« ネオ一眼 FZ1000 | トップページ | 日光白根山(15.08.06) »

2015年8月 2日 (日)

御飯岳・破風岳(15.08.01)



① 2015年8月2日(土)天候:晴れ時々ガス…
② 御飯岳:2160.2m、破風岳:1999m
③ コースタイム(総行動時間:5時間25分)
 毛無峠登山口(06:40)===毛無山(07:10)===御飯岳(08:40~08:50)===毛無山(09:55)===毛無峠登山口(10:10)===破風岳(11:00~11:30)===毛無峠登山口(12:05)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:8.019km、累積標高:±692m)
150801000

 依然、猛暑日が続いて中々天気が安定しませんが、天気が悪くて綺麗な景色が見えないのも面白くないため、メジャーなところは後回しにしてこれまで登っていなかった山の中から上信国境の群馬100名山・御飯岳に行ってみることにしました。

 今回も手持ちの群馬100名山のガイドブックなどを参考に歩きましたが、御飯岳に登るだけでは短時間で終了してしまうため、毛無峠の南西側に聳える破風岳も歩いてきました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 群馬~長野県境の毛無峠(マップコード:341 369 815)までは自宅から約100kmで2時間半ほど、現地スタート時間から逆算して午前3時半に自宅を出発すると、榛名山越えのルートを走って現地に向かいます。

  国道145号線から万座ハイウェー(\1000)を走って万座温泉に向かい、万座温泉から上信ハイウェー~林道大前須坂線と走ると予定より少し早めに毛無峠に到着しましたが、周囲にガスが流れて景色が見えないため車の中でガスが晴れるのを待つことにしました。(毛無峠にトイレがないため万座温泉の公衆トイレに寄ってくることをお勧めします…)

  4~50分ほど休んでいると周囲のガスが薄くなったため、早速、歩く準備をすると御飯岳に向かって歩き始めます。

150801002

 駐車場所の東側に御飯岳の登山口標識が立っていました。

150801003

 標識に従って先ずは毛無山に向かって登りますが途中の斜面に旧小串硫黄鉱山のリフトの支柱が見えてきました。

150801004

 少し登ると大分ガスが晴れて破風岳の稜線が見えてきました。

150801005

 錆びついたリフトの支柱ですが往時はこれで硫黄鉱石を運んだようです。(これも産業遺産の一つですね…)

150801006

 さらに毛無山に向かって登るとガスが少しづつ晴れてきました。

150801007

 北西側の展望が開けると雲海上に高妻山と妙高山が見えました。(これが見納めに…)

150801008

 毛無山の山頂手前まで登るとガスが晴れて破風岳の山頂が良く見えました。(風も弱まったためここでウインドジャケットを脱ぎました…)

150801009

 駐車場所から30分ほどでケルンが積まれた毛無山の山頂に着きました。

150801010

 山頂の南側に浅間山と四阿山が見えました。(右手前は土鍋山です…)

150801011

 破風岳の右奥に後立山連峰の白馬三山が見えていました。(この時が一番良く見えていたようです…)

150801012

 毛無山を越えると御飯岳に向かう登山道が見えてきます。

150801013

 毛無山の山頂から鞍部まで下ると御飯岳に向かって登り返します。(スパッツを付けていましたが朝の内はレインジャケットの方が良かったようです…)

150801014

 少し登り返して振り返ると土鍋山の右奥に根子岳が見えてきました。

150801015

 樹林帯の手前まで登ると蓮華岳と鹿島槍ヶ岳の間に立山連峰が見えました。

150801016

 毛無山から30分ほどで樹林帯に入ると笹で覆われた登山道を先に進みます。

150801017

 30分ほど進むと前方に小ピークが見えてきたため、これが山頂?と思いましたが山頂手前のピークでした…coldsweats01

150801018

 小ピークの急登箇所に来ると南西方向の展望が広がりました。

150801019

 南西側の雲海の先に穂高連峰と槍ヶ岳も良く見えています。

150801020

 少し右側の蓮華岳の左奥に薬師岳が見えました。

150801021

 さらに右側は鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳が並びます。

150801022

 一番右側には見納めになった白馬三山が続いています。

150801023

 急登箇所を通過して小ピークに上がると緩やかになった登山道をさらに進みます。

150801024

 少し進むと前方に小ピークが見えますが山頂はこの小ピークの左奥にありました。

150801025

 毛無峠から2時間ほどで御飯岳の山頂に到着しました。

150801026

 山頂を囲む樹林帯の間に展望が開け、南西方向に北アルプスが見えています。

150801027

 立山連峰の手前の山並みは爺ヶ岳の稜線でした。

150801028

 北東方向に岩菅山と横手山が見えました。

150801029

 岩菅山の右奥は烏帽子岳、さらに右側に苗場山が見えました。

150801030

 横手山の手前には日本最高所を通過する国道292号線が見えています。

150801031

 一通り景色を眺めると毛無峠に戻りますが、この頃から再びガスが湧き始めました。

150801032

 山頂から40分ほどで樹林帯を抜けますが、心配していたガスは晴れていました。

150801033

 さらに20分ほど歩いて毛無山まで戻りましたが、ガスが湧いたり消えたりの安定しない天気でした。

150801034

 山頂から下って毛無峠が近づくと観光客やラジコンを楽しむ人たちが見えました。(ネットを見ると毛無峠はラジコン飛行機のメッカのようです…)

150801035

 御飯山から1時間20分ほどで毛無峠に戻りましたが、天気が悪化する前に破風岳に行ってくることにしました。

150801036

 少し進むと九十九折れの急登の登山道となりました。

150801037

 少し登って御飯岳と毛無山を振り返ります。(ここ頃から再びガスが湧き始めました…)

150801038

 御飯岳の往復でシャリバテしたらしく大分スローペースで土鍋山の分岐点を通過します。(少し手前に標識の壊れた分岐点がありました…)

150801039

 標識に従って山頂に向かいますが周囲にガスが巻いてきました。

150801040

 毛無峠から50分ほどでガスに包まれた破風岳の山頂となりましたが、休憩していた人たちによると先ほどまでは景色が見えていたようです。

150801041

 山頂で軽い行動食を食べていると15分ほどで周囲のガスが薄れてきました。

150801042

 毛無峠から見えたように山頂の北側は大変な絶壁でした。

150801043

 毛無峠の南東側に小串硫黄鉱山跡が見えてきます。

150801044

 ピーク時にはここで2000人が生活していたそうですが1971年(S46年)に閉山しました。

150801045

 破風岳で一通り景色を眺めると往路を戻って毛無峠に向かいます。

150801046

 今回の登山道で見かけたのは黄色い花が多く、上段左側からオトギリソウ、オミナエシ、ハナニガナ…、下段左側からアキノキリンソウ、ヤマハハコ、ミヤマコウゾリナで、稜線はすでに秋の気配という感じでしょうか…。

150801047

 破風岳の山頂から35分で毛無峠の駐車場所に戻ると、総行程5時間25分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で万座プリンスホテル(入浴料:JAF会員割引で900円)に寄ることにし、雲上の露天風呂で疲れを癒しサッパリしてから帰宅しました。

 ※ブログに掲載できなかった写真はデジブックに掲載しました…

                                       …ページの千頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけた人たちは全部で15人ほどですが、その内訳は御飯岳の登山道で9人、破風岳側の登山道では6人でした。

 当初の予定では初めに破風岳と土鍋山を歩き、その後、御飯岳を往復しようと思っていましたが、予想以上に天気が不安定なため今回は御飯岳と破風岳だけで終了しました。

 破風岳で行き会った若い人たちは西側の乳山牧場から登ってきたと話していましたが、山と高原地図には載っていない山頂から延びる登山道を下って行きました。

« ネオ一眼 FZ1000 | トップページ | 日光白根山(15.08.06) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、こんばんは

良い山歩きが出来ましたね!
県境の長野側ばかり見ていましたが、こんな素晴らしい
ルートにはまったく気がつかなかったです。
レンゲショウマを見たくて、あの辺りを歩いた事はありました。

岳 さん>こんばんは…
初めて行ってみましたが思った以上に展望の良い山でした。
好天の時なら群馬側の赤城や榛名も見えるようですし、破風岳からは野尻湖も
見えるそうです。
今回は花の端境期なのか、登山道の花が少なかったようですし、黄色い花が
多かったと思いました。
破風岳には長野側の五味池コースから登った人たちが休んでいましたよ…
コメント有難うございました。

御飯山って群馬百名山なんですかあ?初めて知りました。
「群馬の山歩き13選」や「群馬の山」に見当たらず、初めて知りました。
本が古いのかも(*_*;

展望のいい山ですねえ。藪歩きは嫌ですが、機会があれば行ってみようかな?
でも毛無峠までのアクセスが大変そう。

この日、私は白馬大雪渓登ってました。

再度お邪魔します。
御飯山でなく「御飯岳」ですね。前文訂正します。
ついでに群馬百名山の選定理由を調べてみましたら
「•登山禁止や登山道がない、あるいははっきりしない、難路であるなどの理由により人々を容易に近付けない山も、その姿や豊かな自然に着目して選定の対象にしました。」の項に御飯岳が載ってました。
なんか魅力的な山ですねえ。

kyou さん>こんばんは…
御飯岳は群馬100名山(信州100名山にもなっていました…)のガイドブックに
載っていて、相互リンクのしんぷるさんや石塚さんなども歩いています。
登山道の踏み跡は残っていますし、ヤブ漕ぎするほどではありませんが、草や笹が
少し伸びているので、朝の内は雨ズボンを履いた方が良かったようです。
破風岳の山頂も展望が良いそうで、天気が良ければ赤城・榛名が見えるようですよ。
万座からは1車線の林道ですが毛無峠まで舗装されていますし、この日も涼みに
来た観光客を見かけましたよ。
kyou さんは白馬岳でしたか~、大雪渓が涼しそうで良いですね…、自分もいつか
白馬三山を縦走したいと思っていますが、果たして何時のことになりますか…(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/62003162

この記事へのトラックバック一覧です: 御飯岳・破風岳(15.08.01):

« ネオ一眼 FZ1000 | トップページ | 日光白根山(15.08.06) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック