その2) | トップページ | 浅間連峰 高峰山(16.02.12) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは✿
雪の社山、そして冬の日光の美しさに感動しておりますヽ(´▽`)/
いいですね!!
社山はひまじんさんのレポを拝読して、2年前春に登りましたが素晴らしい景色の連続でheart04
冬は雪で山の陰影がくっきりと出て、日光連山とコバルトブルーの中禅寺湖がさらに浮き立ちますねsign03
白根山もこの季節限定の美しい山容でどのお写真もため息ですconfident
ところで、アイゼンは6本刃では危ないですか?
ピッケルも要りますか?
今は無理ですが、冬に頑張って登りたい山になりました(゚▽゚*)
違った魅力の社山、ご紹介頂きありがとうございます(_ _)

らるご さん>こんばんは…♪
早速のコメント有難うございました。
登る途中では季節風が強く、風上側の頬が痛い位でしたが、
山頂に近付く頃には少し弱まって助かりました。
ノーアイゼンでは大変ですがアイスバーンでなければ6本刃でも
何とか行けると思います。(急登区間が多いため前爪があった方が
安心ですが…)
ピッケルは車に置いて行きましたが、皆さんもダブルストックで
歩いていましたね…

社山はしばらく歩いていませんが、やはり格好いい山ですねえ。
景色もいいしまた歩きたくなりました。
冬場は日光の山々の陰影がくっきりとして一段と素晴らしい景色ですね。
それにしても以前歩いた時のイメージと違って雪が少ないなあと感じました。
社山は残雪時期などは黒桧山方面に下って中禅寺湖を目指すコースも面白いです。
以前はふみ後も少なかったけど今はどうなんでしょう?
日光方面の山はしばらくご無沙汰してます。
久しぶりに歩いてみたくなりました。

kyou さん>こんにちは…
今シーズンは社山の雪も少ないようで、8合目辺りでは強風で雪が
飛ばされて地面が出ているところがありました。
ヤマレコを見るとこの日黒檜岳までピストンした人がいたようですが
グリーンシーズンでも歩く人は少ないみたいですね。
縦走するにしても距離があって大変なようですし、千手ヶ浜側から
ピストンする人たちもいるようですが、いずれも健脚向きのコースで
踏み跡が少ないようです。
日光のスノーハイクは戦場ヶ原に行く人たちが多いようで、社山は
あまり知られていないのか歩く人が少ないですね…

 初めてコメントさせていただきます。
私も今シーズンは社山へ雪山山行したいと思っていましたが、
この時期に訪れる人はいるのだろうか?
トレースはあるのだろうか?と
ひと気のない雪山は怖いなとなかなか踏ん切りがつかずにいました(^^;)
 でも、ひまじんさんのレポを見て安心しました。
雪の量も適度でトレースもしっかりついているようですし、
景色も無茶苦茶良さそうですね!
 天気のいい日に行ってみようと思います。


鍬岳 さん>こんにちは…
日光方面では戦場ヶ原のスノーハイクが良く知られていますが、
社山の方はそれほどでもないようですね
自分は相互リンクの気ままな男…の赤城さんのレポで社山を知り、
春先を歩いた後でいつか冬場も歩きたいと思っていました。
今回は事前にヤマレコ(http://www.yamareco.com/)で検索して
積雪量などを確認しましたが、1月末のレポが載っていましたので
とても参考になりました。
好天なら見事な展望が楽しめますので一度行かれてみて下さい…
ココログ仲間ですしこれからもよろしくお願いします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63181499

この記事へのトラックバック一覧です: 日光 社山(16.02.07):

« 北横岳~縞枯山(16.01.27 その2) | トップページ | 浅間連峰 高峰山(16.02.12) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック