« 野反湖~カモシカ平(15.07.20) | トップページ | ネオ一眼 FZ1000 »

2015年7月27日 (月)

玉原湿原~鹿俣山(15.07.26)



① 2015年7月26日(日)天候:晴れ
② 鹿俣山:1636.7m
③ コースタイム(総行動時間:4時間45分)
 センターハウス駐車場(06:15)===玉原湿原入口(06:23)===水源コース分岐(06:38)===玉原越(06:45)===長沢三角点(07:05)===ブナ平分岐(07:30)===ゲレンデトップ(08:37)===鹿俣山(08:58~09:04)===ゲレンデトップ(09:16)===ラベンダーパーク(09:47~10:17)===銅金沢入口(10:35)===センターハウス駐車場(11:00)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:10.478km、累積標高:±602m)
150726000

 ノゾリキスゲの次はラベンダーと言うことで7月3回目の山歩きは、初めての挑戦となる玉原高原の鹿俣山を歩くことにしました。(大分昔にスキー場に行った覚えはありますが…)

 今回は新・分県登山ガイドなどを参考にセンターハウスの駐車場を起点に、玉原湿原からブナ平経由で鹿俣山に登り、帰りはゲレンデ内のルートを下って銅金沢経由で駐車場に戻ることにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 玉原高原のセンターハウス(マップコード:540 398 352)までは約55kmで1時間ほど、現地スタート時間から逆算して午前6時に出発すると関越道を走って現地に向かいます。

 沼田ICから関越道の側道を走って県道266号線に向かい、さらに玉原の案内標識に従って県道の終点まで走ると玉原高原のセンターハウスに到着します。

 駐車場に先着の車が停まっており、すぐに車を停めて準備をすると林道を進んで玉原湿原に向かいます。(手前の中心広場と湿原入口にトイレがありました…)

150726002

 センターハウスから少し歩くと探鳥路コースの分岐点を通過します。(銅金沢経由のルートはここに戻ってきました…)

150726003

 さらに進むと玉原湿原の入口がありました。(左側にトイレがありました…)

150726004

 湿原入口から古びた木道を進んで行くと間もなく玉原湿原が見えてきました。(花の端境期らしく綺麗な花が見当たりません…)

150726005

 湿原の左側ルートを進んで行くと水源コースの分岐点を通過します。

150726006

 木道歩きが終わると良く踏まれた登山道となり周囲は明るいブナ林となりました。

150726007

 玉原湿原から10分ほどで玉原越の分岐点をブナ平に進みます。(標識が分かり難い…)

150726008

 分岐点の直ぐ先で玉原湿原の右側ルートが合わさると、さらに進んで長沢三角点に向かいましたが、登山道の周囲で沢山のヤマアジサイが咲いていました。

150726009

 陽の光がスポットのように当たってとても綺麗でした。

150726011

 玉原越の分岐点から20分ほどで長沢三角点となりました。

150726012

 長沢三角点のピークから少し下ると左側から水源コースが合わさりました。

150726013

 登山道の周囲は見事なブナ林となり所どころブナの大木が聳えています。

150726014

 ブナの根っ子が岩を包み込んでタコの足のようになっています。

150726015

 さらに見事なブナ林を進んでブナ平の分岐点に向かいます。(黄葉が良さそうです…)

150726016

 ブナ平の分岐点の手前にブナ地蔵がありました。(ブナの根っ子のようです…)

150726017

 長沢三角点から25分でブナ平の分岐点を通過します。(右に進むと探鳥路コース…)

150726019

 ブナ平から進むと周囲がササ藪となりさらに進むと再びブナ林となりました。

150726020

 ブナ平から30分ほど進むとスキー場のゲレンデに出て来ました。

150726021

 ゲレンデ内の踏み跡を進んで行くと西側の展望が広がりました。

150726022

 玉原湖の先に少し霞んだ浅間山が見えています。

150726023

 登山道の周辺ではヨツバヒヨドリが沢山咲いていました。

150726024

 少し登ると仙ノ倉岳~谷川岳の稜線が見えました。

150726025

 さらに登ると南西方向の展望が広がります。

150726026

 迦葉山の先に子持山~榛名山~小野子三山が見えました。(左奥は奥秩父の山々…)

150726027

 ゲレンデ沿いの踏み跡を進んで行くとラベンダーパークの分岐点がありました。(ここがゲレンデトップと思いましたが…)

150726028

 分岐道標に従って鹿俣山に向かってさらに進みます。

150726029

 ゲレンデの左側を巻くように進んで行くと真新しい標識が立っていました。(ゲレンデトップの分岐点のようで帰りはここから下りました…)

150726030

 少し緩やかなになった登山道を山頂に向かってさらに進みます。

150726031

 ラベンダーパークの分岐点から30分ほどで山頂直下の分岐点を通過します。

150726032

 分岐点から少し登ると南側に赤城山が見えてきます。

150726033

 さらに進むと山頂で休んでいる人たちの話し声が聞こえてきました。

150726034

 センターハウスから2時間40分ほどで鹿俣山の山頂に到着しました。

150726035

 山頂の周囲は樹林帯であまり展望はありませんが、東側に剣ヶ峰山と鬼岩の稜線が見えました。

150726036

 先着の3人パーティーの皆さんが南側に富士山が見えると教えてくれました。

150726037

 良く見ると子持山の左奥に富士山が見えており、その少し左側は雲取山のようです。

150726038

 南西方向には先日登った八ヶ岳の横岳が見えていました。

150726039

 一通り景色を眺めると山麓に見えるラベンダーパークに向かって下り始めます。

150726040

 山頂からゲレンデトップの標識まで戻ると薄い踏み跡をたどってゲレンデを下ります。

150726041

 少し下ってラベンダーパークの登山道に合わさると、樹林帯の登山道を下ってラベンダーパークに向かいます。

150726042

 山頂から40分ほどでラベンダーパークに下ると少し休んで昼食タイムとしました。(園内の通過には入園料が必要でしたが料金所などは見当たりません…)

150726043

 木陰を借りて30分ほど休むとラベンダーパークを通過して銅金沢に向かいます。(山側ではラベンダーの花が咲いていませんでした…)

150726044

 ラベンダーの横でニッコウキスゲが咲いていました。

150726045

 下る途中でマリーゴールドが咲いています。

150726046

 さらにゲレンデ内の遊歩道を下って行くと銅金沢入口がありました。

150726047

 標識に従って沢沿いの緩やかな登山道を下ります。

150726048

 さらに下ってラベンダーパークから40分ほどで駐車場に戻ると、総行程4時間45分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る途中で白沢高原温泉・望郷の湯(入湯料560円、ロッカー100円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 山歩きの途中で見かけた人たちは全部で7人ですが、センターハウス手前では大きな団体が歩いており、満車になった駐車場の周辺には沢山の車が停まっていました。

 玉原高原には関東一と言われるブナの原生林がありますが、ここを歩くのはブナの新緑や紅葉の季節が良さそうで、標高が低いこともあり真夏のハイキングは暑くて大変でした。

 この日のラベンダーパークは家族連れなどで大変賑やかでしたが、ゲレンデの下にある入口周辺にも花畑が作られているそうで、次回は機材を準備して花の写真を撮りに行きたいと思っています。

« 野反湖~カモシカ平(15.07.20) | トップページ | ネオ一眼 FZ1000 »

登山」カテゴリの記事

コメント

himazinさんこんばんは!
玉原湿原~鹿俣山~ラベンダーパークの山行きを見てビックリです!
昨日、数時間遅れで今回も全く同じ行程でした。
最後は裏口入園でワンコとラベンダーパークのお花観賞をゆっくり楽しみました。
私が訪問時は遠方はガスが掛かり谷川岳も霞んでいましたよ。

ゆうやけ さん>こんばんは…
2回連続で同じ山とはホント!珍しいですね~shine
自分は暑いのが苦手なので涼しい内に標高を稼ごうと考え
夏場は出来るだけ早立ちすることを心がけています。
それが幸いするのか雲が湧く前に景色が見られることが
多いように思います
ラベンダーパークではワンコを数匹連れて雑誌のモデル
撮影のような撮り方をしているお姉さんがいましたよ。
(許可を貰っているのかどうかは分かりませんが平気で
ラベンダー畑に入っていました…?)
この分では3度目もあるかも知れませんね…(笑)

こんにちわ
毎日暑いですねえ!
鹿俣山、この時期は蒸し暑そうで歩いたことがないです。
スキー場あたりはさわやかな高原の感じでしょうか?
ラベンダー、以前から気にはなっているんですが。結構咲いてるんですね。
私はわざわざ北海道まで行ってみてきましたが(^^♪


kyou さん>こんばんは
木陰で休んでいれば涼しいでしょうが、登山道は風もなく暑かったです…sweat01
スキー場の標高は1300m程度なので平地と比べると気温も低いと思いますが、
日向に出ると日差しは厳しいし動き回ると暑いと思いますね…。
近県にも幾つかラベンダー畑がありますが、富良野のラベンダー畑のように
広大な丘陵一面が花畑という訳にはいきませんし、わざわざ行ってみるだけの
価値はあると思いますよ…notes

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/61962562

この記事へのトラックバック一覧です: 玉原湿原~鹿俣山(15.07.26):

« 野反湖~カモシカ平(15.07.20) | トップページ | ネオ一眼 FZ1000 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック