« 栃木 古賀志山(15.12.04 その1) | トップページ | 赤城 鍋割山・荒山(15.12.12) »

2015年12月 5日 (土)

栃木 古賀志山(15.12.04 その2)

その1)から続く…

 逆光で少し見難いようですが筑波山の左手前が宇都宮の中心市街地のようです。

1512040301

 背後を振り返ると赤岩山の先に安蘇山塊の山々が見えていました。

151204031

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 中岩から少し進むと御岳山の山頂が見えてきます。(山頂の松が目印でした…)

151204032

 さらに進んで大きな岩場を慎重に下りました。(少し下るとクサリが使えます…)

151204033

 岩場を下って少し進むと西尾根コースの分岐点を通過しました。(地元の人たちが歩いている色んなバリエーションルートがあるようです…)

151204034

 さらに進むと瀧神社の分岐点を通過します。

151204035

 赤岩山から75分で御岳山の山頂に到着しました。

151204036

 御岳山の北西側が日光連山ですがこの日は冬型の天気で雪雲がかかっていました。 

151204037

 それでも左側に男体山の稜線と右側に赤薙山の稜線が見えました。

1512040371

 北側稜線の先が高原山のようですが、那須連山は雪雲に隠れて見えません。

151204038

 雪雲が浮かぶ冬晴れの景色を見ながら御岳山の山頂で昼食タイムを取りました。

151204039

 30分ほど休憩すると先に進んでハシゴの岩場を下ります。

151204040

 さらに岩場を進んで行くと瀧神社の分岐点がありますが、同じような分岐点でどれが正規の滝コースなのか、バリエーションルートが多くて分かり難いコースです。

151204041

 少し進むと社殿のない御岳神社を通過しました。

151204042

 御岳山から10分ほどで南登山道の分岐点を通過します。

151204043

 さらに進むと御岳山から15分ほどで古賀志山の山頂に到着しました。(山頂北側に電波塔がありました…)

151204044

 古賀志山から先に進み少し下ると北コースの分岐点を通過します。

151204045

 北コース分岐を直進すると東稜展望台に向かいます。

151204046

 古賀志山から5~6分でベンチの置かれた東稜展望台に到着しました。

151204047

 東稜展望台のすぐ先に鞍掛山が見えますが、東北方面の山々は雲に隠れていました。

151204048

 東稜から林道に下ることも考えましたが、予定通り古賀志山に戻ることにしました。

151204049

 展望台から北コース分岐まで戻りましたが、ここからも林道に下れるようです。

151204050

 古賀志山を通過して南登山道分岐まで戻ると、道標に従って古賀志林道に下ります。

151204051

 南登山道は階段下りが続きましたが、途中の登り返しは右に巻いて下りました。

151204052

 分岐点から20分ほどで林道出合に下ります。

151204053

 道標に従って林道を下って行くと中岩辺りの岩峰が見えました。

151204054

 林道出合から25分ほどで車が増えた市営駐車場に戻ると、総行程4時間35分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る途中で鹿沼温泉 華ゆらり(入湯料:550円)に寄り、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で10数人で、そのほとんどは森林公園側から登った人たちのようでしたが、帰りに見かけた市営駐車場の車の人たちは赤岩山方面に向かったように思いました。

 赤岩山~御岳までの間はクサリやロープのない岩場も多く、巻き道も付いていないため岩場歩きが不慣れな場合は、森林公園側から御岳までの往復が無難なようです。

 次に古賀志山を歩く機会があればアカヤシオや新緑の頃に中尾根コースなどを歩いて見たいと思いますが、途中のバリエーションルートを含めた古賀志山全体のコースマップが欲しいところです。
 

« 栃木 古賀志山(15.12.04 その1) | トップページ | 赤城 鍋割山・荒山(15.12.12) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

中々の玄人好の、面白い山の様ですね!
私の体験、信州の山ではバリエーションは少し不安です。
日帰りの4時間半は、私には理想的な時間です。

岳 さん>こんにちは…
古賀志山は関東有数のロッククライミングの練習ゲレンデとして
知られているようです。
東側の赤川ダムから御岳山までは、良く整備された歩きやすい
コースのようですし、宇都宮市内から近いこともあって気軽に
ハイキングを楽しむ市民が多いそうです。
少し登れば景色が見えますし岩場歩きも楽しめる里山ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/62810038

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木 古賀志山(15.12.04 その2):

« 栃木 古賀志山(15.12.04 その1) | トップページ | 赤城 鍋割山・荒山(15.12.12) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック