« 北横岳~縞枯山(16.01.27 その1) | トップページ | 日光 社山(16.02.07) »

2016年1月28日 (木)

北横岳~縞枯山(16.01.27 その2)

その1)から続く…

 坪庭の先がこれから歩く縞枯山となりますが、左側鞍部にある雨池峠から登り返します。

160127041

 北横岳ヒュッテから25分ほどで坪庭の分岐点に下りました。

160127042

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 北横岳から坪庭に戻ると今度は縞枯山に向かいます。

160127043

 5分ほどで山頂駅からの遊歩道と合わさると、さらに雨池峠方面に向かって進みます。(正面のピークは雨池山となります…)

160127044

 少し進んで樹林帯を抜けると縞枯山荘が見えました。(この日は休業日でした…)

160127045

 縞枯山荘を通過すると真っ白な縞枯山を眺めながら雨池峠に向かいます。

160127046

 坪庭の分岐点から20分ほどで雨池峠に到着しました。

160127047

 積雪も少なく登山道には良く踏まれたトレースが残っていました。(念のため持って行ったワカンは使わずじまいでした…)

160127048

 10分ほど進むと急勾配を直登する登山道となりました。

160127049

 雨池峠から30分ほどで稜線に上がると縞枯山の標識が立っていました。

160127050

 登山道の周囲は明るい樹林帯で樹氷の間から中央アルプスと御嶽山が見えました。

1601270501

 山頂から少し進むと立枯れ帯となり、右前方に南八ヶ岳の稜線が見えました。

160127051

 右背後には雪雲が取れた穂高連峰と槍ヶ岳が見えました。

160127052

 さらに進むと樹林帯となり綺麗な樹氷の間を抜けて展望台に向かいます。

160127053

 山頂から10分ほどで展望台の分岐点に着きました。(直進すると茶臼山…)

160127054

 分岐から少し進んで小岩峰に上がると展望が広がる縞枯山の展望台がありました。

160127055

 すぐ南側の茶臼山の先に南アルプスの山々が並びます。

160127056

 南西側に中央アルプスの山々が並び、木曽駒ケ岳の右手前が守屋山と思います。

160127057

 さらに右側の御嶽山が少し霞みました。

160127058

 西側に見えているのが乗鞍岳ですが北側には雪雲がかかっています。

160127059

 展望台の北西方向に先ほど歩いてきた北横岳が見えました。

160127060

 北側の樹林帯の先に四阿山と浅間連峰が見えています。

160127061

 東側には両神山と御座山が見えました。

160127062

 南東方向に奥秩父の山々が並びますが左側の三宝山が良く目立ちます。

160127063

 展望台から一通り景色を眺めると風を避けて一休みすることにしました。

160127064

 分岐点で10分ほど休んで行動食を取ると往路を戻って下り始めます。(写真は山頂の中間点の標識です…)

160127065

 分岐点の休憩場所から10分ほどで山頂手前の立枯れ帯まで戻って来ました。

160127066

 北西方向に残っていた雪雲も大分少なくなりました。

160127067

 雪の少ない鉢伏山の先に穂高連峰~槍ヶ岳~常念岳~大天井岳が続きます。

160127068

 山頂北側の案内標識まで戻ると右に下って雨池峠に向かいます。

160127069

 10分ほど下ると樹林帯が切れて北横岳が見えてきました。

160127070

 山頂から15分ほどで雨池峠に下るとさらに20分ほど遊歩道を歩いて山頂駅まで戻り、総行程4時間22分で今シーズン初めての雪山歩きを終了しました。

 山頂駅に戻って道具を片付けると14時発のRWで山麓駅に下り、家に帰る途中で白樺湖温泉・すずらんの湯(入湯料700円)に寄ることにし、温泉に浸かって冷えた身体を温めサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で40人ほどですが、縞枯山側の登山道で行き会ったのは10数人ほどで、歩きやすい北横岳に人気のあるのが良く分かりました。

 冬場の縞枯山は5年ぶりとなりますが、前回に比べて雪が少なく歩きやすかったようで、この分なら五辻に下って縞枯山を周回しても良かったようです。(五辻に下る登山道も良く踏まれていたようです…)

 久しぶりにアイゼンを付けた雪山歩きは疲れが足に来るようで、前回の宝登山に比べると歩行距離は短かったものの、山頂駅に戻る途中の僅かな登りが辛いものでした。(行動食を取るのが最後になってシャリバテになったのかも知れません…)

 北八ヶ岳ロープウェーの往復乗車券は1900円ですが、モンベルの会員カードを提示して200円引きとなりました。(一人分だけ会員特典になるようです…)

« 北横岳~縞枯山(16.01.27 その1) | トップページ | 日光 社山(16.02.07) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
素晴らしい山歩きを堪能されたんですね。
空の青さと雪の白さが澄みきった空気でほんと綺麗です。
こんな写真見せられたら行ってみたくなります。
北横岳はもうかなり前一度歩いたことはありますがもう記憶もありません。
久しぶりに歩いてみたくなりました。
28日、赤城へ行きましたが樹氷はなし。
展望もちょっと靄っててちょっと不完全燃焼でした(*_*;。

kyou さん>こんにちは…
当初は先週の予定でしたが体調が今一つで1週間ほど遅れました。
暖冬で駐車場周辺の雪が少なく山の上の積雪量が少し心配でしたが、山頂駅に
上がると何とか見られる雪景色になっていました。
朝の内は山頂付近に雪雲が流れていましたが、山頂に到着する頃には雪雲が切れ、
周囲の景色を眺めることが出来ましたが、谷川方面などは霞んで見えなかったのが
残念でした。
今日の雪で赤城の積雪も増えるでしょうし樹氷が出来るかも知れませんね…

わぁー!
イイなぁ~♪
良い天気に素晴らしい景色sunsnow
数日違いでこれですもんねぇーヽ(´▽`)/

来年も八ヶ岳に行きますよぉー

tuba姐 さん>こんにちは…♪
この日は強い風でしたが途中から雪雲が取れて綺麗な雪景色を
眺めることが出来ました。
tuba姐 さんが行った時は、雪に慣れた新潟で国道の車が立往生する
ほどの大寒波でしたし、山の上は大荒れだったでしょうね…typhoon
自宅周辺地域で雪景色が見られるのは年に2~3回位で、青空の下で
樹氷を見られる機会などは滅多にありませんし、今回のような白銀の
世界に行くと嬉しくなりますね…shine
次回がピーカンになるといいですね~good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/63132303

この記事へのトラックバック一覧です: 北横岳~縞枯山(16.01.27 その2):

« 北横岳~縞枯山(16.01.27 その1) | トップページ | 日光 社山(16.02.07) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック