« 小楢山(15.05.22 その2) | トップページ | 尾瀬ヶ原(15.05.30 その2) »

2015年5月31日 (日)

尾瀬ヶ原(15.05.30 その1)



① 2015年5月30日(土)天候:晴
② 尾瀬ヶ原:1403m
③ コースタイム(総行動時間:6時間40分)
 鳩待峠(05:20)===山の鼻(06:08~06:11)===牛首分岐(06:45)===竜宮小屋(07:34)===見晴十字路(07:58~08:40)===東電小屋(09:14)===ヨッピ吊橋(09:31)===牛首分岐(10:09)===山の鼻(10:43~10:58)===鳩待峠(12:00)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:20.011km、累積標高:±413m)
150530000

 今年20回目となる山歩きは4年ぶりに尾瀬ヶ原の水芭蕉を眺めに行くことにし、30数年ぶりに見晴十字路から東電小屋を周回してくることにしました。

 水芭蕉を見るだけなら竜宮小屋辺りまで行けば十分でしょうが、今年は短時間で終了する山歩きが多かったこともあり、今回は夏山に向けたトレーニングを兼ねて少し長い距離を歩くことにしました。

  ※画像をクリックすると大きくなります…

 水芭蕉のシーズンで鳩待峠がマイカー規制になっているため、尾瀬戸倉から乗合タクシーに乗って鳩待峠に向かいますが、前日の天気が悪く土曜日に出かけることにしたため、出発時間を早めて午前3時15分に自宅を出発しました。

 関越道の沼田ICからR120号線などを走って尾瀬戸倉に向かいますが、早朝で車が少ないこともあり、予定より少し早めの時間に尾瀬戸倉の第一駐車場(マップコード:735 300 222)に到着しました。(駐車場は沢山の車が停まっており水芭蕉シーズン真っ盛りの尾瀬ヶ原は大変な賑わいぶりになりそうです…)

 すぐに準備をすると待合室の自販機で乗車券(930円)を購入、待機していたマイクロバスに乗り込んで鳩待峠に向かいますが、途中で第2駐車場などに寄り道したものの30分ほどで登山者で賑わう鳩待峠に到着しました。

 マイクロバスから降りるとトイレに寄って歩く準備を整えましたが、当初予定より1時間ほど早く鳩待峠をスタートすることが出来ました。

150530003

 登山口のカウンターを抜けると間もなく石畳の下り坂となりますが、雪融け水で濡れた岩が滑り易いこともあり尻餅に注意しながら下ります。

150530004

 少し下ると木道歩きになりますが鳩待峠から15分ほど下ると新緑と残雪が綺麗な至仏山が見えてきます。

150530005

 至仏山の展望箇所からさらに10分ほど下ると川上川が見えてきます。(予想した通りで大勢の人たちが歩いていました…)

150530006

 登山道の所どころに残雪がありましたが、山小屋の人たちが26日に雪かきを行った…と、地元の上毛新聞に載っていました。

150530007

 残雪の多い箇所を通過すると間もなくテンマ沢湿原で、沢山の水芭蕉が咲いており前後の人たちが歓声を挙げて写真を撮っていました。

150530008

 途中でピッチを上げたこともあり鳩待峠から50分ほどで山の鼻に下りました。

150530009

 一休みすると牛首に向かいますが湿原に出ると至仏山が見事な姿を見せてくれます。

150530010

 木道の前方にシルエットになった燧ヶ岳が見えてきます。

150530011

 少し進むと小さな流れに沿って水芭蕉が咲いていました。

150530012

 朝露の付いた真っ白の苞に朝日が射してとても綺麗でした。

150530013

 山の鼻から20分ほど進むと逆さ至仏が見える場所がありますが、池塘の水量が多い今の時期でないと見られないようです。

150530014

 その反対側は逆さ燧ヶ岳の展望箇所ですが、こちらは木道に銘板が付いていました。

150530015

 この辺りは木道の周辺に池塘が沢山あり、水鏡に映る新緑の山々が見事な物でした。

150530016

 さらに進むと雪融け時期で水量の多くなった上ノ大堀川を渡ります。

150530017

 橋を渡って少し進むと牛首の分岐点が見えますが、往路は直進して帰りは左から戻ってきます。

150530018

 今回は先を急ぐこともあり山の鼻から35分ほどで牛首分岐を通過しました。

150530019

 少し進んで至仏山を振り返りましたが、手前の小ピークを牛首と言うようです。

150530020

 燧ヶ岳の左稜線の先に会津駒ヶ岳の稜線が見えてきました。

150530021

 さらに進むと左側に景鶴山~与作岳の稜線が見えてきます。

150530022

 牛首分岐から15分ほどで下ノ大堀川のビューポイントですが、今回は時間が早かったこともありカメラを構える人も数えるほどでした。

150530023

 ビューポイントを通過すると竜宮方面に向かってさらに進みます。

150530024

 時々背後を振り返って至仏山を眺め、写真を撮りながら先に進みます。

150530025

 周辺の綺麗な水芭蕉を探しますが、帯に短し襷に長しの感がします…。

150530026

 牛首分岐から30分ほどで竜宮小屋が大分近づきました。

1505300261

 竜宮の入口周辺の方が水芭蕉の花が多いようです。

150530027

 木道の間で綺麗な水芭蕉が咲いていました。

150530028

 木道の間に綺麗なリュウキンカが咲いています。(鹿の食害が大変なようで防護網を張った試験ヶ所がありました…)

150530029

 鳩待峠から2時間10分で竜宮十字路に着きました。

150530030

 竜宮十字路から景鶴山方面に進むとヨッピ吊橋の分岐点に向かいます。

150530031

 今回は十字路を直進すると竜宮小屋を通過して進みます。

150530032

 竜宮小屋のすぐ先が沼尻川となり、この橋を渡ると福島県に入ります。

150530033

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 小楢山(15.05.22 その2) | トップページ | 尾瀬ヶ原(15.05.30 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

雪融けとミズバショウと燧ケ岳と至仏山。
素晴らしいロケーションですo(*^▽^*)o
尾瀬ヶ原の春に見とれてしまいましたlovely
夏山のトレーニング、脚を鍛えて気持ちのリフレッシュ♡
完璧ですね!
で、
夏山は、どちらへ?

tuba姐 さん>こんにちは…
尾瀬は若い頃から何度となく行っていますが、夏の思い出の歌詞に水芭蕉
が出てきますが、この頃が一番綺麗な感じなんですかね…
今年は距離が15kmを越える山歩きをしていないので、今回は少し長い距離を
歩いてみましたが、久しぶりの木道歩きで立派な豆が出来ました…(笑)
家の関係で良くて夜行日帰りですから、あまり遠くに行けませんが1回位は
北アも行ってみたいですね…confident

逆さ至仏、逆さ燧ヶ岳、水芭蕉と素晴らしいですね。

2008年に30年ぶりの山を再開した時は、尾瀬散策からでしたが、
あれから7年という月日が経っています。
尾瀬がスタートであれこれ欲が出て…また尾瀬に戻るような気がします。

ゆず茶 さん>こんにちは…
昔々、職場の人たちに連れられて沼田駅から夜行バスに乗って
行ったのが初めての尾瀬でした。
キスゲや草紅葉も綺麗ですが、水芭蕉の頃が尾瀬らしい雰囲気が
一番あるような感じがします。
現地に行けば何時もと変わらぬ尾瀬の風景ですが、それでも年に
一度位は出かけたくなりますね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/61669637

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬ヶ原(15.05.30 その1):

« 小楢山(15.05.22 その2) | トップページ | 尾瀬ヶ原(15.05.30 その2) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック