« 東信 根子岳(15.06.29) | トップページ | 野反湖~カモシカ平(15.07.20) »

2015年7月13日 (月)

南八ッ 横岳(15.07.12)



① 2015年7月12日(日)天候:晴れ
② 横岳:2829m
③ コースタイム(総行動時間:8時間45分)
 海ノ口横岳登山口(04:55)===南八ヶ岳林道・横岳登山口(05:25)===No.4標識(07:20)===三叉峰(09:10)===横岳・奥ノ院(09:35~10:10)===三叉峰(10:40)=== No.4標識(11:50)===南八ヶ岳林道・横岳登山口(13:10)===海ノ口横岳登山口(13:40)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:10.787km、累積標高:±1261m)
150712000

 梅雨の長雨が続いて根子岳以来の山歩きになりますが、前回から5年ぶりに八ヶ岳の横岳に登ることにしました。(今回は300回目の節目の山行でした…)

 5年前は赤岳に登った帰りに奥ノ院に寄ってみましたが、今回は同じ杣添尾根から横岳に登り稜線からの展望と花々を楽しむことにしました。(今年は6月半ばのツクモグサとウルップソウを密かに狙っていました…)

  ※画像をクリックすると大きくなります…

 横岳の海ノ口登山口(マップコード:359 245 305)までは中部横断道の南佐久ICから国道141号線経由で2時間ほど、スタート時間から逆算して午前3時前に自宅を出発します。

 早朝で国道を行きかう車も少なくほぼ予定の時間で海ノ口自然郷に到着し、八ヶ岳高原ロッジの前を通過して少し走ると横岳の海ノ口登山口に到着します。(登山口にポストがありますが公衆トイレなどはありません…)

 登山口の少し北側に10台分ほどの駐車場があり、前日からの車も含め先着の車が7~8台停まっていました。(前方の車のところに登山口があります…)

150712002

 すぐに車を停めて準備をすると別荘地内の富士見岩遊歩道を歩いて先に進みます。

150712003

 途中の案内標識に従って進むと南八ヶ岳林道に合わさり、林道を少し進むと横岳の稜線が見えました。(薄いガスが流れていますが天気は良さそうです…shine

150712004

 さらに進んで北沢を渡ると駐車場から30分ほどで横岳登山口が見えました。

150712005

 案内標識に従って登山道を進み小さな沢を渡って杣添尾根に取り付きます。(橋の手前の立木に『先は長いぞ!…』の小さな標識が掛かっていました…)

150712006

 杣添尾根コースの登山道は樹林帯の中に延びており、周囲の展望のない樹林帯を黙々と登ります。

150712007

 90分ほど登ると樹林帯のオオシラビソが大分太くなってきました。

150712008

 南八ヶ岳林道から2時間ほどでNo.4標識がありました。

150712009

 登山道の周辺は立ち枯れ帯となり南東側に金峰山などが見えました。

150712010

 さらに歩き難いガレた登山道を先に進みます。

150712011

 No.4標識から40分ほどでNo.5標識を通過します。(ヤマレコ情報によると途中に中間点の標識があるそうですが今回は見当たりませんでした…)

150712012

 少し進むと周囲がダケカンバ帯となり登山道周辺で綺麗な花々が咲き始めました。

150712013

 さらに杣添尾根の北側を巻くように進むと右前方に台座の頭が見えてきます。

150712014

 さらに進んでダケカンバの樹林帯を抜けると周囲がハイマツ帯となりました。

150712015

 ハイマツ帯に上がると見事な展望が広がりました。

150712016

 南側に広がる雲海上に富士山が頭を出しています。(これが見納めでした…)

150712017

 南東側は奥秩父の山々で甲武信ヶ岳~小川山~金峰山が見えています。

150712018

 東側には御座山が見え右手前に男山と天狗山が霞んでいます。

150712019

 北側の稜線の先に浅間連峰の山々が見えました。

150712020

 一通り周囲の景色を眺めると三叉峰の分岐点に向かいますが、周辺でキバナシャクナゲが咲いていました。

150712021

 駐車場から4時間ほどで三叉峰の分岐点に上がります。

150712022

 分岐点を通過して三叉峰に上がると東側にはガスが湧き始め、富士山などはガスに隠れてしまいました。

150712023

 赤岳の右側に中岳と阿弥陀岳が並び、その右奥に中央アルプスが見えました。

150712024

 西側の山麓に茅野の市街地が見え、その先に御嶽山が見えました。

150712025

 少し右側に乗鞍岳が見えますが、手前の諏訪湖はハッキリしません。

150712026

 さらに右側に穂高連峰と槍ヶ岳が見え、その右側に常念岳が見えています。

150712027

 北西方向に立山連峰と剣岳が見え、手前の山並みが蓮華岳のようです。

150712028

 さらに北寄りに後立山連峰・白馬三山が見えました。

150712029

 一通り景色を眺めると稜線の花々を探しながら奥ノ院に向かいます。

150712030

 三叉峰から20分ほどで横岳山頂・奥ノ院に到着しました。(行き交う登山者の合間を縫って記念写真を撮りました…)

150712031

 当初は先に進んで硫黄岳山荘まで往復する予定でしたが、梅雨の晴れ間で山小屋も混雑が予想されるため、今回はここで引き返すことにしました。

150712032

 北八ヶ岳の蓼科山の左奥に後立山連峰…、少し左側に立山連峰などが並びます。

150712033

 北西側の峰の松目の先に槍と穂高が見えています。

150712034

 山頂西側は御嶽山と乗鞍岳ですが、御嶽山の右手前が守屋山と思います。

150712035

 山頂で昼食タイムを取っている間に南側のガスが薄れ、赤岳と阿弥陀岳の間に南アルプスの山々が見えました。

150712036

 昼食タイムを終えると南側に進んで日の岳辺りまで行ってみることにしました。

150712037

 赤岳をアップにしてみると山頂周辺は沢山の登山者で大変賑やかです。

150712038

 帰り道でも花々を探しながら歩きましたが、山頂から下ると奥ノ院にお別れです。

150712039

 三叉峰から少し先に進んで小ピークに上がると奥ノ院を振り返りました。

150712040

 小ピークのすぐ先が石尊峰になりますが、赤岳にガスが湧いてしまいました。

150712041

 先に進んでも赤岳が見えないのでは面白くないため、三叉峰の分岐点に戻って往路を下ることにしました。

150712042

 横岳の登山道周辺で見かけた花々で上段左側からキバナノコマノツメとイワカガミ、下段左側からミツバオウレンとキバナシャクナゲとなります。

150712043

 上段左側からイワベンケイとミヤマダイコンソウ、下段左側からイワウメソウとハクサンイチゲの群落、右がチシマギキョウとなります。

150712044

 上段左側からオヤマノエンドウとコマクサ、下段左側がタカツツメクサと(辛うじて花先に色が残っていた…)ウルップソウとなります。

150712045

 上段左側からチョウノスケソウとミヤマシオガマ、下段左側からモミジカラマツとキバナノヤマオダマキとなります。

150712046

 三叉峰から2時間40分ほどで海ノ口自然郷近くまで戻ると、横岳の稜線に湧いていたガスが綺麗に晴れていました。

150712047

 さらに戻って三叉峰の分岐点から3時間ほどで駐車場に戻ると、総行程8時間45分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で八ヶ岳海尻温泉・灯明の湯(入湯料500円、ロッカー100円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の横岳周辺で見かけた人たちは全部で百数十人ですが、杣添尾根コースの登山道で行き会ったのは合わせて30人ほどでした。

 6月の甘利山以降、梅雨時で間隔の空いた山歩きとなり標高差の大きなコースは辛い物がありましたが、通算300回目の節目の山歩きとして行って良かったとは思っていますが、何か体力維持の方対策を考えないとまずいようです。

 今回で2回目の杣添尾根コースですが、確かに夏場は涼しくて歩きやすい登山道とは思いましたが、周囲の景色が見えない登山道を2時間あまり歩き続けるのも大変で、次に横岳を歩く時は違うコースから挑戦したいと思っています。

« 東信 根子岳(15.06.29) | トップページ | 野反湖~カモシカ平(15.07.20) »

登山」カテゴリの記事

コメント

300回目の節目の山歩きですか。
天気と展望がお祝いしてくれましたね。
杣添尾根、だいぶ前に歩きましたが中々厳しかったような気がします。
2時間も景色の無いところを歩くのは気が滅入りますが、そこを抜けた時の
感動は格別かなと思います。

群馬からだと美濃戸は遠い…
こっち側は真教寺尾根や県界尾根もあって、いろんなコース取りができるので
お気に入りなんですが、しばらく歩いていません。
ひまじんさんのレポに触発されて今年歩きたくなりました。

こんばんわ。。
昨年の晩秋に、行こうとしましたが、「熊及び寒さ」にびびってしまったコースで
ありますね。今後の参考にさせてもらいます。
いつの日か、同じコースを辿ることになると思います。
birthday『祝 300回目記念山行』

kyou さん>こんばんは…
八ヶ岳のメインルートは美濃戸でしょうが、遠いこともあって初めての
赤岳の時に杣添尾根のコースを覚えました。
夏場は涼しくて良いとは思いますが、長い樹林帯歩きは面白味がなく、
今回もハイマツ帯に出た時は感動しましたね…
節目の300回目ですが、退職前の予定とは大分違ってしまい、
すっかり1dayハイカーになってしまいました。
kyou さんの富良野岳は指をくわえながら拝見しましたよ…coldsweats01

たけぞう さん>こんばんは…
海ノ口登山口の周辺や南八ヶ岳林道の周辺には熊注意の看板が
なかったようですよ。(絶対大丈夫とは言えませんが…)
横岳に登るなら杣添尾根コースが一番早いと思いますし、今回も
このコースで赤岳に向かった人たちがいたようです。
節目の300回目ですが次の目標は500回になりますかね…

こんにちは✿
ひまじんさん、300回の節目に相応しい南八横岳登頂おめでとうございます(^O^)/
杣添尾根、展望のきかない樹林帯を黙々と2時間も登り、その先も険しそうですね!
健脚でないと途中心折れそう、それより先にスタミナも枯渇しそうですね(^_^;)
それにしても、大展望の景色と様々な高山植物のお出迎えは頑張って登った人に神様がプレゼントしてくれたようで、何度もお写真見入ってしまいました@@
ウルップソウもぎりぎり待っていてくれましたね^^
そのほかにもコマクサやチシマギキョウなど憧れの花です✿
次は目標500回でしょうか^^
一座一座、丁寧に登られるお姿いつも尊敬いたします<(_ _)>
そして丁寧なレポとdigi book作成!
大変なことと思いますが、これからも勉強させてくださいませ✿

らるご さん>こんばんは
当初はウルップソウを狙って計画しましたが、梅雨時で延び延びになってしまい、
花の見頃が終わってしまいました…coldsweats01
稜線に出ると岩場もありますが慌てずに進めば大丈夫ですし、今回は子供連れの
ハイカーが小屋泊まりで杣添尾根を歩いていましたね。
八ヶ岳なら1泊2日の行程を組むとユックリできますし、西側の桜平から横岳に登ると
途中に山小屋が点々とありますので、一番歩きやすいコースかも知れません。
自分も皆さんのレポを参考に歩き始めましたので、その時の経験などから現在の
形式に落ち着きました。
山歩きは人それぞれ色んな楽しみ方がありますし、体力に合わせて出来るだけ
長く続けたいと思っています。
これからもよろしくお願いします…

 300回目登山達成おめでとうございます。
深田流に言えば、「300の山行に300の喜びあり」でしょうか。
今年の花の季節は土日の天気が悪く、たいして花見をせずにシーズンが終わってしまいそうです。
 ひまじんさんの撮影した高山植物を眺めて心の隙間を埋めさせていただいています。

しゃびん さん>こんばんは…
春先に回数を数えたらもう少しで300回と言うことになっていました。
ベテランさんからすれば大した回数ではありませんが、一つの区切りに
なりそうな山行回数と思いました。
ホントは回数より中味なんでしょうが、鍛錬不足で一向に標準CTが
クリア出来ず、距離が長めのルートではいつも四苦八苦です…(笑)
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/61881398

この記事へのトラックバック一覧です: 南八ッ 横岳(15.07.12):

« 東信 根子岳(15.06.29) | トップページ | 野反湖~カモシカ平(15.07.20) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック