« 芳ヶ平湿原(15.09.28 その2) | トップページ | 富士見下からアヤメ平(15.10.07 その2) »

2015年10月 8日 (木)

富士見下からアヤメ平(15.10.07 その1)



① 2015年10月7日(水)天候:曇り後晴れ
② アヤメ平:1969m
③ コースタイム(総行動時間:7時間00分)
 富士見下駐車場(05:50)===田代原(06:35)===元休憩所(07:05)===アヤメ平下(07:30)===富士見小屋(08:00~08:40)===アヤメ平(09:05)===中原山(09:20)===横田代(09:35)===1939ピーク(09:50~10:15)===アヤメ平(10:45)===富士見小屋(11:10)===アヤメ平下(11:30)===元休憩所(11:50)===田代原(12:15)===富士見下駐車場(12:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:17.775km、累積標高:±968m)
151007000

 今シーズン3回目となる紅葉狩りは3年ぶりに尾瀬のアヤメ平に出かけることにし、草紅葉の湿原と周辺の紅葉を眺めてくることにしました。

 3年前は鳩待峠からアヤメ平~尾瀬ヶ原を周回しましたが、今回は30数年ぶりに富士見下から歩いてみることにしました。(このルートも紅葉が楽しめるようです…)

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口の富士見下駐車場(マップコード=540 719 803)までは自宅から約75kmで1時間半ほど、午前4時過ぎに自宅を出発すると関越道の沼田ICから国道120号線~国道401号線と走って現地に向かいます。

 尾瀬戸倉の案内標識に従って鳩待峠方面に向かい、さらにスノーパーク尾瀬戸倉のゲレンデを抜けて少し走ると富士見下のバス停があり、ここを通過するとすぐに登山口の駐車場に到着します。(バス停横にトイレがありました…)

 林道のゲート前に10数台分の駐車場があり先着した人たちが歩く準備をしていました。

151007002

 すぐに車を停めて準備をするとゲートを抜けて歩き始めます。

151007003

 少し進むと九十九折れの林道となり20分ほど進むと十二曲りの標識が立っていました。

151007004

 さらに色付き始めた緩やかな林道を道なりに登っていきます。

151007005

 駐車場から30分ほどで紅葉の稜線に朝日が射し始めました。

151007006

 さらに10分ほど登ると周辺の紅葉が見頃になりました。(写真は下山時のもの…)

151007007

 緩やかになった林道を少し進むと田代原の標識を通過しました。

151007008

 往路はガスで見えなかったのですが下山時には田代原からアヤメ平の稜線が見えていました。(写真は下山時のもの…)

151007009

 林道横の大きなモミジが綺麗に紅葉していました。

151007010

 さらに見事な紅葉の林道を富士見峠に向かって進みます。

151007011

 駐車場から1時間ほどで馬洗渕の標識を通過しました。(GPSを見るとこの下に小さな沼があるようです…)

151007012

 さらに周辺の綺麗な紅葉を探しながら進みます。(写真は下山時のもの…)

151007013

 時々樹林帯が切れて富士見峠方面が見えますがガスが流れて天気が少し心配でした。

151007014

 周辺の色付いた紅葉も曇り空ではその色合いが今一つです。(写真は下山時のもの…)

151007015

 田代原から30分ほどで元休憩所の水場を通過しました。

151007016

 元休憩所から少し進むと南側の眺望が開けました。(こちらは見事な快晴ですが…)

151007017

 さらに進んで見えてきた富士見峠方面は白いガスが流れていました。

151007018

 駐車場から1時間40分でアヤメ平下の標識を通過します。

151007019

 さらに林道を進んで富士見小屋に向かいます。(この後どうするか考えていました…)

151007021

 駐車場から2時間10分で富士見小屋に到着ですが、山と高原地図のCTより30分ほど早い到着でした。(富士見小屋の営業時間は午前8時30分~午後2時となっていました…)

151007022

 小屋の周辺はガスが流れていますが南側が晴れていることもあり、ここで風を避けながら天気の回復を待つことにしました。(小屋の人たちは午前8時半近くに登ってきました…)

151007023

 40分ほど待っていると時々ガス切れて青空が見えてきたため、予定通り先に進んで横田代まで行ってみることにしました。

151007024

 少し進んで竜宮の分岐点を通過するとアヤメ平方面に向かいます。

151007025

 富士見小屋から10分ほど進むとガスが薄くなり、ガスの間から燧ヶ岳が見えてきました。

151007026

 さらに進むと南西側に武尊山が見えてきます。

151007027

 南側に見える赤城山の右奥に富士山が霞んでいました。

151007028

 前方に見えてきたアヤメ平の絶壁が綺麗に紅葉していました。

151007029

 ガスが薄れ始めてからホンの僅かの間にガスが切れてくれました。

151007030

 さらに進むとアヤメ平の見事な草紅葉が見えてきました。

151007031

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 芳ヶ平湿原(15.09.28 その2) | トップページ | 富士見下からアヤメ平(15.10.07 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/62434268

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見下からアヤメ平(15.10.07 その1):

« 芳ヶ平湿原(15.09.28 その2) | トップページ | 富士見下からアヤメ平(15.10.07 その2) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック