« 赤城 鍋割山・荒山(15.12.12) | トップページ | 大坊山・大小山(15.12.27 その1) »

2015年12月20日 (日)

山梨 竜ヶ岳(15.12.19)



① 2015年12月19日(土)天候:晴れ
② 竜ヶ岳:1485m
③ コースタイム(総行動時間:4時間30分)
 本栖湖キャンプ場駐車場(06:45)===登山口(07:00)===石仏(08:00)===分岐点(08:40)===竜ヶ岳(08:50~09:45)===分岐点(09:55)===石仏(10:20)===登山口(11:00)===本栖湖キャンプ場駐車場(11:15)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:8.538km、累積標高:±714m)
151215000

 1週間ぶりの山歩きは今年4回目となる山梨県まで出かけることにし、ガイドブックでダイヤモンド富士の名所と紹介されている竜ヶ岳に行って来ることにしました。

 ネットで調べると竜ヶ岳のダイヤモンド富士は大変人気があるようで、元旦の初日の出の時は登山道が渋滞するほどの人出になるようですが、今回は登る途中でダイヤモンド富士を眺めることにし、山頂では周囲の見事な展望を楽しむことにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点の本栖湖キャンプ場の駐車場(マップコード=312 447 518)までは自宅から約190kmで早朝なら2時間半ほどで到着するため、午前4時過ぎに自宅を出発すると前橋ICから関越道~圏央道~中央道と走って現地に向かいます。

 河口湖ICで高速を下りると国道139号線を走って本栖湖方面に向かい、本栖の交差点を右折して本栖湖の湖畔道路を時計回りに走って走って行くと、本栖湖キャンプ場の入口に大きな駐車場がありました。

 50台分ほどの駐車場にダイヤモンド富士目当ての車が10数台停まっており、2~3台の車の人たちが歩く準備をしていました。

151219002

 準備を終えると歩き始めましたが松林の上に雪の少ない富士山が見えました。

1512190021

 キャンプ場の所どころに立っている案内標識に従って登山口に向かいます。(キャンプ場のトイレが使えました…)

151219003

 道路を渡って少し進むとT字路があり、ここは林道側に進んで正解でした。

151219004

 駐車場から15分ほどで竜ヶ岳の登山口がありました。

151219005

 登山口から少し進むと九十九折れの登山道になりました。

151219006

 登山道は良く整備されており道迷いの心配はありません。

151219007

 30分ほどで緩やかな小ピークに上がるとベンチが置いてありました。

151219008

 ガイドブックに載っていたように木立の間から富士山が見えました。

151219009

 小ピークから少し下ると山頂稜線が見えてきました。(山頂ではなかったようです…)

151219010

 南東方向に見える富士山山頂からの日の出を気にしながら先に進みます。

151219011

 少し進んで展望箇所に出ると富士山周辺が大分明るくなりました。(この時はダイヤモンド富士が見えるまではもう少し時間があると思っていました…)

151219012

 さらに進んで樹林帯を歩いている時に山頂から日の出が始まり、急ぎ足で樹林帯を抜け出して富士山の写真を撮り始めました。

151219013

 山頂の日の出の瞬間を見逃したことは残念でしたが、何とかダイヤモンド富士を眺めることが出来ました。

151219014

 僅かの時間でダイヤモンド富士が終ると先に進んで山頂に向かいます。

151219015

 登山口から1時間ほどで展望台と石仏のある緩やかな稜線に到着しました。

151219016

 展望台の前で数人のカメラマンが機材を片付けていましたが、ここからダイヤモンド富士の写真を撮っていたようです。

151219017

 南側の稜線の先に長者ヶ岳(山梨100名山)と天子ヶ岳が見えました。

151219018

 名称通り展望台の裏側に石仏の祀られた小さな祠がありました。

151219019

 石仏からは再び九十九折れの登山道となり、左右に折り返しながら高度を稼ぎます。

151219020

 少し高度が上がると北東側に御坂山塊の山々が見えてきます。(鬼ヶ岳~十二ヶ岳~黒岳~三ツ峠山…)

151219021

 折り返しの登山道には大きな霜柱が出来ており、気温が上がるとグチャグチャな登山道になりそうです。

151219022

 さらに高度が上がると鬼ヶ岳の左側に王岳が見えてきます。

151219023

 九十九折れの登山道が終ると竜ヶ岳の左奥に雨ヶ岳が見えてきます。

151219024

 石仏から40分で分岐点となりました。(右に進むと本栖湖に下れるようです…)

151219025

 分岐点を通過すると緩やかになった登山道を進んで山頂に向かいます。

151219026

 駐車場から2時間ほどで竜ヶ岳の山頂となりました。

151219027

 南西側に雨ヶ岳の山頂が見えますがこちらも富士山の展望が良さそうです。

151219028

 少し右側に南アルプスの白い山々が並びます。(聖岳~赤石岳~荒川東岳~塩見岳…)

151219029

 さらに右側に農鳥岳~間ノ岳~北岳が並び、少し離れて薬師岳が見えました。

151219030

 山頂から少し先に進むと雲のかかった八ヶ岳とその右手前に茅ヶ岳が見えました。

151219031

 山頂で1時間ほど休んで昼食タイムを取ると山頂標識を撮って下山を始めました。

151219032

 山頂にあった標識に駿河湾とありましたが白く霞んでハッキリしません。

151219033

 山頂から少し下ると西湖が見えました。

151219034

 北側には奥秩父の山々が見えますが雲がかかって山容は分かりません。

151219035

 三ツ峠山の少し右側に御正体山と丹沢の蛭ヶ岳が見えました。

151219036

 本栖湖に下る分岐点を直進すると帰りは富士山を眺めながら下ります。

151219037

 山頂から15分ほど下ると石仏の展望台が見えました。

151219038

 30分ほどで石仏の展望台に下ると富士山の西側に陽が射し始めていました。

151219039

 石仏からさらに1時間ほど下って駐車場に戻ると、総行程4時間30分で今回の山歩きを終了しましたが、温泉に向かう前に本栖湖のビューポイントに寄ってみました。(1000円札の裏側に印刷されている富士山の絵柄になったところです…)

151219040

 ビューポイントで富士山に別れを告げると、帰る前に西湖温泉いずみの湯(入湯料900円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

  ※ブログに載せ切れなかった写真はデジブックに掲載しました…

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の竜ヶ岳では全部で100人近くの人たちを見かけましたが、ダイヤモンド富士を目当てに登る人たちの他に、山頂からの見事な景色を楽しみに登る人たちも多いようで、下山時の駐車場には沢山の車が停まっていました。

 やまなし観光ネットを見ると12月3日頃から1月9日頃に竜ヶ岳展望台から富士山頂からの日の出が見られるようですが、激混みになる元旦だけは避けた方が無難と思います。

 今回は富士山西側からの景色を眺めてみましたが、次に富士山を眺める時は東側の杓子岳か石割山を歩きたいと思っています。(富士山は何回眺めていいですね…shine

« 赤城 鍋割山・荒山(15.12.12) | トップページ | 大坊山・大小山(15.12.27 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
素晴らしい天気ですね。
それにダイヤモンド富士がばっちり。見事な写真です。
この日そちらは風は強くなかったですか?
私は赤城山の樹氷と日の出をめざして登ろうと思ったんですが、早朝は吹雪状態で登るのを断念しました。

ちょっと遠いけど、ダイヤモンド富士の写真撮りに行きたくなりました。
一番のビューポイントは展望台でしょうか?
暗いうちに登り始めるとキャンプ場所内の道が迷いそうですね。

kyou さん>こんばんは…
この日の風はあまり強くありませんが、到着時の気温は-2℃で少し
寒かったです。
やまなし観光ネットでは石仏の展望台を竜ヶ岳ダイヤモンドポイントと
紹介していましたが、展望台辺りの登山道まで登ればどこでも見えると
思います。
それとkyou さんの健脚なら展望台まで1時間はかかりませんし、
竜ヶ岳だけでは物足りないと思うので、すぐ隣りの雨ヶ岳も含めて
検討した方がいいかも知れませんね。

おはようございます✿
竜ヶ岳からのダイヤモンド富士、素晴らしい!の一言に尽きます(^^)v
以前より、展望のよい山ということは存じておりましたが、ここからのダイヤモンド富士が有名なんですね♪
山座同定も正確で羨ましい限りです^^
登山道の霜柱が溶け出すと下山は難儀しそうですが、富士山を見ながらの下山は贅沢です(^^♪
本栖湖からの富士山も、1000円札の富士山だけあって風情がありますね。
今年はひまじんさんから、クリスマスに見たこともないダイヤモンドのプレゼントいただき感謝です♪
お返しはなくてごめんなさいね≧▽≦ゝ

らるご さん>こんにちは…
年末の富士山を年賀状の写真に…と思って石割山か杓子岳を考えていましたが、
らるごさんの石割山を見たら富士山の雪が少なく、年賀状は諦めて竜ヶ岳に行く
ことにしました。
ダイヤモンド富士も見事なものですが、ガイドブック通りに山頂の展望も素晴らしく、
見事な景色が楽しめました。
人気の山だけに登山道が整備されて急登箇所もなく、登山道の霜柱が融けると
少しぬかるみますが、皆さんにお薦め出来る山でしたね…good

こんにちは♪
ダイヤモンド富士はTVとか写真でしか観たことがありません(^^ゞ
実際に観たらどれだけ感動するのかーーーsign02
ダイヤモンドが山頂から顔を出した時の映像が、富士山からオーラが出ているように見えるのが神秘的で美しいですねぇ~shine
まだ富士山頂には立ったことが無くて、まず眺めてみようと2度9月と10月に計画したのですが、雨でNGsweat01
来年(鬼が笑ってる?)、感動の富士山を眺める山行を計画するぞー♪

tuba姐 さん>こんばんは…
木立の中で日の出が始まった時は大分焦りましたが、何とか
ダイヤモンド富士に間に合ってホッとしました。
新潟からだと日帰りは難しいでしょうから、前日に山中湖周辺で
夕日のダイヤモンド富士を見て、翌日は竜ヶ岳で朝日のダイヤ
モンド富士を眺めると言う手がありますよ…♪
富士山は一時の混雑ほどではないようですが、例年、お盆前後が
一番混み合うので、ここを避けた方が良いと思います。
富士山のご来光は感動しますね…shine

ひまじんさんこんばんわ。
ダイヤモンド富士綺麗ですね。confident
早起きもしなくては見られませんね。
19日は関東は寒い北風でしたが、山頂は風で寒くなかったですか?
この季節になるとなぜか富士山見たくなります。
鍋奉行を仰せつかり、20日に石割山へ行きました。
(ヤマレコにアップしました。)
群馬で走ってから肉離れとなり、しばらく無理はできませんでしたが、やっと不安なく山に行けるようになりました。
(キャッシュバックに目がくらんで回線と契約プロバイダの変更をしたので、この間にHPの引っ越し作業を行いました。)

しゃびん さん>こんばんは…
自分も初めは石割山辺りも考えていましたが、皆さんのレポを見ると富士山の
雪が少なそうなので、今回は竜ヶ岳のダイヤモンド富士に変更しました。
圏央道を使うと富士五湖周辺も2時間半弱で行けるので、日帰りも大分楽に
なりましたが、ダイヤモンド富士をじっくり撮るにはもう少し早く家を出ないと
ダメでしたね…coldsweats01
この日は風も弱く風を避けるとそれほど寒くなかったので、山頂で1時間近く休憩
していましたが、八ヶ岳や金峰山などは雲がかかっていましたし、北部に行く
ほど風が強かったのかも知れません。
それとしゃびんさんのHPはリンクを貼り直させてもらいました。

遅いカキコミで…失礼します。ブログ更新を出来ずに月日が経過していきます。
竜ヶ岳のダイヤモンド富士が見られて良かったですね。素晴らしい♪
石割山~平尾山~大平山は、この12月に私の企画で、リーダーを務めました。
車&バス利用で、ダイヤモンド富士&縦走が楽しめますがタイミングが問題ですね。

ゆず茶 さん>こんばんは…
富士山は何度眺めてもいいですね
石割山も石割神社の駐車場をベースに歩いてみたいところですが、
富士山に雪が少なかったこともあって今回は見送りました。
竜ヶ岳のダイヤモンド富士はギリギリセーフでしたが、15分ほど前に
駐車場を出発していれば展望台から見えたようでした。
タイミングが合えば富士山周辺の色んな場所でダイヤモンド富士が
見えるようですね…♪
今年もよろしくお願いします、コメント有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/62901238

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨 竜ヶ岳(15.12.19):

« 赤城 鍋割山・荒山(15.12.12) | トップページ | 大坊山・大小山(15.12.27 その1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック