« 玉原湿原~鹿俣山(15.07.26) | トップページ | 御飯岳・破風岳(15.08.01) »

2015年7月30日 (木)

ネオ一眼 FZ1000

 一年ほど前に山歩きで使う軽いカメラが欲しいと言うことで、キャノンのコンデジS120を購入しましたが、その後の山歩きで使う中で①望遠側が120ミリ(35ミリ換算)では物足らないこと。②日中の明るい時は背面液晶が使い難いことなどがあって、EVF(電子ファインダー)付きで望遠側のズーム幅が大きなデジカメ(ネオ一眼)を購入することにしました。

 最近のデジカメを調べると一昔は考えられなかったような望遠側が1000ミリを超える機種もありますが、①画質などを考えると出来るだけ大きなセンサーの方が良いこと、②EVF内臓のカメラの方が使いやすいこと、③ズーム幅としては24ミリ~300ミリ程度は欲しいことなど色々と検討した結果、パナソニックのFZ1000を購入することにしました。

150730001


 購入検討の際は同じ1インチセンサーを使うソニーのRX10(Ⅱ)、キャノンのG3Xなどと比較検討した訳ですが、ソニーは望遠側が200ミリで少し高価、キャノンは望遠側が600ミリですがEVFがオプションとなり新製品のため高価…、と言うことでネットでの評判も良く、購入価格が大分こなれてきているパナソニックのFZ1000を選ぶことにしました。

1507300021

 ※FZ1000の主なスペックは以下の通り…

① センサーサイズが1インチで2010万画素…
② 光学ズームが25~400ミリ(F2.8~F4)のライカレンズ…
③ 最短撮影距離:3センチ(マクロ)…
④ 0.39インチのライブビューファインダーを内臓…
⑤ 3インチのバリアングル液晶モニター…
⑥ 4K動画、4Kフォト…
⑦ 重量:839g

150730003

 一般的なコンデジに比べると少し大きく携帯性は今一つになりますが、これまで山歩きの時にメインで使ってきたニコンのD300s+18~200ミリ(35ミリ換算:27~300ミリ)に比べると重さが半分ほどになり、持ち運びが大分楽になりました。

150730004

 ここ1ヶ月ほど使ってみた感想としては①電動ズームの速度、②手振れ補正の機構音?、③悪天候時や耐寒性の問題などもありますが、全体としては良く出来たネオ一眼で山歩きの際にメインとして使えるデジカメになると思っています。

 なお、周囲が静かな室内などで動画撮影すると小さな雑音(手振れ補正音?…)が入ると言う問題があるようですが、自分としては動画撮影はほとんど使うことがありませんので特に支障になることはありません。

« 玉原湿原~鹿俣山(15.07.26) | トップページ | 御飯岳・破風岳(15.08.01) »

山の道具」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
新しいデジカメ、いいですねえ。
少し重いとはいえ望遠400mmまでOKであれば、殆どの被写体をカバーできますね。これからも素晴らしいデジブック見せてください。
小さなコンデジは持ち運びは楽ですが、素晴らしい景色や花に出会った時、「しまったデジイチ持ってくれば良かった」と思うことがあります。
私のデジイチはほとんど出番なくなってます。今はオリンパスのミラーレスが主ですがこれさえもおみなあって思うこの頃です。

kyou さん>こんばんは
デジイチの400ミリでF4のレンズとなると大変な価格になるんでしょうが、
最近の高倍率のコンデジは2000ミリなんてのも出てますね…
ただ、1/2.3インチセンサーが多いので今回は1インチセンサーを使った
コンデジの中からEVF付きの物を選んでみました。
最近の画像処理技術を使って画質を落とさずに800ミリまで使えるようですし、
これだけあれば尾瀬の木道から湿原の花を撮るのも何とかなりそうです。
宝の持ち腐れにならないよう使い込んで行きたいと思っていますが、
肝心の腕の方が伴っていないのが玉にキズですね~coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/61988141

この記事へのトラックバック一覧です: ネオ一眼 FZ1000:

« 玉原湿原~鹿俣山(15.07.26) | トップページ | 御飯岳・破風岳(15.08.01) »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック