« 西上州 宗四郎山(15.11.06 その2) | トップページ | 栃木 古賀志山(15.12.04 その1) »

2015年11月13日 (金)

前日光 石裂山(15.11.12)



① 2015年11月12日(金)天候:曇り
② 石裂山:879.4m
③ コースタイム(総行動時間:4時間25分)
 加蘇山神社登山口(06:25)===竜ヶ滝休憩舎(06:55)===中の宮跡(07:25)===東剣ノ峰(08:35)===石裂山(09:05~09:10)===月山(09:25)===竜ヶ滝休憩舎(10:25)===加蘇山神社登山口(10:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:6.699km、累積標高:±753m)
151112000

 11月2回目の山歩きは新・分県登山ガイド(栃木県)で展望とスリルと信仰の山…と紹介されている前日光の石裂山(おざくさん)に登って来ることにしました。

 鹿沼市観光協会のHPを見ると昨年2月の大雪で登山道が荒れたようですが、最近のレポを見ると倒木などが大分整備されているようなため、週末の天気が崩れる前に行って来ることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口となる加蘇山神社(マップコード=534 753 433)までは自宅から約115kmで早朝なら1時間半ほどで到着するため、午前4時半に自宅を出発すると関越道~北関東道~東北道~北関東道と走って現地に向かいました。

 北関東道の都賀ICで高速を降りると県道3号線~117号線~240号線と走って石裂集落に向かい、市営バスのバス停の先にある加蘇山神社社務所の先を左折して加蘇山神社に進みました。(手前の社務所にトイレがあるようです…)

 沢沿いの細い林道を少し走ると加蘇山神社の駐車場に到着しました。

151112002

 車を停めて準備を終えると神社の先の道標に従って歩き始めました。

151112003

 10分ほど歩くと落差5~6mの清滝がありました。

151112004

 さらに進むと登山道が始まりました。(この手前まで昨年の大雪被害の倒木整理で重機が入っていたようです…)

151112005

 駐車場から30分ほどで竜ヶ滝休憩舎が見えました。(滝は帰り道で寄りました…)

151112006

 休憩舎から少し進むと月山の分岐点を通過します。(帰りは右奥から戻ります…)

151112007

 分岐点の先に天然記念物の千本桂がありました。(大きくてカメラに収まりません…)

151112008

 さらに沢沿いを進みますがあちこちに案内標識が付いていました。

151112009

 駐車場から1時間ほどで中の宮跡に到着すると東屋がありました。

151112010

 宮跡に危険箇所注意の表示があり少し進むと行者返しの岩場となりました。(足場はありますが太くて重いクサリが扱い難いものでした…)

151112011

 30mほどの岩場を登ると緩やかな登山道が見えました。

151112012

 岩場を登ると間もなく石裂岩の表示があり長いハシゴが付いています。

151112013

 ハシゴを登ると奥の宮の祠がありました。

151112014

 奥の宮から下って先に進むと木の根が露出した急登箇所になりました。

151112015

 木の根を頼りに登って行くと稜線が見えてきます。

151112016

 急登する尾根が終わると手すりの付いた階段を登って先に進みます。

151112017

 階段横に古いクサリが残っていましたがこの岩場をクサリで登って行くのは大変です。

151112018

 階段の途中で見えた山は鳴蟲山のようです。

151112019

 さらに道標などに従って進みますが急登の登山道に落葉が積もって気を使います。(石車とスリップに要注意です…)

151112020

 駐車場から2時間ほどで稜線に上がりました。(予定より大分遅れました…)

151112021

 道標に従って稜線を進むと小ピークですが東剣ノ峰ではないようです。

151112022

 小ピークの先が石裂山と思いましたが西剣ノ峰のピークでした。

151112023

 小ピークから少し進むと東剣ノ峰に到着しました。

151112024

 転落注意の看板のある東剣ノ峰から少し下ると長いハシゴが続きます。

151112025

 長短6つのハシゴが終わってホッと一息です。

1511120251

 鞍部に下ると西剣ノ峰に向かって登り返します。

151112026

 荒れた急登を登って西剣ノ峰に上がるとすぐ先に石裂山が見えました。(西剣ノ峰の道標が倒れていました…)

151112027

 西剣ノ峰の北東側にあった展望台から鶏鳴山が見えました。(天気が良ければ高原山が見えそうです…)

151112028

 西剣ノ峰の山頂側にも長いハシゴがありました。

151112029

 ハシゴを下って鞍部に下ると登り返して石裂山に向かいます。

151112030

 岩場混じりの登山道を登って行くと駐車場から2時間40分で三角点の置かれた石裂山の山頂に着きました。

151112031

 山頂の北西側に展望が開けていましたが雲が多く日光白根山や男体山は見えません。

151112032

 山頂の写真を撮って引き返すと次の月山に向かいます。

151112033

 道標に従って鞍部まで下ると月山に向かって登り返します。

151112034

 石裂山から15分ほどで月山となりましたが、祠が壊れてご神体の鏡が見えていました。 

151112035

 山頂の展望は石裂山と同様で曇り空が残念でした。(晴れの予報が外れました…)

151112036

 山頂からクサリ場混じりの急な尾根道を下ります。(当初は石裂山の後で別の山へ…と考えていましたが、景色が見えなければ面白くないため、さっさと下って温泉に向かうことにしました…)

151112037

 山頂から10分ほどで周囲がスギ林となり、さらに稜線から折り返すように下りました。

151112038

 スギ林を抜けて少し下るとガイドブックに載っていた岩の下の祠がありました。

151112039

 岩の下の祠を通過すると最後のクサリ場を下りました。

151112040

 さらに沢沿いのスギ林の中を下ります。

151112041

 倒木が多いスギ林の中を30分ほど下ると月山の分岐道標が見えました。

151112042

 東屋で休憩中の人たちと挨拶を交わすと落差7mほどの竜ヶ滝に寄ってみました。

151112043

 さらに往路を下って駐車場に戻ると車が増えていました。(人気の山です…)

151112044

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る前に鹿沼温泉 華ゆらり(入湯料550円)に寄り、汗を流してサッパリすると、帰る途中で寄り道し佐野ラーメンを食べてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけた人たちは全部で7人ほどですが、駐車場に停まっていた車の数を見ると、もう少し入山した人が多かったようです。(ほとんど時計回りで歩くようです…)

 登山口の駐車場に入山の注意書きがありますが、過去には死傷者も出ている岩場の多いコースであり、入山の際は転落・滑落などに要注意のコースでした。

 温泉に向かう途中で次に歩く予定だった岩山に行ってみましたが、登山口の日吉神社に車で近づくことが出来ず、
駐車場所に向かうルートを調べ直す必要がありました。

« 西上州 宗四郎山(15.11.06 その2) | トップページ | 栃木 古賀志山(15.12.04 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

石裂山、低山ながら中々格好いい名前。
その名の通り鎖や梯子で、険しい山、侮るなかれってところですね。
もうかなり昔に歩いたことがあるんですが、記憶はほとんどなし。
梯子などの写真を見て、おおそうだったと思いだしました。
紅葉も良かったみたいですね。
早く山に行きた~いと気ばかり焦るこの頃です。

kyou さん>こんにちは…
ガイドブックにクサリとハシゴがあると紹介され、ネットのレポでも
コースの状況を見ていましたが、やはり油断禁物のコースですね
アルミハシゴの横に古いクサリが残っていましたが、このクサリで
歩いた頃はとんでもない難コースだったと思いました。
登山道の周囲はスギ林が多いので、紅葉が見られる広葉樹の
区間は3~4割位でした。
家の前の公園でも落葉が始まってもうすぐに冬山ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/62665965

この記事へのトラックバック一覧です: 前日光 石裂山(15.11.12):

« 西上州 宗四郎山(15.11.06 その2) | トップページ | 栃木 古賀志山(15.12.04 その1) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック